GIGABYTEから第8世代Intel CPU搭載NUC「BRIX」が4モデル登場!でもちょっと引っかかることが…

NUCは一台欲しいけれど使いどころが思いつきません、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。

マザーボードからグラフィックカードまで、PCのメインパーツを主に手がけているGIGABYTEから第8世代Intel CPU(Kaby Lake Refresh)を搭載したNUCが発表されました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー GIGABYTE GIGABYTE GIGABYTE GIGABYTE
型番 GB-BRi5-8250 GB-BRi5H-8250 GB-BRi7-8550 GB-BRi7H-8550
価格
発売日
112.6mm
奥行き 119.4mm
高さ 34.4mm 46.8mm 34.4mm 46.8mm
容量 0.46L 0.63L 0.46L 0.63L
CPU Intel Core i5-8250U Intel Core i7-8550U
CPU世代 第8世代
ベース周波数 1.6GHz 1.8GHz
バースト周波数 3.4GHz 3.7GHz
グラフィックチップ UHD 620
コア/スレッド数 4/8
TDP 15W
チップセット
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR4-2400
メモリスロット 2
メモリ最大 64GB
ECC対応 ×
ストレージ ×
SATAポート数 × 1(<9.5mm) × 1(<9.5mm)
M.2 Key M(2280)
Key E
mSATA ×
USB2.0(内部) ×
USB2.0(外部) ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 1(Gen2)
Rear x 2(3.0)
USB type-C Front x 1(Gen2)
SDカード ×
LAN 1Gb x 1(Intel i219V)
Wi-fi 802.11ac
Bluetooth 4.2
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x 1(2.0)
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort Rear x 1(miniDP 1.2a)
シリアルポート ×
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 1
サウンドチップ Realtek ALC255
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応 ×
最大消費電力
電源 65W / 19V
ノイズレベル
VESA 75×75,100×100
付属品
その他 デュアルアレイマイク

特徴

今回発表された「BRIX」4モデルは、Intelが提唱するNUCフォームファクタ(10.16cm四方のマザーボード)に類するミニPCの中で(BRIXのマザーボードは105mm×110mm)、第8世代Intel CPU(Kaby Lake Refresh)を搭載したものとしては、先日紹介したIntelの「NUC7i7DNKE/NUC7i7DNHE」に続いて2例目となります。

一番の特徴はKabyLake-R世代となったことで、CPUが4コアになったことでしょう。
というか、それ以外は前世代とほぼ変わりありません。

インターフェース類です。画像は2.5インチ無し版ですが、2.5インチ版も同じです。

2.5インチ有り版では、2.5インチトレーは底面に設置します。インターフェースの位置から底面側に厚くなっているのが分かります。

ストレージ及びメモリは底面からアクセスできます。

が、2.5インチ有り版だと底面には2.5インチトレーがくるので、上の画像はフェイクですね。
公式ページに掲載されているものなんですけど、気付いてないんでしょうか…

まとめ

GIGABYTEの「BRIX」はちょっとした差異でモデルがいくつも存在します。
例えば第7世代のCore i7で言えば

・GB-BKi7A-7500
・GB-BKi7HA-7500
・GB-BKi7T-7500(Thunderbolt3搭載)
・GB-BKi7HT-7500
・GB-BKi7T2-7500(USBの一部がType-Cに)
・GB-BKi7HT2-7500

の計6モデルがあります。内3モデルは2.5インチスロットモデルなので実質的には3種類ですが、新モデルが発表されるたびに改良が加えられています。
今回発表された4モデルは一番最初の標準モデルとでも呼ぶべきものになるので、第7世代の前例を見るに、今後Thunderbolt3搭載版が出てくるものと思われます。

Thunddrbolt3はUSB3.1 Gen2の10Gbpsの4倍となる40Gbpsでのデータ転送が可能です。最近流行りつつ(?)ある外付けGPU BOXなどは、ほぼThunderbolt3となっています。
拡張インターフェースのドッキングステーションなども、Thunderbolt3対応のものが増えてきています。

実際のところ、日常用途ではそこまでの帯域が必須となることは少ないのですが、それでもあるにこしたことはありません。
前回のGB-BKi5A-7200からGB-BKi5T-7200へのモデルチェンジのタイミングを見ると5ヶ月でしたので、Thunderbolt3搭載版の登場は夏頃じゃないかなぁと。

紹介しておきながら言うのも何ですが、今すぐに欲しいというわけでないのなら、もうしばらく待ってみるのも手かと思います。

なお、Thunderolt3についてはIntelが2017年5月に、2018年にコントローラーをCPU内蔵にしてロイヤリティフリー及び技術仕様を公開することを宣言していますが、記事公開時点(2018年3月4日)ではいずれも実施されていません。

関連リンク


GB-BKi7HT2-7500(パソコンSHOPアーク)

GB-BRi5-8250(rev.1.0)※英語サイト
GB-BRi5H-8250(rev.1.0)※英語サイト
GB-BRi7-8550(rev.1.0)※英語サイト
GB-BRi7H-8550(rev.1.0)※英語サイト