サーマルカメラ搭載! BlackView「BV9900 Pro」が発売特価で439.99ドル

2020年4月4日、スマホメーカーのBlackViewは、FLIR製サーマルカメラを搭載したタフネススマホ「BV9900 Pro」を発売いたしました。
発売特価として、公式ショップにおいて4月10日まで通常価格549.99ドルから20%オフの439.99ドルとなっています。

2020年4月7日追記:肝心の対応バンドとキャリア対応を書いていませんでした。なお、5Gには対応していません。

スポンサーリンク

スペック

比較として、前世代にあたる「BV9800 Pro」のスペックを併記します。


名称 BV9900 Pro
OS Android9.0
CPU Mediatek Helio P90
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
カメラ 後:48MP+5MP+2MP+FLIR
前:16MP
通信 3G:B1/2/4/5/6/8/19
4G FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/
 17/18/19/20/25/26/28/66
4G TDD:B34/38/39/40/41
キャリア docomo(B1/3/19):対応
au(B1/18/26/41):対応
softbank(B1/3/8/41):対応
楽天(B3/18):対応
サイズ 156.5×78.3×14.2mm
重さ 273g

名称 BV9800 Pro
OS Android9.0
CPU Mediatek Herio P70
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ 後:48MP+5MP+FLIR
前:16MP
通信 3G:B1/2/4/5/6/8/19
4G FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/
 17/18/19/20/25/26/28/66
4G TDD:B34/38/39/40/41
キャリア docomo(B1/3/19):対応
au(B1/18/26/41):対応
softbank(B1/3/8/41):対応
楽天(B3/18):対応
サイズ 168.5×81.0×14.8mm
重さ 322g
詳細スペックを見る
メーカー BlackView BlackView
モデル名 BV9900 Pro BV9800 Pro
発売日 Wed Apr 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時) Fri Nov 01 2019 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時)
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Mediatek Helio P90 Mediatek Helio P70
CPU構成 2 × A75 2.2GHz
6 × A55 2.0GHz
4 × A73 2.1GHz
4 × A53 2.0GHz
GPU IMG 9xm-hp8 970MHZ Mali G72 MP3
RAM 8GB LPDDR4X 6GB LPDDR4X
画面サイズ 5.84インチ
画面占有率:83%
6.3インチ
画面占有率:85%
画面解像度 1080×2280
420ppi
1080×2340
375ppi
アスペクト比 19:9 19.5:9
画面種類 IPS
Gorilla Glass5
Gorilla Glass
ストレージ 128GB 128GB
外部ストレージ microSDXC microSDXC
インカメラ 16MP
S5K3P9-SX
しずく型ノッチ
16MP/F2.0
OV16885
しずく型ノッチ
アウトカメラ 48MP/F1.79+5MP/F2.4+2MP/F2.4+FLIR
IMX582+GC5035+GC2375H
4K/30Hz撮影
48MP+5MP+FLIR(80×60)
高さ 156.5mm 168.5mm
78.3mm 81.0mm
厚さ 14.2mm 14.8mm
重さ 273g 322g
バッテリー 4380mAh 6580mAh
駆動時間 待機:22日 通話:27時間
音楽:30時間
待受:840時間
充電 有線:18W
無線:10W
有線:18W
無線:10W
センサー 騒音
心拍
歩数
指紋
加速度
ジャイロ
磁気
近接
気圧
温度
湿度
紫外線
高度
加速度
ジャイロ
磁気
近接
気圧
RGB
端子 Type-C Type-C 1.0
SIM NanoSIM NanoSIM
Wi-fi 802.11 ac 802.11 ac
Bluetooth 5 4.1
NFC
Felica:非対応
おサイフ:非対応

Felica:非対応
おサイフ:非対応
イヤホン端子 ○(キャップ)
FMラジオ
防水防塵 IP68/69K IP68/69K
GPS ○(GPS/GLONASS/BeiDou/Galileo) ○(GPS/GLONASS/BeiDou)
その他 MIL-STD810GW
ファンクションボタン
MIL-STD810G
Walkie Talkie
ストラップホール
created by Rinker
Blackview
¥62,999 (2020/08/08 17:34:52時点 Amazon調べ-詳細)

BlackViewについて

BlackViewはいわゆるタフネススマホを多く手掛ける中国・深圳の企業、深圳市多科电子有限公司のブランドです。
2013年の設立ですが、結構ハイペースに製品を出しており、公式サイトの製品リストを見ると、販売終了を含めて38機種がラインナップされています。

BlackViewのラインナップには耐久性に優れたBVシリーズ、価格を抑えたAシリーズ、バッテリーの持ちを重視したPシリーズ、ハイエンドフォンのRシリーズの4シリーズがありますが、最近はBVシリーズに偏っているようです。

国内ではいくつかのストアがAmazonで販売しており、技適を取得したモデルも並んでいます。

BlackView:Amazon

BV9900 Proの特徴

「BV9900 Pro」は2020年4月4日に発売された、BlackViewの最新モデルです。
タフネススマホのBVシリーズではありますが、スペック面でも(あまり)妥協はしていません。

CPUにはMediatek P90が採用されています。

2コアのCortex-A73と6コアのCortex-A55で構成された8コアCPUで、Antutu v7スコアは16万点、Antutu v8で21万~22万点です。
前世代にあたる「BV9800 Pro」が搭載するHelio P70はAntutu v7で14.5万点、Antutu v8で19万点なので順当な上昇ですね。

昨今のハイスペック競争には及ばない数字ですが、ミドル~ミドル上位クラスの性能となります。
まぁ、もとよりゲームをバリバリプレイするような機種ではないので、このくらいあれば十分かと。

メモリは8GBで、「BV9800 Pro」の6GBと比べ、2GB増えています。
最近のミドルハイ~ハイエンドの主流が8GBなので、その波に乗った形です。

ストレージは128GBで変わりませんが、「BV9900 Pro」はUFS2.1対応となりました。
これまでよく使われてきたeMMC5.0は最大400MB/s、UFS2.1は最大1200MB/s(レーン当たり600MB/s)と、最大値で3倍の差となります。

他機種の実測ではシーケンシャルリードで600~700MB/s程度になるようです。

UFSは2018年に最大2900MB/sという爆速のUFS3.0が登場しましたが、現状では「One Plus 7」や「Galaxy Note 10+」、先日紹介したXiaomi「Mi 10」など一部のハイエンドモデルで採用され始めたところです。

ディスプレイは5.84インチ、解像度は1080×2280と、「BV9800 Pro」の6.3インチ・1080×2340から0.5インチ近く小さくなっています。
その分本体サイズもコンパクトになり、本体の幅が81.0mmから78.3mmに、重さが322gから273gになりました。
iPhone 11の幅が75.7mm、重さが194gなので、重さはともかく幅はよく使われるスマホに近いところまで来ているようです。

カメラは48MP+5MP+2MP+FLIRの4眼構成です。
詳細は明らかになっていませんが、広角+サーマルカメラ補助+深度+サーマルカメラの組み合わせと思われます。

サーマルカメラは「BV9800 Pro」にも搭載され、ほかにはキャタピラ社の「S60」「S61」あたりが知られています。
というか、そのくらいしかないと思います。

サーマルカメラを使うとこんな感じの赤外線画像が見れます。
FLIRのサーマルカメラは、サーマルカメラで撮った熱分布と、補助カメラで撮影した輪郭を重ねて表示するので、見やすくなります。

家庭でも暖房・冷房の効率化(熱がどこから逃げて/入っているか調べる)とか、逃げたハムスターを探すとか、揚げ油の温度を測るとか、ネタにするとか、そんな使い道があります。

サーマルカメラはFLIR Leptonが使われています。

FLIRのサイトによると、Leptonはバージョン1.5から3.5まで6モデルあり、解像度は80×60または160×120となっています。
「BV9800 Pro」に搭載されていたサーマルカメラは80×60でしたが、「BV9900 Pro」も同じなのか、新しいバージョンになったのかは不明です。

本体のサイドにはファンクションボタンがついています。
「BV9800 Pro」ではWalkie/Talkie(トランシーバー)ボタン(一応カスタマイズはできる模様)となっていました。

そのほか、防水防塵規格のIP69、ドイツ工業規格のIP69K、そして米軍調達基準のMIL-STD-810Gに準拠しています。
さらに気温が-15℃を下回るとアイスモードとなり、-30℃までは電話、メッセージ、連絡先、カメラの4基本機能が使用できます。

OSはAndroid9.0(Pie)で、広告もプリインストールアプリもない、素に近い状態とのことです。
色はブラックとシルバーがありますが、全体ではなくサイドの色が違うだけとなっています。

まとめ

「BV9900 Pro」は定価が549.99ドル(約60,000円)ですが、AliExpressの公式ストアでは4月10日まで20%オフの439.99ドル(約48,000円)で販売されています。

正直なところ、サーマルカメラを必要としなければ、タフネススマホはもっと安いのがいくらでもあります。
BlackViewに限っても、「BV5900」なんかはAmazonで1万円台で販売されています(その分スペックも抑えられていますが)。

とはいえ昨今の新型コロナ騒動で、あちこちでサーマルカメラの需要は高まっています。
個人でなくても事業所や店舗の入り口に向けて置いておくとかしてもいいですし、あったらあったで使い道はあるでしょう。

がじぇっとりっぷはレビュー時のノートPCの発熱状況を見るのに欲しいとは思っていますが、予算が…

関連リンク

created by Rinker
Blackview
¥62,999 (2020/08/08 17:34:52時点 Amazon調べ-詳細)

Blackview BV9900 Pro:BlackView Online Store – AliExpress
BV9800 Pro:BlackView