税込71,500円から! Intelの6コア第10世代CPU搭載NUC「Frost Canyon」が国内発売開始

2020年4月2日、第10世代Core CPU(Comet Lake)を搭載したIntelのNUCベアボーン「NUC10i7FNH」(開発コードネーム:Frost Canyon)が国内で発売されました。

販売サイト:amazonパソコンSHOPアークドスパラ

スポンサーリンク

スペック


CPU Core i7-10710U
メモリ DDR4-2666 SO=DIMM×2
ストレージ M.2 + 2.5インチ(7mm)
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 117×112×51mm
詳細スペックを見る
メーカー Intel
型番 BXNUC10i7FNK
価格
発売日
117mm
奥行き 112mm
高さ 36mm
容量 0.47L
CPU Core i7-10710U
CPU世代 第10世代
Comet Lake
ベース周波数 1.1GHz
バースト周波数 4.7GHz
グラフィックチップ UHD Gen9.5
コア/スレッド数 6C / 12T
TDP 25W
チップセット
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR4 2666
メモリスロット 2
メモリ最大 64GB
ECC対応 ×
ストレージ ×
SATAポート数 1(7mm)
M.2 Key-M x 1
mSATA
USB2.0(内部) 2
USB2.0(外部) ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 1(Gen2)
Rear x 2(Gen2)
USB type-C Front x 1(Gen2)
Rear x 1(TB3)
SDカード Side x 1(SDXC)
LAN 1Gb x 1
(Intel i219-V)
Wi-fi 802.11ax
(Intel AX201)
Bluetooth 5
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x 1(2.0a)
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort 1.2(Type-C)
シリアルポート ×
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 1
サウンドチップ
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 120W
ノイズレベル
VESA
付属品
その他

特徴

「Frost Canyon」については以前にリーク情報を取り上げています。

2019年11月10日頃から、Intelの第10世代Core CPU搭載NUC「Frost Canyon」のリーク情報が出回っています。 情...

その後の調査はしていませんでしたが、上記記事を書いた翌日の2019年11月21日には、公式ページが作られたようです。

Intel® NUC 10 Performance kit - NUC10i7FNH quick reference guide including specifications, features, pricing, compatibility, design documentation, ordering code...
Intel® NUC 10 performance kit - NUC10i7FNH features, configurations, specifications, reviews, pricing, and where to buy.

今回発売されたのは「NUC10i7FNH」の1モデルのみになります。2.5インチベイのない「NUC10i7FNK」は発売されていません。
ベアボーンなので、メモリ・ストレージ・OSは含まれていません。

そしてなぜか、電源アダプタは付属するのに電源コード(コンセント-電源アダプタ間のコード)は入っていません。
国によってコンセント形状が違うための措置なのでしょうが、電源コードくらい入れてやれよ…

CPUはCore i7-10710Uです。
第10世代のComet Lakeに属するCPUで、6コア12スレッドとなっています。

2019年8月21日、IntelはノートPC向けの第10世代Coreプロセッサ、UシリーズとYシリーズ合わせて8製品を発表しました。 スペ...

Comet Lakeは新設計のIce Lakeとは違って第8世代の進化系に当たります。
Wi-fi 6内蔵、Thunderbolt 3内蔵、USB3.2 Gen2内蔵など新要素も多いのですが、NUC的に一番大きな新要素は6コア12スレッドでしょう。

なのでこれまでのNUCにはない6コアCPUという要素を持った「NUC10i7FNH」が最初に発売されたのだと思われます。
なお、Core i7-10710UはTDPが25Wと高めなので、電源アダプタもいつもの90Wではなく、120Wが付属します。

メモリはDDR4-2666 SO-DIMM×2、ストレージはM.2 SSD×1、2.5インチ×1のデュアルストレージが可能です。2.5インチは7mm厚のみとなります。
この辺りは変更点はないですね。

インターフェースは全面にUSB Type-C+Type-A、背面にUSB Type-C+Type-A×2です。
背面のType-CはThunderbolt 3対応、ほかのUSBはすべてUSB3.2 Gen2となっています。

フロント部にはクアッドアレイマイクが内蔵されています。

映像出力は4K/60Hz出力に対応したHDMI2.0bのほか、USB Type-C経由でDisplayPort1.2の出力が可能です。

サイドにはSDカードスロットがついています。

内部的な話をちょっとだけすると、Wi-fiチップがIntel AX201なので、ドライバの問題でOSはWindows 10以降の対応になります。Linuxはカーネル5.2以降ですね。

Wi-Fi アダプターを含むインテル® ワイヤレス製品の Linux* ドライバーサポートについて

まとめ

「NUC10i7FNH」の価格は65,000円+税ということで、税込71,500円です。
ここにメモリ・ストレージ・OS代が上乗せされます。構成によっては10万円コースですね。

ちなみにIntel公式のリセラー情報ではSimplyNUCで588.99ドルが最安値とされています。

NUCとしては高価な部類に入るので、現状唯一の6コアNUCというところにどれだけ価値を見出せるかですね。

関連リンク


BXNUC10I7FNH (amazon)

ドスパラ
パソコンSHOPアーク