10GbE+2.5GbE+1GbE。 QNAP「TS-431X3」はLANポート周りがアップグレード

2020年7月3日、NASメーカーのQNAP(本社:台湾)は、10GbEの他に2.5GbE+1GbEを備えた4ベイNAS「TS-431X3」を発表しました。

スポンサーリンク

スペック

型番 TS-431X3
メーカー QNAP
価格
発売日
160mm
高さ 169mm
奥行き 219mm
CPU Annapurna Labs
Alpine AL-314
1.7GHz Quad-Core
内部フラッシュメモリ 512MB
メモリ 4GB
最大メモリ 8GB
ホットスワップ
SSD対応
NIC
(1GbE)
1(2.5GbE)
1(1GbE)
NIC
(10GbE)
1
LA/PT
USB2.0
USB3.0 3
USB type-c
eSATA
PCIe
SDカード
HDMI
4K対応
DisplayPort
S/PDIF
オーディオジャック
スピーカー
赤外線
レシーバー
×
ハードウェア
暗号化
ハードウェア
アクセラレーション
×
IPカメラ
(無償)
2
IPカメラ
(最大)
30
仮想化
(VMWare)
×
仮想化
(Windows)
×
仮想化
(Citrix)
×
仮想化
(OpenStack)
仮想マシン
(VirtualBox)
×
仮想マシン
(Docker)
対応RAID 0/1/5/6/10
ファイルシステム EXT4
システム
ファン
120mm x 1
ノイズレベル
Wi-fi USBアダプタ
消費電力
重さ
DTCP+
DTCP-IP ×
DLNA
iSCSIターゲット
iSCSI LUN
ユーザー数 4096
グループ数 512
並列接続数 1500
共有フォルダ 512
スナップショット
read性能 295
write性能 294
read性能
(暗号化)
write性能
(暗号化)
備考

特徴

「TS-431X3」は名前のとおり、「TS-431X2」の後継機です。
先日紹介した「TS-431KX」が「TS-431X」の後継っぽかったので、これで両モデルがリニューアルすることになります。

2020年6月8日、NASメーカーのQNAP(本社:台湾)は、10GbE SFP+接続ポートを搭載した4ベイNAS「TS-431KX」を国内...

「TS-431X」シリーズを並べるとこうなります。

TS-431X3 TS-431X2 TS-431KX TS-431X
CPU AL314(4コア) AL214(4コア) AL212(2コア)
メモリ 4GB(DDR3L) 2GB(DDR3) 2GB(DDR3L) 2GB(DDR3)
メモリ(最大) 8GB(1slot)
有線LAN 10GbESFP+) x 1
2.5GbE x 1
1GbE x 1
10GbE(SFP+) x 1
1GbE x 2

「TS-431KX」はCPUが2コアから4コアになり、「TS-431X3」は有線LANの1ポートが2.5GbEになったのと標準メモリが4GBに増えたことが主な差異ですね。

外観的には「TS-431X3」「TS-431KX」ともにカラーリングが変更され、HDDベイに簡易的な鍵が追加されています。

CPUについては以前の記事でも書いていますが、Alpine AL214とAL314は同じ4コアなのですが、詳細情報が公開されていないため、どう違うのかが不明です。

メモリ規格ははDDR3からDDR3Lへ変更されています。
動作電圧が1.5Vと1.35Vと異なっているので互換性はありません。

CPU的には両対応となっているようなのでもしかすると使えるかもし、メモリの方でも両対応な製品はありますが、規格に合ったものを選ぶ方が無難でしょう。

LANポートについては10GbE×1+1GbE×2から10GbE×1+2.5GbE×1+1GbEとなりました。
1000Base-Tのうち1ポートが2.5GBase-Tになった形ですね。

QNAPでは現在2.5GbEを推しているようで、この変更もその一環と言えるでしょう。

10GbEがあるなら2.5GbEは必要なのかという声もあるかもしれませんが、複数のLANポートを活かした使い方をするのであれば、十分有用です。
例えば10GbEはメイン機に直結し、2.5GbEはハブを経由して他のマシンと接続する、なんて使い方もできるわけです。

なお、10GbEは一般的なRJ45ではなく、SFP+という規格となっています。
市販品でSFP+を搭載した製品は多くありませんが、10GBase-Tに比べて消費電力が有意に低いという特徴があります。

この辺りはがじぇっとりっぷで以前レビューしています。

10GbE LAN環境の構築というのは、がじぇっとりっぷが以前からやりたいもののの一つでした。 10GbE(10GBase-T)のポート単価...
2019年7月23日、QNAPは8ポートの1GbEと3ポートの10GbEを備えたアンマネージドスイッチ「QSW-308-1C」と「QSW-3...

そのほか各メーカーでの仕様を確認しても10GBase-Tは10W台なのに対し(最新だと10Wを切るものもある模様)、SFP+は3W台であることが多いです。

公式サイトではソフトウェア/アプリケーションについてもあれこれ言及していますが、そもそも旧モデルでも同じソフトウェア/アプリケーションが使えるわけで、訴求点としては弱いので記事では割愛します。

筐体

▲フロントは「TS-431KX」とそっくりです。

前世代「TS-431X2」と比べるとブラック一色からブラック×グレーとなりました。
HDDベイには鍵が追加されていますが、鍵自体もプラスチック製のチャチなものなので、気休めと心意的効果程度と思っていた方がいいでしょう。

▲リアも見た目は変わりませんが、真ん中のLANポートの刻印が2.5Gになっています。

Alpine AL314はNAS・ネットワーク製品向けに開発されたCPUなので映像出力は備えていないため、HDMIなどはありません。

レビューしたことはありませんが、120mmという大型のファンをゆるゆると回して冷却するので、騒音はほとんどないと思われます、

▲HDDベイを引っ張り出したところです。

QNAP NASのHDDベイは3.5インチHDDに対してはツールレスで固定できるようになっています。

まとめ

「TS-431X3」は記事執筆時点では海外でも販売前の段階です。
価格を調べましたが、ドル建ての気合は見つからず、ドバイのショッピングサイトで2,040AED(UAEディルハム)(約59,400円)の値が付いているのがあるくらいでした。

QNAPはどうも旧モデルから価格帯を変えずに2.5GbEモデルに置き換えようとしているようなので、国内発売されてもおそらくは6万円台前半になると思われます。

10GbEはともかくとして、2.5GbEに対応したネットワーク製品は値段もだいぶこなれてきています。
そろそろ宅内LANや社内LANを見直すのもいいんじゃないでしょうか。

関連リンク

TS-431X3:QNAP ※英語
ニュースリリース:QNAP ※英語