TB3あり! Ice Lake搭載のNUCサイズPC、MINISFORUM「X35G」がIndiegogoに登場

2020年10月14日、小型PCメーカーのMINISFORUMは、クラウドファンディングサイトのIndiegogoにて第10世代(Ice Lake)のCore i3-1005G1を搭載したNUCサイズPC「X35G」のファンディングを開始いたしました。

10th Gen Intel Core i3 / Intel UHD Graphics / NVMe / Intel WiFi 6 / RJ45 Ethernet / Thunderbolt 3 | Check out 'The New Core! Intel 10nm Minis !' on Indiegogo.
スポンサーリンク

スペック

■MINISFORUMX35G
CPU Core i3-1005G1
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 256GB NVMe SSD
or Optane+1TB HDD
(M.2×2+2.5inch)
USB TB3×1、3.0×2、2.0×2
network 802.11ax+BT5.1
1GbE×2
サイズ 136.4×121.1×38.9mm
詳細スペックを見る
メーカー MINISFORUM
型番 X35G
発売日 2020/10
価格 349ドル~
136.4mm
奥行き 121.1mm
高さ 38.9mm
容量
OS Windows 10 Pro
CPU Core i3-1005G1
CPU世代 Ice Lake
Passmark値
ベース周波数 1.2GHz
バースト周波数 3.4GHz
グラフィックチップ UHD for 10th
コア/スレッド数 2C/4T
TDP 15W
チップセット
メモリ 16GB DDR4-3200
メモリスロット ×
メモリ最大 ×
ストレージ 256GB(NVMe)
1TB HDD+Optane
SATAポート数 1
M.2 Key M×1
Key B×1
Key E×1
mSATA
USB2.0(内部)
USB2.0(外部) Rear x 2
USB3.0(内部)
USB3.0(外部) Front x 1(Gen2)
USB type-C Front x 1(TB3)
SDカード Side x 1(microSDXC)
LAN 1GbE x 2
Wi-fi 802.11 ax
Bluetooth 5.1
D-Sub
DVI
HDMI Rear x 1(2.0)
4K対応(HDMI) 4K/60Hz
DisplayPort Rear x 1(1.3)
4K対応(DP) 5K/60Hz
シリアルポート
S/PDIF
オーディオジャック Side x 1
サウンドチップ
光学ドライブ
PCI-Eスロット
eSATA
赤外線
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 36W / 19V
ノイズレベル
VESA
付属品 HDMIケーブル
DPケーブル
VESAマウンタ
その他

ラインナップ

メモリ ストレージ Optane 価格 価格(円)
16GB なし なし 349ドル 36,910円
16GB 256GB SSD なし 399ドル 42,176円
16GB 1TB HDD 16GB 429ドル 45,332円
16GB 1TB HDD 1TB 449ドル 47,441円
※サイトに記載のとおりに書いていますが、「16GB+ 256GB DDR4+ NVMe M.2 2280 SSD」となっていたり、「16GB+1TB Optane Memory+1T HDD」となっていたり、校正が足りていない感じです。というか、1TB Optaneというのがあり得ないですね…

特徴

「X35G」はサードメーカー製としては珍しい、Thunderbolt3を搭載したミニPCです。
しかも上記ラインナップに記載のとおり、3万円台から購入できるという格安さです。

CPUには第10世代Ice LakeCore i3-1005G1を搭載しています。
これ、Core i5-1035G4とかも選択肢にあったらうれしかったのですが…

Core i3-1005G1については「IdeaPad S145(Intel)」でレビューしています。

「IdeaPad S145(Intel)」はLenovoのノートPCの中でも激安な機種で、最下位モデルであれば3万円台で購入できました(※)...

Core i3-1005G1はメモリをグラフィックと共有するため、一般的にメモリは速く、容量が大きく、デュアルチャンネル構成が良いとされています。

「IdeaPad S145(Intel)」はメモリはわずか4GBでDDR4-2400、シングルチャネルと条件がかなり悪いものでした。

対して「X35G」のメモリは16GBDDR4-3200(数字が大きいほど速い)、デュアルチャンネルと理想の条件となっています。そのため、スコアはかなり違うものとなるでしょう。

ストレージは選択式です。

2.5インチが1台と、M.2 SSDが2台(NVMeとSATA)トリプルストレージが可能です。
ラインナップではOptane MemoryとHDDを組み合わせたモデルなども用意されています。

上記ラインナップに従うと256GB SSDが50ドルとなってしまうわけですが、おそらくはWindowsのOS代も込みになるものと思われます。

ただ、その辺の説明がしっかりとはされていないんですよね。

CHUWIなどはファンディング慣れしていますが、この辺りは経験の差が出ているなぁと。

▲インターフェースです。

Thunderbolt 3はフロント側についています。
フロント側のUSB Type-AはUSB3.1 Gen2対応です。

背面のUSBが2.0しかない点は気になりますが、デュアルLANのデュアルディスプレイとなっています。TB3まで使えばトリプルディスプレイも可能です。

画像にもありますが、GPU Boxなどを使ったeGPU(外付けGPU)でグラフィック能力をブーストすることも可能です。

ちなみにThunderbolt 3端子からの給電ができるので、USB PD対応ハブなどを使えば電源アダプタ不要で使うこともできます。

▲内部構造です。

トリプルストレージになっていることが確認できますね。

MINISFORUMのベンチマークだと、SATAはほぼ限界の550MB/sまで出て、NVMeは2550MB/sまで出たようです(PCIe x4接続なので、もっといいSSDを使えば3000MB/sも狙えるとは思います)。

ついでに言うと、サイド吸気、サイド排気らしいことも確認できます。

▲底面側を開けるとCPU。メモリも直付けです。

実際はヒートシンクとファンに覆われています。

…普通は底面を開けたらメモリやストレージにアクセスできる構造になっているものですが…
そういえば上の内部画像でも2.5インチは天面側ですね…

なお、Wi-fiはCPU側の画像右上側にあります。

オンボードではなく、M.2 2230カードなので交換は可能ですが、最初から802.11ax(Wi-fi 6)対応カードが搭載されるので交換する機会はなさそうです。

…ところでアンテナはどこにあるんだろう…?

▲ヒートシンクとファンはこんな感じ。

TDP25W対応だそうですが、それなら上位CPUを搭載してほしかった。

▲いろいろな角度から見たところです。

底面にも隙間があるので、ここからも吸気しそうな雰囲気です。

▲パッケージです。

電源アダプタとVESAマウンタはよくある構成ですが、HDMIケーブルDisplayPortケーブルも付属するようです。

なお電源は36Wと低めです。Thudenrbolt 3デバイスを使うときは(特に10GbEアダプタなど)消費電力に注意する必要があります。
…通常は65Wとか余裕を持たせるものだと思うのですが…

▲一応、振動テストや落下テスト、温湿度テストはクリアしているようですが、具体的な数字は何も書かれていません。

穿った見方をすれば5cmの高さでも落下テストと言い張ることはできますし、常温・適湿でも温湿度は温湿度なので、数字も書いてほしいところです。

まとめ

MINISFORUMは香港に本拠地を構える、2012年に設立した企業です。がじぇっとりっぷではスティックPCで一度取り上げたことがありますね。

2020年5月1日ころ、中国のショッピングサイトbanggoodにて、Celeron N4000を搭載したスティックPC「MINISFORU...

INDIEGOGOには慣れていない感じですが、実は8月にRyzen 5 3550Hを搭載したNUCサイズPCのファンディングも行っており、「X35G」は2機種目だったりします(個人的に微妙だったため記事にはしていません)。

AMD ® Ryzen ® 5 / Radeon™Vega 8 Graphics 8 Cores/ Intel®Wi-Fi6 /Triple output 4K@60 Hz | Check out 'The Next Gen Minis! AMD Yes!' on Indiegogo.

個人的にはTB3搭載で16GBメモリ組み込みで約3.7万円、Windowsも込みのフルセットで約4.2万円からというのはかなり割安だと思います。

ちなみにIntel NUCのCore i3-10110U搭載モデルはベアボーン(メモリ・ストレージ・OSなし)で3.5万円なので、メモリ分くらいは安い計算です。完成品だともっと差は開きます。

Intel NUCはComet Lake搭載モデルだけでIce Lake搭載モデルはラインナップされていない点も、「X35G」の希少性を高めています。

ただIntelはグラフィックの性能が大幅に上がった「Tiger Lake」を搭載するNUC(Panther Canyonと呼ばれるらしい)を準備しているという噂もあります(現時点では発表時期の予想すらありませんが)。

その時はThunderbolt 4が搭載されることは確実だと思うので、あとは4.2万円でIce Lake+TB3というところに満足できるかどうかですね。

関連リンク

The New Core! Intel 10nm Minis ! :INDIEGOGO