何気にほぼ全部入り。Sinovoip「Banana Pi BPI-M2 Pro」はS905X3搭載の65mm角SBC

2021年2月1日、SBCメーカーのSinovoipはAmlogic S905X3を搭載したSBC「Banana Pi BPI-M2 Pro」のwikiページを公開いたしました。

Banana Pi BPI-M2 Pro:BPI Wiki

スポンサーリンク

スペック

モデル名 Banana Pi M2-Pro
メーカー SinoVoip
発売日 2021/03
価格
価格(日本円)
CPU Amlogic S905X3 (4コア)
(2.0GHz A55 x4)
GPU Mali-G31 MP2
NPU
メモリー 2GB LPDDR4
サポートOS Android
Linux
有線LAN 1GBE x 1
Wi-fi 802.11ac
Bluetooth 5
チップ RTL8821CU
ストレージ 16GB eMMC
microSD
USB 3.0 x 2
2.0 x 1(micro)
GPIO 40pin x 1
映像 HDMI(2.0) x 1
カメラ ×
オーディオジャック ×
その他インターフェース IR Receiver
UART
消費電力
電源 DC 5V/3A
65mm
奥行き 65mm
高さ
その他

特徴

「BPI-M2 Pro」は名前の通り、「BPI-M2+」(2016年3月発売)をベースとした構成のSBC(シングルボードコンピューター)です。
インターフェース配置などは「BPI-M2+」を受け継いでいますが、中身は5年分のアップデートが行われています。

モデル名 BPI-M2 Pro BPI-M2+
発表日 2021/03 2016/03
CPU Amlogic S905X3 (4コア)
(1.5GHz A55 x4)
Allwinner H3 (4コア)
(1.2GHz A7 x4)
GPU Mali-G31 MP2 Mali-400 MP2
メモリー 2GB LPDDR4 1GB DDR3
Wi-fi/BT 802.11ac BT5.0 802.11b/g/n BT4.0
ストレージ 16GB eMMC
microSD
8GB eMMC
microSD
USB 3.0 x 2
2.0 x 1(micro)
2.0 x 2
2.0 x 1(micro)
映像 HDMI(2.0) x 1 HDMI x 1
カメラ × MIPI-CSI x 1
電源 DC 5V/3A DC 5V/2A

書くべきポイントは上の表で出尽くしているわけですが、SoCはAmlogic社製のS905X3です。Sinovoipでは「BPI-M5」にも採用していますね。

2020年9月9日、SBCメーカーのSinovoipのWikiサイトに、Amlogic S905X3を搭載したSBC「Banana Pi B...

上の記事でも書いていますが、Sinovoipは当初はAllwinner製SoCを積極的に採用していましたが、2018年から方針転換をしており、最近はAmlogic社に移ったようです。

BPI-M1(M1+) :Allwinner A20
BPI-M2 ZERO :Allwinner H2+/H3/H5
BPI-M2+ :Allwinner H3/H5/H2+
BPI-M2M :Allwinner A33/R16
BPI-M2 Berry :Allwinner R40/V40/A40i
BPI-M2U :Allwinner R40/V40/A40i
BPI-M3 :Allwinner A83T
BPI-M4 :Realtek RTD1395
BPI-M5 :Amlogic S905X3

S905X3は2019年4月に発表されたSoCで、CPUアーキテクチャにCortex-A55を採用、最速というわけではありませんが、割と新しい技術に対応しています。

オプションで1.2TOPSのAI(機械学習)向けNeural Network Acceleratorを内蔵できますが、特に記載もないので「BPI-M2 Pro」には非搭載モデルが使われているようです。

メモリは2GB LPDDR4。4GBでもいいんじゃないかなと思わなくもないですが、メインはメモリ1GBな「BPI-M2+」の置き換えと思われるので、2GBでもまぁ十分なのでしょう。

ストレージは16GB eMMC+microSD。65mm角でeMMCを載せてくるのはそう多くない(もしくはオプション)ので、良ポイントです。

Wi-fiは802.11ac(Wi-fi 5)対応ですが、チップセットのRTL8821CU(WikiではRT8821CUと誤字ってます)は1T1R、最大433Mbpsとなっています。

▲インターフェースです。

端子の並びは「BPI-M2+」とほぼ同じですが、MIPI-CSIが削減されています
カメラ/映像入力を使う用途で置き換えを考えている場合は注意が必要ですね。

midroUSBがありますが、USB給電には対応していません
USB給電がいい場合は、Type-C給電な「BPI-M5」を選択することになります。

▲参考までに、「BPI-M2+」のインターフェースというか、基板の裏表です。

向きが違っていてわかりにくいですが、「BPI-M2 Pro」は部品数がかなり減って、「BPI-M2+」から比べるとかなり洗練されています。

▲「BPI-M2 Pro」にはケースが用意されているというか、端子の並びが同じなので「BPI-M2+」のケースがそのまま使えます。

ケース自体はAliExpressで販売されています。

Banana Pi M2+ Metal Case:AliExpress

まとめ

Sinovoipは割と早めに情報公開を行う傾向にあり、「BPI-M2 Pro」は記事執筆時点では未発売、価格も不明です。

AliExpressではSoCが同じでメモリが4GBな「BPI-M5」が63ドル、「BPI-M2+」が43ドルなので、この中間くらいの50ドル前後ではないかと推測されます。

Banana PiはさすがにRaspberry Piほどではありませんがそれなりにサポート体制もしっかりしており(OSもちょいちょい更新されているようです)、wikiの情報も多めなので、使う分にはそれほど戸惑うことはないでしょう。

まぁ個人的にはこういうオーソドックスなSBCより、「BPI-R64」のような変態ボードの方が、Banana Piの真骨頂な気がしているわけですが…

2018年7月27日、Banana Piシリーズの開発・販売を手掛けるSinovoipが、5ポートのGbE LANポートと最大1733Mbp...

関連リンク

Banana Pi BPI-M2 Pro:BPI Wiki