5万円切りスタート。 Lenovo「ThinkCentre M60e Tiny」はIceLakeなコンパクトデスクトップ

2021年2月9日、LenovoはIntel第10世代Coreプロセッサ(コードネーム:Ice Lake)を搭載したコンパクトデスクトップ「ThinkCentre M60e Tiny」を発表いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■ThinkCentre M60e Tiny
CPU Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
メモリ 8GB DDR4-3200
ストレージ 256GB NVMe SSD
インターフェース USB Type-C(Gen1)×1
USB 3.2 Gen2×1
USB 3.2 Gen1×2
USB 2.0×2
HDMI
オーディオジャック
wi-fi 802.11ac+BT5.1
サイズ 182.9×179×36.5mm
重さ 1.15kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
型番 ThinkCentre M60e Tiny
発売日 2020/10
価格 49,940円〜(税込)
182.9mm
奥行き 179mm
高さ 36.5mm
容量 1.195L
OS Windows 10 Home
Windows 10 Pro
CPU Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
CPU世代 Ice Lake
グラフィックチップ Intel UHD
TDP 15W
チップセット
メモリ 8GB DDR4-2666
メモリスロット 2
メモリ最大 32GB
ストレージ 256GB M.2 SSD
SATAポート数 1
M.2 Key-M(2280,NVMe)
Key-E(2230)
mSATA
USB2.0(内部)
USB2.0(外部) Rear x 2
USB3.0(内部)
USB3.0(外部) Front x 1(Gen2)
Rear x 2(Gen1)
USB type-C Front x 1(Gen1)
SDカード
LAN Rear 1GbE x 1
Wi-fi 802.11ac(2×2)
Bluetooth 5.1
D-Sub
DVI
HDMI Rear x 1
4K対応(HDMI)
DisplayPort Rear x 1
4K対応(DP)
シリアルポート
S/PDIF
オーディオジャック Front x 1
サウンドチップ Realtek
光学ドライブ
PCI-Eスロット
eSATA
赤外線
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 65W
ノイズレベル
VESA
付属品 USBキーボード
USBマウス
スタンド
その他

特徴

「ThinkCentre M60e Tiny」はRyzen搭載の「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」(記事執筆現在は販売休止中)と同じと思われる筐体を用いたコンパクトデスクトップです。

2020年10月27日、Lenovoは激安で人気の高いミニPC「ThinkCentre M Tiny」シリーズの新モデル「ThinkCent...

言ってしまえば「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」のIntel版ですね。
Intel系はデスクトップCPUをベースとした「M90q Tiny」「M70q Tiny」が発売されており、「M60e Tiny」は一番下のクラスという位置づけとなります。3機種の差は以下の表の通り。

M90q M70q M60e
CPU Core i5-10400T
Core i3-10100T
Celeron G5900T
Core i5-10400T
Core i3-10100T
Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
ストレージ M.2 2280× 2
2.5inch × 1
M.2 2280× 1
2.5inch × 1
vPro 対応 非対応
PCIe 3.0 x8スロット 非対応

「M90q Tiny」のPCIeスロットはグラフィックカードなどに使えるのですが、現状では無用の長物状態です。なので「M90q Tiny」の一番のメリットはトリプルストレージ可能という点になるでしょう。

「M60e Tiny」の搭載CPUはIceLake世代のCore i5-1035G1またはCore i3-1005G1
前世代とは言え計算処理能力は十分ですが、グラフィックは”G1″のため、そこまで期待はできません。

Core i3-1005G1搭載機については以前にレビューしていますので、実際の性能は下記記事を参考にしてください。

「IdeaPad S145(Intel)」はLenovoのノートPCの中でも激安な機種で、最下位モデルであれば3万円台で購入できました(※)...

メモリは全モデル8GB DDR4-2666です。ここ最近のLenovoは最安モデルでも8GBを搭載するようになったので、その点はありがたいですね。
メモリは2スロットで仕様上の最大は32GB(16GB×2)です。

ストレージはこれも全モデル256GB SSDです。
空き2.5インチベイがあるので、デュアルストレージが可能です。

Wi-fiはIntel Wireless-AC 9560なので802.11ac(Wi-fi 5)です。
デフォルトでWi-fi搭載なので、「ThinkCentre Tiny」シリーズで後から困りがちなWi-fiアンテナが必ず付いてくるというのは、地味に評価ポイントだったりします。
Wi-fiカードは換装すればいいだけですが、アンテナはそうはいきませんからね…

▲全体像です。

見た目的には「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」と全く同じです。

■正面
1. コンボジャック
2. USB 3.2 Gen2
3. USB 3.2 Gen1 Type-C
4. 電源ボタン
5. セキュリティスロット
■背面
6. 電源コネクタ
7. DisplayPort
8. USB3.2 Gen1
9. HDMI
10. USB 2.0 Gen1
11. USB 3.2 Gen1
12. イーサネット・コネクター(RJ-45)

Ice LakeはThunderbolt3をサポートしていますが、「ThinkCentre M60e Tiny」には搭載されていません。

性能面ではデスクトップCPUな「M90q Tiny」「M70q Tiny」に劣る分、そういった方向にメリットを出したらよかったんじゃないかなぁと思わなくもありませんが、事務が主用途となるであろう「ThinkCentre M60e Tiny」には無理に搭載する必要はないとも言えます。

せめてカスタマイズオプションで用意されていたら面白かったのですが…

なお、画像がありませんが、USBフルサイズ・スリムキーボードとUSB光学マウス、フロアスタンドが同梱されます。

まとめ

「ThinkCentre M60e Tiny」はざっくりCore i3モデルとCore i5モデル、ここにWindowsがHomeかProか、Ofiiceの有無でそれぞれ4パターン、全8モデルの展開となっています。

記事執筆時点ではWindows 10 Home/OfficeなしでCore i3-1005G1モデルが税込・送料込で49,940円、Core i5-1035G1モデルが同59,950円となっています。

カスタマイズモデルがないので格安購入はできませんが、割とお手ごろな値段です。

なお、「M70q Tiny」はCore i3-10100Tモデルが4GB RAM/500GB HDD/Wi-fiなしで60,060円から、「M90q Tiny」は同70,950円からなので、目的用途に合わせて選択するといいでしょう。

関連リンク