2.3万円って安すぎでは。CHUWI「Hi10 Go」は待望のJasperLake搭載Windowsタブレット

PC

2021年7月9日、CHUWIはJasper Lake世代のCeleron N4500を搭載した10.1インチWindowsタブレット「Hi10 Go」を発表しました。
とはいってもなぜかAmazonでは7月1日より販売されていたりします

※2021年8月4日追記:実際に購入してレビューしました。

【レビュー】 CHUWI Hi10 GO:最新CPUをひっさげた、Androidタブレット対抗となれるWindowsタブレット
スポンサーリンク

スペック

■CHUWIHi10 Go
CPUCeleron N4500
メモリ6GB LPDDR4
ストレージ128GB eMMC
画面10.1インチ IPS WUXGA
インターフェースUSB Type-C(3.0)×1
USB Type-C(2.0)×1
microHDMI
microSDXC
オーディオジャック
wi-fi802.11ac+BT5.0
サイズ227.41×141.6×8.5mm
重さ0.565kg

メーカーHi10 Go
名称CHUWI
発売日2020/07
定価29,800円
実売価格23,300円
価格条件割引+クーポン
227.41mm
奥行き141.6mm
高さ8.5mm
重量
CPUCeleron N4500
メモリ6GB
メモリ規格LPDDR4-1867
グラフィックUHD (16EU)
ストレージ128GB eMMC
画面10.1インチ
解像度1920×1200
ベゼル幅約13mm
表面Fully laminated
10点マルチ
筆圧階調4096
USB2.0
USB3.0
USB type-c1(3.0)
1(2.0)
USB PD
映像出力microHDMI
wi-fi802.11 ac
Bluetooth4.2
office×
カードリーダーmicroSD
Webカメラ200万画素(フロント)
500万画素(リア)
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク
スピーカーステレオ(側面)
サウンド
バッテリー22.48WHr
稼働時間6Hr
ACアダプタ24W@12V
充電時間3.5Hr
急速充電
カラー
その他特徴重力センサー
磁力センサー
付属品

特徴

「Hi10 Go」は10nmプロセスなCeleron/PentiumことJasper Lake世代のCPUであるCeleron N4500を搭載したWindowsタブレットです。
Jasper Lake搭載機としては初ではなく、がじぇっとりっぷの知る限りでは2021年3月にASUS「B1100FKA」が発売されたのが最初です。

デスクトップ機では同じCHUWIから「HeroBox Pro」が販売されています。

※価格は29,800円と記載されていますが、プライム割引が3,500円、さらに3,000円オフクーポンが用意されています。

CPU

CPUは何度も書いていますが、Jasper Lake世代のCeleron N4500を搭載しています。
Jasper Lakeは2021年1月11日にCES 2021内で発表されたCPUで、Celeron N4000やN4100の後継CPUとなります。

Celeron N4500はJasper Lakeの最下位、Celeron N4000と同じ2コア2スレッドです。
ベースクロックは1.1GHz、バーストクロックが2.8GHzでTDPは6Wと、Celeron N4000の後継と呼べるスペックですね。

CPUPassMark
Ryzen 3 3200U(2C/4T)42311976
Core i3-10110U(2C/4T)42002425
Core i5-7200U(2C/4T)33801789
Celeron J4125(4C/4T)32381214
Athlon 3050U(2C/2T)32271776
Core m3-8100Y(2C/4T)30341841
Celeron J4115(4C/4T)27471048
Pentium N5000(4C/4T)26531156
Celeron N4100(4C/4T)24761005
Celeron J3455(4C/4T)2261814
Celeron N4500(2C/2T)19671411
Celeron J4025(2C/2T)19461335
Celeron N3450(4C/4T)1925762
Celeron N4000(2C/2T)14781072
Atom z8750(4C/4T)1406704
Celeron J3355(2C/2T)1240817
Celeron N3350(2C/2T)1133801
Atom z8350(2C/2T)922488

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

性能としてはがじぇっとりっぷ的実用ラインである、PassMarkスコア2000にわずかに届いていませんが、Celeron N4000比で33%アップとなっています。
シングルスレッドスコアが結構高いので実際の操作感はそこまで悪くはないのですが、ストレージの遅さが足を引っ張っています。

GeekBench 5ではシングル600、マルチ1000といったところでした。

グラフィックについてはIntel UHDグラフィックスで、実効ユニット数は16EUです。
Core i7-1165G7が96EU、Core i3-1115G4が48EU、さらに動作周波数も最大750MHzとCore i7-1165G7(1.3GHz)の半分近くまで落とされているので、期待はしない方がいいでしょう。

しかし、当初の発表では4コア4スレッドなCeleron N5100のはずだったんですけどね…供給されなかったのか、立ち上がりで歩留まりが悪く、想定より高くなったのか…

参考 インテル新CPU「Jasper Lake N5100」搭載タブレットPC、4月発売:ASCII

メモリとストレージ

メモリは6GB LPDDR4-1867です。オンボードなので換装はできません。内部的には3GB+3GBのデュアルチャネルになっています。

ストレージは128GB eMMCでこちらも換装は厳しいでしょう。

その他

Wi-fiは802.11ac(Wi-fi 5)までの対応、Wi-fiチップはRealtek 8821CEでBluetoothは4.2までです。

バッテリーは22.42WHr(7.6V 2950mAh)で駆動時間は約6時間、充電は約3.5時間となっています。
ちなみに付属の電源アダプタは12V2A(=24W)出力のType-C形状で、「Lark Box」と同じものですね。USB PDは謳っていないので規格違反かどうかの判断は微妙です。

筐体

形状は完全なタブレットで、スタンドは付いていません。

カメラはフロントが200万画素、リアが500万画素で、リアカメラはかなり出っ張っています。
この出っ張りカメラのトレンド、ほんとやめてほしいのですが…

スピーカーとマイクは上側面についています。

下側面にはキーボードとの接点があります。

インターフェースはUSBが2ポートありますが、中身はUSB3.0+USB2.0です。
どっちがどっちとは記載がないのですが、感触的には下がUSB3.0、上がUSB2.0っぽいです。

ディスプレイはBenQグループのAU Optronics製で、「Hi10 X」と同じ「AUO17D8」が使われています。
アスペクト比16:10の解像度はWUXGA(1920×1200)、輝度は400nitsですが実測では250nits程度とのレビューもありました。
sRGB比は97%なので、色域は広め、コントラスト比は800:1です。まぁ、そこそこいいパネルと言ったところでしょう。

また、ディスプレイはタッチ&スタイラスペンに対応しています。
対応プロトコルはMPP(Microsoft Pen Protcol)で、公式ではCHUWI H6ペンが対応しています。

created by Rinker
¥4,500(2021/10/16 20:57:02時点 Amazon調べ-詳細)

公式のペンでなくともMPP対応であれば問題なく使えるので(下記のCiscleのペンでも使えました)、安いものでも十分です。
Surface対応と書いているものであれば使えます(iPhone/iPad用だと使えないことがあるので注意してください)。

キーボードはこんな感じ。多分日本語配列は用意されないんじゃないかなぁと。

まとめ

前述の通り、「Hi10 Go」はすでにAmazonで販売されており、記事執筆時点では定価29,800円がプライム会員は3,500円割引の26,300円に、さらに3,000円オフクーポンで、23,300円で購入できます。

ただし、Amazonでの販売品はキーボードもスタイラスペンも付属しません。
AliExpressではキーボード無しが288.74ドル、キーボード付きで322.43ドル、キーボード+スタイラス付属で346.49ドルです。キーボード単体の販売はまだありません。

公式ストアでは7月25日にキーボード+スタイラスを付属して20ドルオフの299ドル(約33,000円)で販売するとしています。

超いい加減な翻訳の結果、宇宙に配達できることになっていて笑ってしまいました。

Windowsタブレットとしてはキーボードは欲しいところですが、セットアップさえ乗り切ればBluetoothキーボードでもなんとかなりますし、キーボード無しでも2.3万円で買えるのは魅力的です。

がじぇっとりっぷではすでに購入しているので、近いうちにレビューを上げたいと思います。

※2021年8月4日追記:レビュー記事を公開いたしました。

【レビュー】 CHUWI Hi10 GO:最新CPUをひっさげた、Androidタブレット対抗となれるWindowsタブレット

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました