【セール】Amazonタイムセール祭り。Echo Show 8が5,500円オフなど!【Amazonデバイス編】

セール情報

7月16日(金)9時00分~7月18日(日)23時59分まで、Amazonにて月例のタイムセール祭りが開催されます。

※表示価格にはタイムセール価格が反映されていない場合があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

キャンペーン

いつもと同じように、エントリー後合計10,000 (税込) 円以上の買い物でポイント還元率が最大6.5%までアップします。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

タイムセールに臨む前に、多少お得になる方法を紹介。
すでに活用されている方も多いとは思いますが、ギフト券でコンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれかでチャージすると、下記の割合でポイントが付きます。

クレカ払いでつくポイントより全然お得です。
プライム会員が9万円をチャージすれば、2,250円分のポイントが付くわけです。

いつもの買い物におまけで付けられると考えたら、割とお得感がありませんか?

なお、ポイント付与はクレジットカードでのチャージは対象外な点に注意してください。

有効期限は10年と長いですし、何か買えば有効期限は延長されます。
がじぇっとりっぷは毎回9万円ずつチャージして、使っています。

Amazonデバイス

Echo Show 8:7,480円(5,500円オフ)

第1世代の「Echo Show 8」が、5,500円オフの7,480円です。これは昨年のサイバーマンデーよりも安い価格です。
第2世代はカメラの高画素化(1300万画素)、自動色彩調整機能、ビデオ通話時の自動フレーミング機能が追加されていますが、大半の人は第1世代でも十分でしょう。

+500円でスマートプラグを追加できるので、スマートホーム体験にもちょうどいいんじゃないかと。

Echo Show 5:4,480円(3,500円オフ)

同じく在庫処分なのが第1世代の「Echo Show 5」です。こちらは第2世代との違いはカメラだけなので、「Echo Show 8」以上に安くなっただけという印象が強いです。

Fire HD 8:6,980円(3,000円オフ)

8インチの「Fire HD 8」が3,000円オフ(30%オフ)の6,980円です。
プライムデーやサイバーマンデーの5,980円には及ばず、タイムセールとしてはいつもの価格と言えますが、過去一年を見ると安くなったのは6回とおおよそ2か月ごとなので、ここを逃すと次は9月になるんじゃないかなぁと。

急ぎでないなら11月のサイバーマンデーまで待つという手もありますが、おそらくは1,000円しか違わないのでさっさと買って楽しんだ方が得だと思います。

第9世代 Fire HD10:10,080円(9,900円オフ)

2019年発売の第9世代 Fire HD10がほぼ半額の10,080円です(通常価格は19,980円)。しかも、64GBモデルです。
在庫処分価格ですが2021年モデルとはCPUは同じで、メモリが2GB(2021年モデルは3GB)、縦向きか横向きかという違いなので、第9世代でも十分だったりします。

※価格が出ていませんが、販売は継続しています。

Fire TV Stick 4K:4,980円

Prime Videoをはじめとしたストリーミングサービスを音声操作で見ることのできるデバイスです。
スタンダードモデルは割引がなく、4Kモデルが2,000円オフで、スタンダードモデルと同じ4,980円となっています。4Kモデルを選ばない理由がないですね。
有線LAN化するアダプタも割と人気があるようです。

引き続きタイムセール価格なもの

PC・タブレット

TECLAST M40:21,165円

UNISOC T618を搭載し、Antutu20万点前後のミドルクラスタブレットが、時間限定セールと同価格で通常タイムセールに登場しています。
一つ下になるUNISOC T610搭載の「M40 SE」はレビューしたことがありますが、サクサク動いて大画面でゲームがプレイできるのは結構快適でした。

【レビュー】 TECLAST M40SE:コスパ高し!ゲームもできる性能十分なタブレット
TECLAST M40大容量 タブレット 6GB RAM+128GB ROM+最大256GB TF拡張,10.1インチ,8コアCPU,Android 10,,4G LTE SIM通話+デュアルWi-Fiモデル タブレットPC,1200×1920 IPSディスプレー,カメラ5MP/8MP,バッテリー6000mAh
TECLAST

CHUWI HeroBox:19,500円

4コアのCeleron N4100搭載のミニデスクトップ機が2万円切りで、プライムデー価格より安くなっています
Celeron N4100はパワフルではないけれども実用レベルのCPUで、メモリは8GB、ストレージは256GBとこちらも軽作業には十分です。

なお、同ページで販売されている「HeroBox Pro」に搭載されるCeleron N4500は、CPUの世代は新しいものの2コアのため、シングルスレッド性能やグラフィック性能は向上しているものの、マルチスレッドスコアはN4100より低くなります。

CHUWI UBook X:38,930円(+2,500円オフクーポン)

4コアのCeleron N4100を搭載する、12インチのWindowsタブレットが、通常価格46,500円から7,570円の38,930円、さらに2500円オフクーポンで実質36,430円と1万円強安くなっています。
メモリ8GBに256GB SSD、ディスプレイは2160×1440とFHDより一回り広くなっています。また、U字型スタンド内蔵で自立します。

とはいえ、処理速度的には及第点というところで、タブレット的運用なら問題ないでしょう。

なお、キーボードは別売りです。

CHUWI Hi10 Go:26,300円(+3000円オフクーポン)

JasperLake世代のCeleron N4500(2コア)を搭載した、最新モデルのWindowsタブレットです。通常価格29,800円がプライム会員限定で26,300円(+3000円オフクーポン)となっています。

メモリは6GB、ストレージは128GB、10.1インチWUXGA(1920×1200)と、Gemini Lake世代(Celeron N4000やN4100など)は4GB/64GBくらいが多かったことを考えると基礎スペックも少し良くなっています。
性能的にはCeleron N4000とN4100の中間くらいですがシングルスレッド性能が高めなので割と反応はいいですが、本体がかなり熱を持つので負荷のかかった状態で手持ちで使うのはちょっとつらいかも。

なお、キーボードは別売りで、BanggoodAliExpressで販売されています。

※プライム会員限定セールなので下記の価格に反映されていません。

PC周辺機器

Tribit XSound Go ポータブルスピーカー:2,974円

8W×2スピーカーを搭載した、手のひらからはみ出す程度のサイズのBluetooth防水スピーカーです。
4400mAhのバッテリーを内蔵し、24時間の連続再生が可能となっています。

卓上電源タップ AS-2312:1,700円

斜め向きのAC4個口(表裏2個口ずつ)+USB3ポート(側面)の電源タップが通常価格2,000円から15%オフとなっています。
斜め向きというのはあまり見たことがなく、インテリアっぽい雰囲気になるのがいいですね。

YUNDOO タワー式電源タップ(5mケーブル):2,549円

電源ケーブルが5mと長い、タワー式の電源タップです。他の製品は2~3mくらいなので、結構長いです。
AC8個口+USB4ポート(2.1A×2+1.0A×2)の構成で、通常価格2,999円から450円引きの2,549円になっています。

ALLDOCUBE Expand X モバイルディスプレイ:25,999円(+6,000円オフクーポン)

13.3インチで解像度が2560×1440、キックスタンドで自立して5000mAhバッテリー内臓(10000mAhと記載されていますが、実際には5000mAhのようです。モバイルバッテリー機能あり!)に10点マルチタッチにまで対応と、あったらいいなって機能をフル装備しているくせに地味に安いモバイルディスプレイです。
6,000円オフクーポンを適用すると、実価格が19,999円と2万円を切ってきます。

ORICO M.2 NVMe&NGFF 2ベイ SSDケース:3,394円

SATAとPCIeの(NVMe)M.2 SSDが1台づつ入る、変則的な2ベイM.2 SSDケースです。
SATA×2やNVMe×2はできません。
USB3.1 Gen2(10Gbps)接続に対応しているので、対応PCで使えば1000MB/s弱くらいは出るんじゃないかと。

Vamvo 1080Pプロジェクター:11,299円(+10%オフクーポン)

通常価格22,599円のプロジェクターが半額の11,299円、さらに10%オフクーポンで実質10,169円で販売されています。この価格帯はネイティブ720pが中心なので、ネイティブ1080pで1万円はかなり安い部類となります。
ただし短焦点ではないので、最適距離は3.8mで120インチとなります。

GOLABS ポータブル電源(63750mAh):19,800円(+7,000円オフクーポン)

204.8Whと比較的小容量な(といってもモバイルバッテリーよりはるかに多いですが)ポータブル電源です。
AC出力はひとつ、USBが3ポートですが60WのUSB PDに対応しています。最大出力は160Wです。

ポータブル電源としては最低レベルと言えますが、60W出力ができるようなモバイルバッテリーだと1万円前後はするので、実質12,800円なこの製品はコスパでいえば結構良かったりします。

Powkey ポータブル電源 HP200:9,999円

容量は146WHrと少なめなものの、1万円を切る薄型のポータブル電源です。
AC出力は最大200W、USBは4ポートあります(Type-Cはなし)。

シガーソケット用の電源ケーブルも付属していて、どちらかというとアウトドア用ですね。

TP-Link PoE+対応5ポートスイッチングハブ TL-SG1005LP:3,790円

PoE(Power over Ethernet)に対応した、スイッチングハブです。
PoEは各ポート最大30W、合計40Wなので、SBCを2~3台動かすくらいはできそうです。
SBC以外にもIPカメラやIP電話など、使い道は様々ですね。

LG 超短焦点 LEDプロジェクター(フルHD):88,918円

LGの超短焦点プロジェクターが、通常価格98,798円から約1万円引き88,918円となっています。
光源はLEDで明るさは1000ルーメンです。

■超短焦点のメリット
・投影距離が近いので同じルーメン数の通常のプロジェクターよりも明るい
・狭い部屋でも大画面投影可能
・人が横切っても影にならない

■超短焦点のデメリット
・同じスペックで比較すると値段が高い
・設置場所や画面位置の自由度が低い(台形補正はあるので画面の高さは変更できる)

なお、ワンランク上にレーザー光源で1500ルーメンなHF85LSRが138,006円(通常価格153,340円)で販売されています。

その他のガジェット

DJI Mavic Mini:47,300円(20%オフ)

DJIのエントリークラスドローンです。
重量199gと、現行の航空法(200g以上が対象)適用対象外として人気の高い機種です。2022年以降に適用範囲を100g以上に拡大するとの話がありますが、現時点では時期等は決まっていないようです。
2020年11月に後継機と言える「MINI 2」が発売されたため、型落ち品的な位置づけですが、3万円の差は大きいでしょう。

関連リンク

【セール】Amazonタイムセール祭り。DELLのRyzenノートが本家より7,400円安い!【PC・タブレット編】
【セール】Amazonタイムセール祭り。1TB SSDが9千円!2.5GbE NASが2.1万円から!【ストレージ編】
【セール】Amazonタイムセール祭り。Razerのワイヤレスイヤホンが定価の半額以下に!【周辺機器編】
【セール】Amazonタイムセール祭り。六足ロボットキットが7,800円!など【その他ガジェット編】

コメント

タイトルとURLをコピーしました