【プライムデー2022】1TB M.2 SSDが8,440円!外付け4TBが42,535円!【ストレージ編】

セール情報

2022年7月12日と13日の48時間限定で、年に一度の大型セール「プライムデー(Prime day)」が開催されています。

プライムデー会場:Amazon
【Amazonデバイス編】「Fire HD 8」が過去最安値の半額4,990円!
【ゲーミング編】GTX1650搭載機が最安69,800円!RTX3050機が97,580円!
【スマホ編】2.1万円の格安スマホにスナドラ888スマホが52,350円!
【ミニPC編】LarkBox Proが過去最安値!N5105搭載ファンレス機が初セール!
【タブレット編】スナドラ865搭載タブレットが激安36,790円!
【Chromebook編】富士通ChromebookのCore i3モデルが39,900円!
【周辺機器編】トラックボールマウスが3,980円!合計120W PD充電器が30%オフ!
【ノートPC編】ファンレスN5100ノートが37,990円!2.5Kタブレットが69,900円!
【ディスプレイ編】モバイル有機ELが26,625円!4K2.5KなMateViewが63,790円!
【イヤホン編】Shokzが最大30%オフ!Mu6 Ringが20%オフ!
【家電編】充電池が3割引!有機ELテレビが99,800円!
【その他編】この夏のトレンド?アイスネックリングが1,120円!

スポンサーリンク

キャンペーン内容

プライムデーではポイント還元率がいつものタイムセール祭りより高く設定され、最大12%のポイント還元となります。
ポイント還元率4.5%アップ対象は「Amazonデバイス」です。

Amazon Mastercardを所持していない場合は、後述するAmazonギフト券の購入で最大3%還元があるので、合わせて最大6.5%(上記カテゴリなら最大11%)の還元を受けられます。

Amazon.co.jp | Amazon Prime Day(プライムデー)2022
Amazon Prime Day(プライムデー)2022はプライム会員に向け、年一度のビッグセールです。7/12 火曜0時から7/13 水曜23時59分まで、トップブランドや中小企業から数多くのお買得商品が48時間に渡って登場します。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

セールに臨む前に、多少お得になる方法を紹介。
すでに活用されている方も多いとは思いますが、ギフト券でコンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれかでチャージすると、下記の割合でポイントが付きます。

プライムデーに合わせて、6月21日~7月21日は0.5%上乗せされています(要エントリー)。

クレカ払いでつくポイントより全然お得です。
プライム会員が9万円をチャージすれば、2,700円分のポイントが付くわけです。

なお、ポイント付与はクレジットカードでのチャージは対象外な点に注意してください。

ポイントと違って有効期限は10年と長いので、期限切れということにはそうそうならないでしょう。
がじぇっとりっぷは毎回9万円ずつチャージして、使っています。

Amazonでチャージする

そのほかの連動キャンペーン

【セール予告】7月12・13日はAmazonプライムデー!キャンペーン一覧とお得そうなものまとめ

おすすめストレージ

※表示価格にはプライムデー価格は反映されません。ご了承ください。

1TB

KIOXIA SSD-CK1.0N3G2/N:8,440円

おそらく1TB SSD最安となるのがこれで、通常価格10.980円から23%オフの8,440円となっています。
KIOXIAは1月下旬に工場での異物混入が発生、65億GB分のフラッシュメモリ供給が停止した騒ぎがあり、この製品も影響を受けて3か月ほど在庫切れとなっていました。

リード2,100MB/s、ライト1,700MB/sと性能は控えめですが5年保証付き。
国産SSDが欲しいというならアリでしょう。

Crucial CT1000P2SSD8JP:8,980円

CrucialのエントリーSSDが、通常価格10,823円から17%オフの8,980円となっています。
9,000円を切るのは円安前の2月上旬以来ですね。

リード2400MB/s、ライト1800MB/sと速度は控えめですが、普通に使えます。
というか、がじぇっとりっぷのサブPCはこれの2TBモデルを使っていますし。今回は2TBモデルはセール対象外ですけど。

バッファロー SSD-PUT1.0U3-B/N:9,989円

USBメモリ型の外付けSSDの2020年モデルが、通常価格11,100円前後から10%オフの9,989円となっています。

接続はUSB3.1 Gen1で、転送速度は最大約430MB/s。
68.2mm×23mmと小型な分、発熱に難があるようで、ヒートシンクなどをつけるなど対策すれば普通に使えるようです。

2TB

KIOXIA SSD-CK2.0N4P/N:31,850円

KIOXIAの超高速モデルが、通常価格37,480円から15%オフの31,850円となっています。

PCIe Gen4接続で、リード7,300MB/s、ライト6,400MB/sと高速です。
もちろんPS5の拡張に使えます。
保証は5年です。

WD WDS200T3X0E:31,483円

WDのゲーミング向けSSDが、通常価格37,163円から15%オフの31,483円となっています。

PCIe Gen4接続ですがリード5,150MB/s、ライト4,850MB/sと転送速度は遅め。
その代わりプレミアムグレードの「WD Black」なので、安定度は高いです。

SanDisk SDSSDE30-2T00-GH25:21,291円

SanDiskのストラップ付外付けSSDが、通常価格25,276円から16%オフの21,291円となっています。

USB3.2 Gen2に対応し、転送速度は520MB/sと内臓SATAと変わりません。USB3.0だと460MB/sくらいになるようです。

バッファロー SSD-SCT2.0U3BA/N:22,932円(+2,500円オフクーポン)

発熱面が改善された2021年モデルが、通常価格22,932円に2,500円オフクーポンで20,432円となっています。

2020年モデルと比べると接続がUSB3.2 Gen2となり、転送速度がリード600MB/s、ライト500MB/sに向上しています。
メーカー側でPS4/PS5での動作確認済み。
本体端子はType-Aですが、Type-C変換アダプタが付属します。

4TB

Team ‎TM8FPQ004T0C327:64,980円

PCIe Gen4対応SSDが、通常価格76,980円から12,000円オフの64,980円となっています。

転送速度はリード5000MB/s、ライト4000MB/s。Gen4 SSDの中では遅いほうですが、大容量かつ比較的安価という点が評価ポイントです。
また、PS5でも使えます。

SanDisk SDSSDH3-4T00-G25:47,488円(+3,763円オフクーポン)

SanDiskの定番モデルが、通常価格47,488円に3,763円オフクーポンで43,725円となっています。
かつての4TB相場とまではいきませんが、そこそこ安いです。

リード560MB/s、ライト530MB/sはSATAのほぼ限界ですね。
保証は5年です。

Crucial CT4000X6SSD9:42,535円

Crucialの外付けSSDが、通常価格56,061円から24%オフの42,535円となっています。
内臓より安いってどういうこと…?

接続はUSB 3.1 Gen2で転送速度は最大800MB/s、サイズも64mm×69mmと小型です。
落下体制もありますし、撮影のお供に持ち歩くにはちょうどいいですね。

HDD

WD WDBBKG0140HBK:32,990円

一部モデルの中身がバルクで買うよりも安いと話題になった製品です。
今回のセールでは8TBから18TBまでのモデルが一律12%オフと割引率が拡大(いつもは10%オフ)、14TBを例にとると通常価格37,490円が12%オフで32,990円となっています。これ、昨年の相場くらいですね。

この14TBモデル、中身はCMR方式ヘリウム充填5400RPMのWD140EDFZというモデルになるようです(ロットによって異なる可能性あり)。

created by Rinker
ウエスタンデジタル(Western Digital)
¥43,598(2023/09/28 22:39:18時点 Amazon調べ-詳細)

microSD

Samsung EVO Plus:830円~

SamsungのmicroSDが15%オフとなっています。
一般モデルと高速モデル(PRO Plus)があり、一般モデルは130MB/s、高速モデルは160MB/sです。
が、そもそもデバイス側が追い付かないので、基本は一般モデルでいいと思います。

64GB:980円 → 830円
128GB:1,998円 → 1,630円
256GB:4,580円 → 3,790円
512GB:9,980円 → 8,480円

SanDisk Extreme:1,561円~

SanDiskの上位モデルも15%オフですね。
値段は高めですが、リード170MB/s、ライト80MB/sと、microSDとしては超高速です。

この辺りは計測して記事にまとめています。

【比較表】microSD 20枚(+USBメモリ/SSD)をベンチマークしてラズパイに最適なものを探してみた

64GB:1,841円 → 1,561円
128GB:3,081円 → 2,612円
256GB:6,182円 → 5,241円
512GB:12,198円 → 10,342円

なお、SanDiskは偽物が多いので、Amazon販売・Amazon発送で買うことをおすすめします。

NAS

アイ・オー・データ HDL2-AAX2/E:19,844円

セール定番のNASも今回はいつもより割り引かれています。2TBモデルが通常価格26,330円から25%オフの19,844円となっています。

2ベイのNASで、接続は2.5GbE。USB3.0があるので増設にも対応します。
ホットスワップは非対応ですが、片方ずつ換装することで容量アップにも対応しています。

DTCP-IP対応は有償ですが、ライセンスは1,019円とそこまで高くありません。機能として使わない人も多いので、あえてライセンス費を価格に含めなかったのでしょう。
DTCP-IPを有効にすると録画したテレビ番組をNASにダビングして、別のデバイスで見るということができるようになります。

この機種はレビューが充実していて、素人からなんとか自力で設定できるくらいの初心者くらいの人が四苦八苦した経緯をあれこれ記録として残しているので、大体のトラブルはレビューを読んで解決できそうです。

TerraMaster F2-423:33,592円

最新の2ベイNASが多分初セール、通常価格41,990円から20%オフの33,592円となっています。

CPUは2コアのCeleron N5105またはN5095、メモリは4GBですがオンボードでなく2スロットタイプ、最大32GBまで増設できます。
さらに内部には2基のM.2 NVMeスロットをもち、SSDキャッシュ機能にも対応しました。
接続はデュアル2.5GbEです。

なお、4ベイの「F4-423」も20%オフの53,592円となっています。

関連リンク

プライムデー会場:Amazon
【Amazonデバイス編】「Fire HD 8」が過去最安値の半額4,990円!
【ゲーミング編】GTX1650搭載機が最安69,800円!RTX3050機が97,580円!
【スマホ編】2.1万円の格安スマホにスナドラ888スマホが52,350円!
【ミニPC編】LarkBox Proが過去最安値!N5105搭載ファンレス機が初セール!
【タブレット編】スナドラ865搭載タブレットが激安36,790円!
【Chromebook編】富士通ChromebookのCore i3モデルが39,900円!
【周辺機器編】トラックボールマウスが3,980円!合計120W PD充電器が30%オフ!
【ノートPC編】ファンレスN5100ノートが37,990円!2.5Kタブレットが69,900円!
【ディスプレイ編】モバイル有機ELが26,625円!4K2.5KなMateViewが63,790円!
【イヤホン編】Shokzが最大30%オフ!Mu6 Ringが20%オフ!
【家電編】充電池が3割引!有機ELテレビが99,800円!
【その他編】この夏のトレンド?アイスネックリングが1,120円!

コメント

タイトルとURLをコピーしました