9月3日のAmazonタイムセール。LGの43インチテレビが49,800円!

Amazonタイムセール

※表示価格にはタイムセール価格が反映されていない場合があります。ご了承ください。
※通常価格はセール直前価格ではなく、直近三ヶ月程度で一番期間の長かった販売価格です。
※あくまでタイムセールをしている商品の紹介であり、必ずしも似たような製品の中で最安値というわけではありません。

スポンサーリンク

本日のタイムセール

PC・タブレット

MINISFORUM DeskMini JB95:28,883円

Celeron N5095を搭載したミニPCが、通常価格36,980円から3,000円オフ、さらに15%オフの28,883円となっています。

メモリは8GB DDR4、ストレージは128GB M.2 SATA SSDで、メモリは2スロットで増設可能、ストレージは2.5インチベイ(SATAコネクタ付属)とのデュアルストレージが可能です。
映像出力はHDMI/DisplayPort/USB-Cのトリプルディスプレイに対応しています。
DisplayPort搭載は意外と少ないんですよね。

周辺機器

Z-EDGE UG24:16,925円

ゲーミング向けの24インチ曲面ディスプレイが、通常価格19,999円から15%オフの16,925円となっています。

解像度はFHD(1920×1080)でリフレッシュレートは180Hz、応答速度は1ms、曲率は1650Rです。
接続はHDMIx1、DisplayPortx1と貧弱ですが、価格を考えると仕方ないところと言えます。

もっと高速なディスプレイが欲しければ、平面ですがPrechenから240Hzディスプレイが20,599円で販売されています。

PAKITE BIN-850:9,999円

比較的安価なワイヤレスHDMIの送信機・受信機のセットが、通常価格13,999円から4,000円オフの9,999円となっています。

最大で4K@30Hz(HDMI 1.4b)まで対応、最大距離は150mです。
送信機・受信機ともに電源アダプタ動作なので、コンセントが必要です。

その他

LG 43NANO75JPA:54,800円(+5,000円オフクーポン)

LGの43インチ4K液晶テレビが、通常価格59,800円から5,000円オフ、さらに5,000円オフクーポンで49,800円となっています。

液晶パネルにはNANO CELL技術(余分な波長を吸収して各色をはっきりさせる技術)を採用、チューナーは地デジ×2、BS4K/CS4×1です。
インターフェースはHDMI2.0x3でWi-Fi対応、PrimeVideoなどのVODも見ることができます。

パネルが60Hzなので高速なリフレッシュレートを必要とするゲームには厳しいですが、PCのディスプレイ兼用にもできると思います。

リビングテレビとしても十分に使える55インチモデルは69,800円(74,800円+5,000円オフクーポン)です。

引き続きタイムセールなもの

PC・タブレット

mouse E10:12,800円

いい加減完売だろうと思いたい、おもちゃみたいなタブレット型PCが、通常価格19,800円から7,000円オフの12,800円となっています。
毎回これが最後だろうって書いているのに、どれだけ在庫があるんだろうか…

マウスコンピューターの教育向けWindowsタブレットなのですが、2コアのCeleron N4000なので性能は低く、メモリもオンボードの4GBと少なめ。
しかし子供向けだけあって頑丈で持ちやすく、IP54の防水防塵、ディスプレイだって10点マルチタッチにMPPペン対応です。

さらにOSは管理機能の充実したWIndows 10 Pro(Homeと違って集中管理ができるので、教育向けではProが多い)です。
個人的にはスタンドもあるし、タッチにも対応しているし、オフィスの受付システムにいいかなぁとか思っていたり。

BMAX MaxPad I10 Plus:24,990円(+6,000円オフクーポン)

UNISOC T610の「I10」から、T618にアップデートされたタブレットが、通常価格24,990円から6,000円オフクーポンで18,990円となっています。

SoC以外は「I10」を引き継いでいて、メモリは4GB、ストレージは64GB、画面は10.1インチWUXGA(1920×1200)となっています。さらにこの価格で4G/LTEにも対応しています。
価格は他メーカーのT610搭載品と同等か安いくらい。T618とT610はAntutuのグラフィックスコアが1万点違うので(4.1万点と3.1万点)、ゲームプレイをするならT618搭載の方が有利になります。
あとはメモリの少なさがどう影響するかですね。

ALLDOCUBE iPlay 9T:13,549円

以前に記事にしたことのある、Type-C×2を持つタブレットが、通常価格18,999円から29%オフの13,549円となっています。

Type-C×2⁉ Alldocube「iPlay 9T」はRK3566に3:2ディスプレイと個性的すぎるタブレット

CPU(SoC)はRockchip RK3566でAnTuTuスコアは10万点程度と性能は高くありません。だいたいラズパイ4と同程度です。
メモリは3GB、ストレージは32GBで、画面はアスペクト比3:2の10.5インチ IPS 1920×1280で色域は100% sRGB。

上でも書いたようにインターフェースとしてType-C×2を持ち、タブレットというよりはタブレットPCのAndroid版といった雰囲気です。
エントリー機ではありますが、使い方によっては面白そうです。

TECLAST P80:8,720円

8インチの安価なタブレットが、時間限定で通常価格10,900円から20%オフの8,720円となっています。
後継機の「P85」が発売されていたのですが、「P85」は販売がなくなり、「P80」が販売継続という変な状況です。

スペック自体は「P85」と同じで、CPU(SoC)はAntutu(v8)が6.3万点程度のAllwinner A133、メモリは2GB、ストレージは32GB、画面は8インチ1280×800、Wi-fiは802.11ac(Wi-fi 5)対応です。4G/LTEには対応しません。
「P85」との違いは筐体がプラスチックでスピーカーがモノラル、OSがAndroid10といったところです。

基本は「Fire HD 8」の方がいいわけですが、4G/LTE対応という点だけが強みです。

ALLDOCUBE X GAME:23,530円(アウトレット)

Helio P90を搭載したタブレットが、通常価格35,999円からAmazonアウトレットで約35%オフの23,530円となっています。

Helio P90はAntutu(v8)で総合22万点、GPU4.1万点程度です。グラフィックがやや強めですね。
ゲーミングタブレットを称していますが、重量級は厳しく中量級くらいまでです。

メモリは8GB、ストレージはeMMCより高速な128GB UFSのミドルハイ構成、特筆すべきはディスプレイがアスペクト比3:2の10.5インチ1920×1280という点でしょう。
パワーアンプチップを内蔵したクアッドスピーカーに7,500mAhと容量多めのバッテリーなど、内容的には2.5~3万円台のタブレットなので、アウトレットとはいえ2.3万円台なら安いです。

※「その他の出品者」からAmazonアウトレットを選択

ALLDOCUBE iPlay 40H:22,920円

UNISOC T618を搭載したタブレットが、通常価格27,900円から18%オフの22,920円となっています。
T618+8GBなタブレットは、ここ最近は2.1万円台も出なくなっているので、当分はこれが底値になりそうです。

メモリは8GB、ストレージは128GB、ディスプレイは10.4インチ2000×1200です。
バッテリー容量は6200mAhです。

ストレージが256GBになった「iPlay 40H Pro」は23,920円です。

MINISFORUM DeskMini UM350:42,143円

Ryzen 5 3550Hを搭載したミニPCが、通常価格49,580円から15%オフの42,143円となっています。

MINISFORUMはRyzen 5 3450Uを搭載した「UM340」を出していて、「UM350」はそのCPU強化版という位置づけです。
3550HのPassMarkスコアは8000で、価格性能比はかなり高くなっています。

CPU以外はほぼ同じで、メモリは8GB、ストレージは256GBで、2.5GbEにトリプルディスプレイ可能と、旧世代CPUながら十分に実用レベルです。

GMKtec NucBox3:23,980円(+5,000円オフクーポン)

Celeron J4125を搭載したファンレスミニPCが、通常価格23,980円に5,000円オフクーポンで18,980円となっています。

本来の「NucBox3」はストレージが256GBなのですが、この製品は128GBにダウングレードされていて、その分安くなっています。

Celeron J4125はPassMarkスコアが3200程度で軽作業なら問題なし。「NucBox3」はファンレスなのにメモリが換装可能(DDR4-2400×1スロット)です。
ストレージは256GBのM.2 SATA SSD。安価な製品だと128GBだったりしますが、しっかり容量を確保しています。

安価でかつメモリ換装可能なファンレスミニPCはそう多くはないので、かなりありだと思います。
これでM.2 NVMe対応で2.5インチベイがあったらなぁ…

CHUWI HeroBox:19,980円

Celeron J4125を搭載するファンレスミニPCが、通常価格25,900円から23%オフの19,980円となっています。

「HeroBox」はもとはCeleron N4120搭載でしたが、12月20日出荷分よりCeleron J4125に変更されたとのこと。
PassMarkスコアではそれぞれ2400と3000なので、25%の性能アップとみていいでしょう。

メモリはオンボード8GB、ストレージは256GB M.2 SATA SSD。薄型ですが2.5インチベイがあるようです。
インターフェースはUSB3.0(Type-C)+USB3.0×2+USB2.0×2にHDMI+VGA、有線LANです。

ファンレスなのでルーターと並べて置いておくとかでメディアサーバーとかNAS代わりとかにも向いています。

created by Rinker
CHUWI
¥27,500(2022/09/28 19:38:29時点 Amazon調べ-詳細)

周辺機器

GAINWARD GeForce RTX 3070 PHOENIX:70,505円

GeForce RTX 3070が、通常価格77,800円から約10%オフの70,505円、1%ポイント(705ポイント)還元で実質69,800円となっています。
ポイント付きで7万円切りはちょっとコスいけど、安い分には文句は言いません。

ボード長は294mmあるので、ケースをかなり選びそうです。
ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Twin Edgeも同じ価格で販売されていて、こちらは背が高いのでやっぱりケースを選びそうです。

KINGMAX KMAX3480-2000G:18,800円

2TBのM.2 NVMe SSDが、通常価格26,000円から28%オフの18,800円となっています。

6月くらいからこの価格になっていたようですが、たびたび在庫切れを起こしています。
8月に入ってからは継続して販売されていますね。

安価ですがリード:3000MB/s ライト:2800MB/sとそこそこの速度。
MTBFは200万時間で保証期間は3年です。

ARCANITE‎ ‎AK58256G:3,980円

USBメモリ型の外付けSSD(250GB)が、通常価格6,080円から35%オフの3,980円となっています。
これは29日からのセールです。

USB3.2 Gen1対応で転送速度はリード400MB/s、ライト100MB/s
SSDとしては早いとは言えませんが、USBメモリとしては高速です。
それでいてサイズはUSBメモリと同等、価格はちょっと高めのUSBメモリ程度ということで、パフォーマンスの差を考えるとコスパは高いですね。

中華製品ではなく台湾生産ですし、レビュー評価も高めなので、信頼性はやや高めくらいでしょう。

シリーズには同サイズで512GBが6,980円でGB単価は最安クラス、1TBはちょっと高めです。

Crucial X6(4TB):43,980円

USB 3.1 Gen2接続な外付けSSDが、通常価格56,061円から22%オフの43,980円となっています。
なぜかM.2 SSDや2.5インチSSDより安いんですよね…

68.8×64×10mmというコンパクトさで、リード最大800MB/s(ライト速度は非公表)、2mからの落下耐性となっています。
アウトドアでの撮影のお供などによさそうです。

予算が…という人には1TBは10,980円2TBは20,980円となっています。

InnoView ‎INVPM406:18,899円(+3,000円オフクーポン)

モバイルディスプレイの新モデルが、プライム会員限定で通常価格20,999円から10%オフ、さらに3,000円オフクーポンで15,899円となっています。

色はシルバーで、いわゆるアルミ色です。画像の通り角度によってはホワイト系にも見えるので、デスク周りのカラーを統一している人向けですね。
がじぇっとりっぷでもレビューしました。

【レビュー】 InnoView INVPM406:シルバーカラーがまぶしいスタンダードモバイルディスプレイ

基本機能は一般的なモバイルディスプレイと変わらず、インターフェースはType-C×2+miniHDMIです。
色域や輝度が掲載されていませんが、おそらくは80% sRGB、250cd/m2と思われます。

※プライム限定価格なので表示価格には反映されていません。

THREEKEY AC03665-JP:3,509円(+500円オフクーポン)

3ポート65W出力のスティック型PD充電器が、通常価格3,899円からプライム会員限定で390円オフ、さらに500円オフクーポンで3,009円となっています。

インターフェースはC2A1で、単ポートではType-Cが65W、Type-Aが36W、複数ポートでは45W+18W(C2+A合計)となります。
1mのケーブルが付属します。

Baseus PPADM2-10:3,999円(+1,000円オフクーポンコード)

Baseusの新製品となるモバイルバッテリーが、通常価格3,999円から1,000円オフのクーポンコードで2,999円となっています。
記事執筆時点では20%オフクーポンもありますが、併用はできません。

クーポンコード:BASEUSAD101
クーポン期限:9月4日

容量は10,000mAhで、Type-Cは最大30W出力に対応、Type-Aも最大22.5W出力に対応しています。
一方でバッテリー本体の充電は最大18W入力。

10,000mAhクラスとしては大柄な筐体だし、他より30~40g重い約210gですが、急速充電の対応を考えると価格なりかなと。

aceyoon VR向けUSBケーブル(6m):1,380円

VRヘッドセットで使える6mのUSB3.0ケーブルが、通常価格2,399円から42%オフの1,380円となっています。

コネクタはType-A to Type-Cで、Type-C側はL字コネクタ。
USB 3.1 Gen1(5Gbps)の通信に対応(といってもさすがに実測は2~3Gbpsくらいのようです)、通電は最大60Wまで対応しています。
フリーカットなストラップ(1m)が2本付属します。

あまりケーブルが太そうには見えないので品質には疑問が残りますが、VR用としては十分みたいです。

その他

miki アイスネックリング:880円

夏も終わりに近づき、季節商品の投げ売りが始まっています。
今年のトレンドとなったアイスネックリングも安くなって、通常価格1,400~1,500円くらいだったものが約40%オフの880円となっています。

PCM(Phase Change Material、日本語だと相転移物質)という、相変化の際の潜熱(凝固熱・融解熱)を利用したもので、冷やしておけばおおよそ28度前後をキープするとのこと。
冷凍庫で15分冷やすと2時間程度冷感が持続、冷凍庫でなくともクーラーボックス+保冷剤など28度以下の環境であれば冷やせるので、2本用意して交互に使うのがいいのだとか。

がじぇっとりっぷも実際に購入して使っていますが、キンキンには冷えず、ほんのり冷たい程度が持続する感じです。
首回り全体を冷やしてくれるので個人的にはネッククーラーよりも好みです。

ネッククーラーも、今年増えたペルチェ式が投げ売りされていて、5,000~7,000円だったものが2,980円(3,980円+1,000円オフクーポン)となっています。
ペルチェ式は接触面はキンキンに冷えますが、肝心の接触面積が狭いのが難点なので、ピンポイントで冷やす向けです。

4DRC 4D-V8:6,580円(+20%オフクーポン)

規制対象外(100g未満)のドローンが、通常価格6,580円に20%オフクーポンで5,264円となっています。

2022年6月20日より、100g以上の無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の登録が義務化されましたが、これはバッテリー込み51gとのことなので対象外です。
バッテリーは2個入り、合計飛行時間は28分、操作距離は60~100m。

そして安価ながら1080pカメラが付いています。安価な製品だと720pが多いので、高解像度はうれしいですね。
ただし手のひらサイズなので風のある屋外では厳しいようです。

※業務用ドローンのような静止・なめらかな移動の映像は厳しいと思います。

COOAU ソーラー式防犯カメラ:11,580円(+3,000円オフクーポン)

300万画素のちょっと高解像度な防犯カメラのソーラーパネルセットが、通常価格11,580円に3,000円オフクーポンで8,580円となっています。
7月にもセールされていたやつですね。

10,000mAhのバッテリーを内蔵し、ソーラーパネルと合わせてスタンドアロン動作が可能です。
首振り機能はないものの、画角は130度あるので、だいたいは撮影範囲内に収まるでしょう。

画像付きのレビューが多く、アプリでの表示、夜間の表示などのイメージがつかみやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました