【セール】Amazon新生活セールで骨伝導イヤホンが20%オフ!2.2Kモバイルディスプレイ15,980円など【映像・音響編】

セール情報

※表示価格にはタイムセール価格が反映されていない場合があります。ご了承ください。
※通常価格はセール直前価格ではなく、直近三ヶ月程度で一番期間の長かった販売価格です。
※あくまでタイムセールをしている商品の紹介であり、必ずしも似たような製品の中で最安値というわけではありません。

新生活セール会場:Amazon
【タブレット編】Snapdragon 680/メモリ8GBタブレットが26,905円など
【ミニPC編】Core i5-1235U/16GB/500GB Gen4 SSDなミニPCが58,148円など
【ノートPC編】Core i5+Office付で89,800円!第12世代+RTX3070で159,800円など
【ストレージ編】1TB SSDが6,680円から!2TBは12,980円からなど
【周辺機器編】Ryzen 9 5900Xが4.5万円!メモリ64GBキットが2万円切り、ポケモンコラボUSB充電器が20%オフなど

スポンサーリンク

3月2日から新生活セール!

3月2日9時から3月6日23時59分まで、「新生活セール」と称した月例のセールが開催されます。
キャンペーン内容としては「期間中合計1万円以上の購入で最大12%ポイント還元」です。いつもより還元率がアップしています。

最大5.5%ポイントに加えて「家電・大型家電・テレビ・レコーダー」の商品は6.5%上乗せで最大12%ポイント還元となっています。

Amazon ゴールデンウィークセール | Amazonが開催するビッグセール
Amazonは、4月22日(土)9時から4月25日(火)23時59分までの4日間、「Amazon ゴールデンウィークセール(GW Sale)」を開催します。今回の「Amazon ゴールデンウィークセール」はゴールデンウィーク前のセールとなります。「どこ行く?何する?をもっと楽しく」をテーマに100万点以上の商品を特別価

映像・音響機器のセール情報

Shokzの骨伝導イヤホンが最大20%オフ

がじぇっとりっぷも愛用しているShokzの骨伝導イヤホンが、最大20%オフとなっています。

おすすめは「OpenRun Pro」。付け心地の良さもですが、音質がかなりよくなっています。

Amazonセール: 注目のお買い得商品
Amazonでセールを発見

イヤホン・ヘッドホン

ソニー INZONE H7 WH-G700:16,964円

ソニーのPS5対応ワイヤレスヘッドホンが、通常価格23,000円から26%オフの16,964円となっています。

接続は2.4GHzのUSBワイヤレスとBluetoothの両方に対応、稼働時間は32時間、10分の充電で60分使える急速充電にも対応します。
PS5連動で、ゲーム中にバッテリー残量などを確認できる機能付き。

ディスプレイ

HKC HKC-TG34C3U:34,499円

34インチ3440×1440の曲面ディスプレイが、プライム会員限定で通常価格45,999円から24%オフの34,499円となっています。

曲率は1500Rです。入力はHDMI×2+DP。
リフレッシュレートは144Hzのゲーミング向けで、色域はsRGB 100%のVAパネル、10bit入力(10.7億色表示)にも対応しているようです。
スタンドは高さ調整、チルトに対応。

これだけの内容でこの値段ってのはなんか違和感がありますが、それなりに評価も高いので、悪くはなさそうです。

Acer KG251QZbmiipx:32,800円

リフレッシュレート最大250Hzという24.5インチディスプレイが、通常価格37,800円から15%オフの32,800円となっています。

VAパネルで解像度はFHD(1920×1080)、応答速度は1msです。
端子はHDMI 2.0×2、DisplayPort v1.2×1で、HDMIは240Hzまで対応します。
高さは固定ですが、チルトには対応(上15度、下5度)しています。

モバイルディスプレイ

InnoView ‎INVPM406:20,999円(+5,000円オフクーポン)

シルバーカラーなモバイルディスプレイが通常価格20,999円に5,000円オフクーポンで15,999円となっています。
この機種はがじぇっとりっぷでもレビューしています。

【レビュー】 InnoView INVPM406:シルバーカラーがまぶしいスタンダードモバイルディスプレイ

色はシルバー、いわゆるアルミ色です。画像の通り角度によってはホワイト系にも見えるので、デスク周りのカラーを統一している人向けですね。

基本機能は一般的なモバイルディスプレイと変わらず、インターフェースはType-C×2+miniHDMIです。
色域は実測で70% sRGB、輝度は最大319cd/m2でした。

InnoView ‎INVPM001:17,999円

以前にレビューした、U字スタンドを内蔵した15.6インチモバイルディスプレイが、通常価格24,999円から28%オフの17,999円となっています。
2022年10月に値上げされましたが、セール価格は以前と同じ水準を維持しています。

【レビュー】InnoView INVPM001:きっちり横に並ぶスタンド付きモバイルディスプレイ

パネルの仕様面ではパッとしませんが、DELLノートのような見え方でかなり見やすいです。
ベゼルが細く、ケーブルが3本付属しているので、モノとしても悪くありませんし、カバースタンドのようにぺらぺらしないので取り回しもしやすいです。

なにより、インターフェースが一段後ろに引っ込んでいるので、ケーブルに邪魔されることなくノートのディスプレイと横並びにできる点がグッドです。地味にこれができるモバイルディスプレイって少ないんですよね。

Eletoker 1600XT-S:22,949円

16インチの2.5Kモバイルディスプレイが、通常価格26,999円から15%オフの22,949円となっています。

QHD(2560×1600)の高解像度ながら応答速度が1msで、リフレッシュレートが120Hzと高く、ゲーミング向けです。
色域は100% sRGB、輝度は500nits、コントラスト比は1200:1と、通常の液晶よりやや高め。

保護カバーとスタンドも付属し、内容からすると安めと言えます。

UPERFECT UPH03:19,980円(+4,000円オフクーポン)

ちょっと珍しい2.2K解像度のモバイルディスプレイが、通常価格19,980円に4,000円オフクーポンで15,980円となっています。

14インチサイズで解像度はアスペクト比16:10の2240×1400
色域は100% sRGB。輝度は300cd/㎡、コントラスト比は1500:1です。

スタンド内蔵している代わりに、カバーはありません。

Intehill U13NA:26,590円

IGZOパネルを採用したモバイルディスプレイが、通常価格31,990円から17%オフの26,590円となっています。
いつものセール価格より400円安くなりました。

サイズは13.4インチで解像度は4K+(3840×2400)でアスペクト比は16:10。色域はsRGB 100%、コントラスト比は1500:1、最大輝度は500nitsです。
出荷前にキャリブレーションを実施していて、色校正レポートが同梱されるとのこと。平均ΔEは0.74とかなり低く、色再現度は高めです。

ちょっと変わった機能としてグレースケールモードを搭載。
パッケージにはケーブルを裏に回すためのU字アダプタが同梱するのも変わっています。

以前に別製品のレビューでも書きましたが、同じFHDでも4Kの200%表示は段違いで綺麗です。
なので、13.4インチで4Kは細かすぎるのでは…?って人も、4K200%表示前提で購入するのはありだと思います。がじぇっとりっぷもそういう使い方をしています。

【レビュー】InnoView INVPM204:くっきりはっきりが気持ちいい4Kモバイルディスプレイ

CNXioaMi 2.5Kモバイルモニター:16,999円

16インチ2.5Kなモバイルディスプレイが、通常価格23,999円から29%オフの16,999円となっています。

アスペクト3:2ディスプレイで、解像度は2520×1680。デバイスの方が対応しているか確認してから買った方がいいでしょう。
インターフェースはType-C×2+miniHDMIと一般的、色域は100% SRGB、輝度は300nitsです。

Cuview PI-X5:38,996円(+11,000円オフクーポン)

13.3インチ2.5K有機ELモバイルディスプレイが、通常価格38,996円に11,000円オフクーポンで27,996円となっています。

有機ELディスプレイはFHDか4Kが多い中、2.5K(2560×1440)は珍しいです。
色域はDCI-P3 100%、輝度は300nits、コントラスト比は54000:1です。

パネルにもよるのでしょうが、有機ELはある程度密に詰まっている方が美麗っぽいので、FHD製品よりはこちらの方がいいかもしれません。

プロジェクター

WiMiUS K7:27,500円(+6,000円オフクーポン)

自動台形補正機能のあるプロジェクターが、通常価格28,599円から4%オフ、さらに6,000円オフクーポンで21,500円となっています。

ネイティブ解像度は1080pで、輝度は17,000lm。ANSIルーメン換算だと300~400ルーメンくらいになると思われます。ある程度暗くした部屋では十分な明るさです。
Wi-fiを内蔵し、スマホからの無線ミラーリングに対応しています。

Android TVなどは内蔵していませんが、Fire TV Stickに対応。
HDMI×2なので、Fire TV Stickとは別にもう一つデバイスを接続できます

YABER Aurora S:59,999円

安価なプロジェクターを多数販売しているYABERの最上級モデルが、通常価格75,999円から21%オフの59,999円となっています。

輝度はびっくりの1800ANSIルーメン。ざっくり言うと、小学校の教室で使われるプロジェクターくらいの明るさです。
安価な(2万円以下の)中華系プロジェクターがだいたい300~500 ANSIルーメン相当と言えば、どれだけ明るいか分かるでしょうか。

解像度はネイティブ1080pで自動台形補正にHDR10対応、レビューを見た感じだとAndroidベースに独自UIをかぶせたOSが入っているようです。
Google Playは入っていませんが、apkファイルからインストールはできるとのこと。

関連リンク

新生活セール会場:Amazon
【タブレット編】Snapdragon 680/メモリ8GBタブレットが26,905円など
【ミニPC編】Core i5-1235U/16GB/500GB Gen4 SSDなミニPCが58,148円など
【ノートPC編】Core i5+Office付で89,800円!第12世代+RTX3070で159,800円など
【ストレージ編】1TB SSDが6,680円から!2TBは12,980円からなど
【周辺機器編】Ryzen 9 5900Xが4.5万円!メモリ64GBキットが2万円切り、ポケモンコラボUSB充電器が20%オフなど

コメント

タイトルとURLをコピーしました