【セール】Amazonブラックフライデーでネジザウルスや電動昇降デスクが30%オフ!電池・充電池も買い時!【その他編①】

セール情報

※表示価格にはタイムセール価格が反映されていない場合があります。ご了承ください。
※通常価格はセール直前価格ではなく、直近三ヶ月程度で一番期間の長かった販売価格です。
※あくまでタイムセールをしている商品の紹介であり、必ずしも似たような製品の中で最安値というわけではありません。

ブラックフライデーセール会場:Amazon
【ストレージ編】2TB 10,120円~、4TB 24,980円~、8TBは56,800円!
【タブレット編】Fire HD 10(2023)が13,980円でセール初登場!iPlay50 mini Proが18,349円など!
【ミニPC編】Core i9-13900H搭載機が107,984円!N100+12GB+1TBが24,114円など!
【ノートPC編】RTX 2050搭載機が79,800円!液タブ化できる2.8K有機EL機が15%オフなど!
【ゲーミング編】Quest 2が39,600円!RTX 3050ノートが89,800円など!
【映像機器編】18.5インチ120Hzが20,480円!27インチ有機ELが61,600円など!
【音響機器編】Shokzが最大30%オフ!Soundcore 3が4,790円など!
【周辺機器編①】トラックボールマウスが4,490円!10,000mAh/30Wモバイルバッテリーが3,199円など!
【周辺機器編②】左手デバイスのTourBoxが20%オフ!新発売の14インチ液タブが10%オフなど!
【日用品編】バルサンや洗剤、プロテインに花粉症薬が買い時価格!
【その他編①】ネジザウルスや電動昇降デスクが30%オフ!電池・充電池も買い時!
【その他編②】Echoシリーズが最大67%オフ!防水温湿度計が1,624円など!
【追加編①】RTX4050ノートが117,800円!120Hzの4K有機ELテレビが108,400円など!
【追加編②】iPlay 50 mini Proが18,000円に値下げ!Xiaomi 13T Proが94,320円など!【追加編②】

スポンサーリンク

ブラックフライデーセール開催中!

12月1日23時59分まで、ブラックフライデーセールが開催されています。
プライムデー、プライム感謝祭と並ぶ大型セールで、並行していくつもキャンペーンが開催されます。

ポイント還元は最大12%。追加の7%ポイントアップ対象カテゴリは「おもちゃ・ホビー」です。ホリデーシーズンですしね。

Amazon ブラックフライデー 2023 | さぁ、ビッグセールで最高のご褒美を
11月24日(金)0:00から12月1日(金)23:59まで、今年がんばったあなたへ、Amazon Black Friday。 さぁ、最高のご褒美を。

kindle本キャンペーン

最近のAmazonは自社サービスに力を入れていて、kindle本のキャンペーンがすごいことになっています。
ざっくり内容は以下。

・最大70%OFFキャンペーン
・一迅社のマンガが50%オフ
・スクウェア・エニックス、集英社の漫画が50%ポイント還元
・4冊以上のまとめ買いでポイント還元率アップ(最大15%)
・kindleunlimitedが3か月99円

Amazon.co.jp: ブラックフライデー|Kindle本・紙本のキャンペーン: Kindleストア
Kindleストア の優れたセレクションからオンラインショッピング。

その他のセール情報

ネジザウルス

ねじ穴の潰れたねじも外せるネジザウルスが、おおよそ30%オフとなっています。

ネジザウルスはペンチ型と、ドライバー型があります。
ドライバー型は、ネジ穴が残っている軽症用、ネジ穴が完全につぶれた重症用、先端がドリルになった六角ペンチ用があります。

電池

Deleipow リチウム電池(単3形):1,984円

USB充電式の単三形充電池が、プライム会員限定で通常価格2,480円から20%オフの1,984円となっています。

2.7~3.7V(2.7Vは放電終止電圧)のリチウム電池を1.5Vに降圧しているので、最後まで1.5V出力が続くためパワーがある(ニッケル水素充電池は0.9~1.2V)、寒冷地の電圧降下に強いなどのメリットがあります。
デメリットはニッケル水素充電池とは互換性がない(充電器が使えない)、国内メーカーが参入していない(JIS規格がない)、単価が高いなど。

USB電池。USBで直接充電できる単3形/単4形リチウムイオン電池についてあれこれ

だんだん容量も増えて、今ではニッケル水素充電池(2,500mAh×1.2V=3,000mWh)より容量が多いくらいだし、がじぇっとりっぷもいくつか使っていますが、電動歯ブラシなどパワーのいる機器では明らかに違いが出ます

Amazonベーシック 充電池:1,150円~

一般的なニッケル水素充電池(8本セット)が、通常価格1,470円から22%オフの1,150円となっています。
単三形(8本セット)は15%オフの1,600円です。

一年で見ればプライムデーと並ぶ安さですが、さすがに数年前に比べると値段が上がっています。
ニッケル水素充電池は電圧が0.9~1.2V(0.9Vは放電終止電圧)と低いのですが、たいていの電池動作製品は0.9Vくらいまでサポートしています。

Amazonベーシック 乾電池(36個セット):645円~

使い捨ての単四形乾電池(20本セット)が、通常価格690円から7%オフの645円となっています。
単三形は10%オフの682円です。100本だとそれぞれ1,947円、2.256円となって単価がかなり下がりますが…一般家庭で使い切るのは至難ですね。

ニッケル水素充電池と違って1.5Vが出る、充電の手間がないなどが乾電池のメリットです。
一本当たり25~20円なので、充電池だと6~8回充電してようやくペイできるのですが…テレビのリモコンとか時計で8回交換とか何年かかるのよ?って話ですね。

元が取れる前に電池としての寿命が来そうだし、それなら普通の乾電池でいいよねとなる人がいるのも分かります。
要はリモコンとか時計とか年単位で持つ場所は乾電池、マウスとかの2~3か月で交換になるところは充電池と使い分けるのが肝要かと。

あと、用途がすごく限定されますが、単6形があるのもポイント。
単6形の充電池って中国EBLしか出していないんですよね…

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥700(2024/02/27 11:34:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥768(2024/02/27 11:34:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥441(2024/02/27 11:34:43時点 Amazon調べ-詳細)

スマートバンド

Xiaomi Smart Band 8:4,792円

Xiaomiのスマートバンドの現行モデルが、通常価格5,990円から20%オフの4,792円となっています。

画面は1.62インチ有機EL(192×490)、輝度は600nits。バッテリーは190mAhで、標準で16日、全機能オンで6日程度の駆動とされています。
クイックリリース機能でストラップから外しやすくなり、ストラップとの接続部も強化されました。
リフレッシュレートが30Hzから60Hzに向上し、明るさの自動調整、靴に装着(別売りのクリップが必要)して計測するランニングビーンモードなど、新機能も盛りだくさんです。

ただ安全機能として高温検知が追加されたため、サウナ等ではシャットダウンするようになりました。

Xiaomi Smart Band 8 Active:3,192円

Xiaomiのスマートバンドのスクエアモデルが、通常価格3,990円から20%オフの3,192円となっています。

画面は1.47インチ液晶(172×320)、輝度は500nits、バッテリーは210mAhで、標準で14日駆動となっています。
Activeと名が付くだけあって、終日の心拍数・血中酸素モニタリングや睡眠モニタリングなどは標準搭載、50以上のスポーツモードをサポートしています。

ただ、Redmi Smartband 2(サイズやスペックが全く同じ)とどこが違うのか聞かれたら答えようがないんですけれど。

Xiaomi Smart Band 7:3,990円

Xiaomiのスマートバンドの旧世代モデルが、通常価格4,995円から20%オフの3,990円となっています。

画面は1.62インチ有機EL(192×490)、輝度は500nits。バッテリーは180mAhで、標準で14日、ヘビーユースで9日(全機能オンにすると5日程度らしい)とされています。
対応するエクササイズは110種類以上、血中酸素測定など機能も豊富です。

現行のSmart Band 8には高温検知が追加され、サウナ等でシャットダウンされるようになったので、サウナ好きを中心に人気が再燃しています(なお、高温環境下での使用は非推奨であり、公式からも注意喚起がなされています)。

紛失防止タグ

Tile Mate (2020):1,480円

紛失防止グッズのTileの2020年モデルが、通常価格1,980円から25%オフの1,480円となっています。
さすがに旬を過ぎたキャラ物は安くなりますね。

最新モデルは電池交換不可(電池寿命約3年)ですが、これは電池交換可能なタイプです。

基本はスマホと接続しておいて、置忘れなどで距離があくと知らせてくれるものですが、他のTileユーザーが自分のTileを検知した際に知らせてくれる「コミュニティー機能」を持っています。
このコミュニティー機能を利用した盗難時の追跡が時々話題になっています。
車のダッシュボードの裏や自転車のサドルの下など、目立たないところに仕込むことが多いようです。

電池交換不可のTile Mate (2020)は12%オフの2,980円、Tile Sticker (2022)は15%オフクーポンで2,533円となっています。

電源タップ

エレコム ECT-1925BK:2,539円

めちゃくちゃ長い電源タップが、通常価格3,003円から15%オフの2,539円となっています。

ACが10個口にUSBが4ポートあります。USBは単ポート5V/2.4A、合計4.8Aまでです。
スイングプラグに絶縁スリーブ、差込口は埃防止シャッター、最大12500Vの雷サージ保護と、必要な機能もフル装備しています。

電動昇降デスク

SANODESK E150:19,460円~

電動昇降デスクが、通常価格27,800円から30%オフの19,460円となっています。

SANODESKは電動昇降デスクではメジャーなメーカーであるFlexispotのサブブランドなので、比較的信頼が高い(ぐらつきが少ないとか)です。
天板は120×60cmまたは140×70cm、昇降範囲は73-121cm。耐荷重は50kgと低め。

多くのメーカーが分割天板ななか、SANODESKは一枚天板を採用しています。
フレームの一部は天板に装着済みで、組み立て工数が少ないのもポイント。また、天板下にコードラックがあるのもいいですね。

140×70cmは25,186円です。

ErGear 電動昇降デスク:14,999円~

安価ながら評価が高めの電動昇降デスクが、通常価格20,999円から29%オフの14,999円からとなっています。

サイズは100×60cm、120×60cm、140×70cmの3種類。昇降範囲は72~118cm、耐荷重は80kg
天板は2分割です。

関連リンク

ブラックフライデーセール会場:Amazon
【ストレージ編】2TB 10,120円~、4TB 24,980円~、8TBは56,800円!
【タブレット編】Fire HD 10(2023)が13,980円でセール初登場!iPlay50 mini Proが18,349円など!
【ミニPC編】Core i9-13900H搭載機が107,984円!N100+12GB+1TBが24,114円など!
【ノートPC編】RTX 2050搭載機が79,800円!液タブ化できる2.8K有機EL機が15%オフなど!
【ゲーミング編】Quest 2が39,600円!RTX 3050ノートが89,800円など!
【映像機器編】18.5インチ120Hzが20,480円!27インチ有機ELが61,600円など!
【音響機器編】Shokzが最大30%オフ!Soundcore 3が4,790円など!
【周辺機器編①】トラックボールマウスが4,490円!10,000mAh/30Wモバイルバッテリーが3,199円など!
【周辺機器編②】左手デバイスのTourBoxが20%オフ!新発売の14インチ液タブが10%オフなど!
【日用品編】バルサンや洗剤、プロテインに花粉症薬が買い時価格!
【その他編①】ネジザウルスや電動昇降デスクが30%オフ!電池・充電池も買い時!
【その他編②】Echoシリーズが最大67%オフ!防水温湿度計が1,624円など!
【追加編①】RTX4050ノートが117,800円!120Hzの4K有機ELテレビが108,400円など!
【追加編②】iPlay 50 mini Proが18,000円に値下げ!Xiaomi 13T Proが94,320円など!【追加編②】

コメント

タイトルとURLをコピーしました