【2024初売り】Amazon初売りでQuest2が39,600円!4K有機ELモバイルモニターが29,100円!【映像・音響編】

セール情報

※表示価格は24時間ごとの更新のため、タイムセール価格の反映が送れている場合があります。ご了承ください。
※掲載商品の価格調査はおおむね週一回程度実施しています。
※あくまで主要商品の価格紹介であり、必ずしも似たような製品の中で最安値というわけではありません。

1月3日9時から1月7日23時59分まで、Amazonでは初売りセールを開催しています。
がじぇっとりっぷでは数回にわたり、テーマを分けながらセール情報を掲載しています。

【ストレージ編】1TB 5,980円、2TB 9,980円、4TB 25,500円~
【タブレット編】防水・ペン付きのGalaxy Tab S9FEが60,091円など!
【ミニPC編】ミニLCD内蔵N100機が23,998円!Arc A730M搭載機が114,384円!
【映像・音響編】Amazon初売りでQuest2が39,600円!4K有機ELモバイルモニターが29,100円!
【周辺機器編】軽量モバイルバッテリーが3,199円!USBマグネット充電ケーブルが2,499円など!
【その他編】防災グッズ特集ほかRedmi Smart Band 2が1,990円など!
【周辺機器編②】電動昇降デスクが13,860円!M.2 SSD用の外付けケースが1,980円など!

スポンサーリンク

キャンペーン内容

キャンペーン内容自体は普段と同じ「期間中合計1万円以上の買い物でポイント還元」です
ポイント還元はここ最近のポイント率と同じ最大10%。大幅にポイント(+5%)が付くポイントUP対象カテゴリは「ロボット掃除機、メンズシェーバー、炊飯器、電子レンジ」です。

また、福袋の特集も組まれています。
合わせて最大20%ポイント還元特集も見ておくべきでしょう。

2024 Amazon 初売り | いい一年を、笑顔ではじめよう。
Amazonは、毎年恒例の年始のお得なセール「Amazon 初売り」を2024年1月3日(水)9時から1月7日(日)23時59分までの5日間にわたって開催します。今年の「Amazon 初売り」では、「いい一年を、笑顔ではじめよう。」をテーマとして、セール開始時点およびセール期間中において、カスタマーレビュー星3.5以上

音響機器のセール一覧

SOUNDPEATS RunFree:5,678円(+500円オフクーポン)

耳をふさがない開放型のイヤホンが、6,680円から15%オフ、さらに500円オフクーポンで5,178円となっています。

2022年から2023年前半は骨伝導がブームでしたが、2023年後半から開放型イヤホンが一気に増え、おそらく2024年もこの流れは続くでしょう。
インイヤー型と違って16mmとかの大口径ドライバーが使えること、耳をふさぐ圧迫感がないこと、音漏れ抑制がある程度できるようになったことなどが普及の要因です。

耳壁を使った固定方法が使えないので、初期は骨伝導イヤホンのようなワイヤータイプが主流でしたが、最近は耳に引っ掛けるタイプも増えています。

SOUNDPEATS GoFree2:6,698円(+400円オフクーポン)

耳掛け式のオープンイヤーイヤホンが、通常価格7,880円から15%オフ、さらに600円オフクーポンで6,098円となっています。

インイヤー型ではないので16.2mmという大型ドライバーを採用、耳をふさがないので耳も痛くなりにくいです。
Hi-Res Wireless取得、本体の再生時間は9時間です。

GoFree2はブログ開始以来初めて自腹購入したイヤホンとなり、レビュー途中ながら昨年の「ベストバイ10」にも選ぶくらい良い製品です。
位置を安定させるのが少々手間なので、その点では上の「RunFree」もありかもしれません。

【2023年】 今年買ってよかったものベスト10を発表します

映像機器のセール一覧

Meta Quest 2:39,600円

オールインワンVRヘッドセットのMeta Quest 2が1月1日に値下げ、47,300円だったものが39,600円になりました。
発売時は37,180円でしたが、2022年8月1日に59,400円へと値上げ、2023年6月4日に47,300円へ値下げされたので、今回は2度目の値下げです。

SoCはSnapdragon 865のVR特化モデルとなるQualcomm Snapdragon XR2。
メモリは6GBで、ストレージは128GB。解像度は片目当たり1,832×1,920(最大90Hz)

がじぇっとりっぷも時々使っていますが、重量バランスがいまいちなので、本格的に使うならEliteストラップなどを併用したほうがいいでしょう。

created by Rinker
META
¥4,070(2024/04/15 22:19:22時点 Amazon調べ-詳細)

Dell U2723QX:49,800円

DELLの27インチ4Kディスプレイが、通常価格71,800円から31%オフの49,800円となっています。
ブラックフライデーセール以来の最安値です。

リフレッシュレートは60Hzですが、IPS Blackパネルを採用し、IPSながらコントラスト比は2000:1、色域はDCI-P3 98%に達しています。
DisplayHDR 400対応で、付加機能は90W PD給電、ネットワーク接続(LANポート)、DisplayPortによるデイジーチェーンなどに対応しています。

格安4Kに比べれば比較的高額な価格帯ですが、機能やパネルなどを考えればこれで5万円切りはアリですね。

INNOCN M2U:51,899円

MiniLEDを採用した27インチ4Kディスプレイが、通常価格69,800円から26%オフの51,899円となっています。
いつものセールです。

有機ELとまではいかないものの、DCI-P3 99%、AdobeRGB 99%という広色域が特徴です。
最大輝度は1000nitsでHDR1000に対応。Type-Cは90WのPD給電に対応しています。

安価なMiniLEDディスプレイということで飛びついた人が多いようで、レビューが充実しています。
全体的には、ディスプレイはいいがそれ以外が雑とか、60Hzなのが惜しいとか、そんな感じですね。

欠点を潰した最大160Hz対応の「M2V」は97,999円
32インチ144Hzの「32M2V」はブラックモデルが登場、19%オフの109,000円となっています。

‎InnoView ‎PM501:22,959円

18.5インチのモバイルモニターが、通常価格28,699円から20%オフの22,959円となっています。

【レビュー】 Innoview INVPM501:広い!広色域!高リフレッシュレートな18.5インチモバイルモニター

解像度はFHD(1920×1080)、色域は仕様でも実測でもsRGB比 120%、輝度は仕様上は250cd/m2、実測で248cd/m2です。
裏面のコントローラ部は小さめで、U字スタンドが組み込まれています。

18.5インチFHDって結構でかいように見えてかなり使いやすく、がじぇっとりっぷもここ最近のPCレビューはもっぱら18.5インチを使っています。
18.5インチは各社が競って参入していて、例えばMiktver「‎MK185A」はコントローラ部とスタンドが小型化、ケーブルがより邪魔になりにくくなっています。

‎‎ARZOPA Z1FC:18,988円

リフレッシュレート144Hzな16.1インチモバイルモニターが、通常価格26,488円から29%オフの18,988円となっています。

解像度はFHD(1920×1080)で、色域は100% sRGB、輝度は不明、コントラスト比は1200:1です。
一本足スタンドを内蔵。カバーは別売りです。

VisionOwl L-133:26,980円(+8,000円オフクーポン)

13.3インチの有機ELモバイルモニターが、通常価格26,980円に8,000円オフクーポンで18,980円となっています。
クーポンの割引額が6,000円から8,000円に増えています。

有機ELなので 色域は100% DCI-P3、輝度はちょっと高めの450nits、コントラスト比は10万:1です。
縦置きにも対応した新タイプのU字スタンドを内蔵していて自立可能。

安価な有機ELモバイルモニターにはIntehill「F13NA」(クーポン込み19,800円)などもあり、がじぇっとりっぷ購入済み。
でも、画面はめちゃくちゃきれいなのですが、カバースタンドが使いにくいんですよね…

‎WINTEN WT-133RTO4-BK:29,100円

13.3インチの有機ELモバイルモニターが、通常価格38,800円から25%オフの29,100円となっています。

4K解像度の有機ELモバイルモニターで、SAMSUNG製パネルであることが明記されています。
リフレッシュレートは60Hz、色域は100% DCI-P3、輝度は普通な400nits(IPSに比べると明るめ)、コントラスト比は10万:1です。
光沢(グレア)パネルで、10点マルチタッチ対応

EHOMEWEI E160DSL:34,384円

16インチ2.5Kなモバイルディスプレイが、通常価格42,980円から20%オフの34,384円となっています。

画面は16インチWQXGA(2560×1600)で、QLED(量子ドット)パネルを使用、色域は100% DCI-P3と広色域です。
さらに10点同時マルチタッチ対応のほか、静電容量方式のスタイラスペンに対応(タッチペン同梱)し、筆圧は4096段階、傾き検知は45度となっています。
タッチペンは単6電池動作、プロトコルはMPPです。MPP対応のUSB充電ペンも使えると思われます。

タッチペンについては普通に使えている人と途切れ途切れになる人がいるようで、そのあたりは中華クオリティなようです。

関連リンク

【ストレージ編】1TB 5,980円、2TB 9,980円、4TB 25,500円~
【タブレット編】防水・ペン付きのGalaxy Tab S9FEが60,091円など!
【ミニPC編】ミニLCD内蔵N100機が23,998円!Arc A730M搭載機が114,384円!
【映像・音響編】Amazon初売りでQuest2が39,600円!4K有機ELモバイルモニターが29,100円!
【周辺機器編】軽量モバイルバッテリーが3,199円!USBマグネット充電ケーブルが2,499円など!
【その他編】防災グッズ特集ほかRedmi Smart Band 2が1,990円など!
【周辺機器編②】電動昇降デスクが13,860円!M.2 SSD用の外付けケースが1,980円など!

コメント

タイトルとURLをコピーしました