2月6日のAmazonタイムセール。Ryzen 7 5800H搭載ミニPCが49,440円!

Amazonタイムセール

※表示価格にはタイムセール価格が反映されていない場合があります。ご了承ください。
※通常価格はセール直前価格ではなく、直近三ヶ月程度で一番期間の長かった販売価格です。
※あくまでタイムセールをしている商品の紹介であり、必ずしも似たような製品の中で最安値というわけではありません。

スポンサーリンク

本日のタイムセール

PC・タブレット

Beelink SER5 MAX:52,530円(+3,090円オフクーポン)

Ryzen 7 5800Hを搭載するミニPCが、通常価格61,800円から15%オフ、さらに3,090円オフクーポンで49,440円となっています。

Ryzen 7 5800Hは8コア16スレッド、PassMarkスコアは21,000。3世代前になりますが現役で活躍しています。
メモリは16GB DDR4-3200、ストレージは500GB Gen3 SSD。2.5インチベイあり。
インターフェースはUSB3.2 Gen2が4ポート(内1ポートはType-C)にHDMI2.0、DisplayPort1.4など。有線LANは1GbEです。

周辺機器

LG UltraGear 27GR93U-B:69,800円

LGの中堅クラスのゲーミングモニターが、通常価格90,800円から23%オフの69,800円となっています。

27インチ4K(3840×2160)でリフレッシュレートは144Hz、DisplayHDR 400対応。LGの得意とするNano IPSではなく、通常のIPSです。
色域はDCI-P3 95%、輝度は400cd/㎡、入力はHDMI x2+DP。

内容的には初心者脱出~上級入口くらいが範囲でしょうか。

Alfox AF-PB005:2,549円

ワイヤレス対応のモバイルバッテリーが、通常価格3,399円から25%オフの2,549円となっています。

容量は10,000mAhで、重さは約190g。
インターフェースは1C1Aで、有線出力は最⼤20W、ワイヤレス出力は最大15Wです。

その他

RHESHINE 恐竜 きぐるみ:3,500円~

ティラノの着ぐるみが、通常価格4,318円から19%オフの3,500円からとなっています。
カラーによって値段が異なり、最安はグリーンです。

最近は着ぐるみレースで知名度も高くなっているティラノ着ぐるみですが、結構安いんですね。じゃないとあれだけ買われないか。
身長は150~190cm。USB式のブロワー(電池式モバイルバッテリー付属)を使って内部に空気を送り込み続ける仕組みです。

引き続きタイムセールなもの

PC・タブレット

TRIGKEY G4:28,800円(+8,000円オフクーポン)

Intel N95にメモリ16GBなミニPCが、通常価格32,800円から4,000円オフ、さらに8,000円オフクーポンで20,800円となっています。
Intel N95/N100搭載ミニPCは相場が少しずつ上がっていて、メモリ16GBモデルで2万円切りはなくなり、今はこれが最安値です。

Intel N95は4コア4スレッドで、PassMarkスコアは5400。Core i5-8250Uに近いスコアです。
メモリは16GB、ストレージは500GB M.2 NVMe SSD。
インターフェースはデュアルHDMIなど。有線LANは1GbEです。

GMKtec G2:24,990円

Intel N100を搭載した超コンパクトPCが、通常価格29,900円から16%オフの24,990円となっています。

Intel N100はTDPが6WながらPassMarkスコアは5600オーバー。スコアだけでいうならCore i7-2700K(同5700)と並ぶ、SandyBridgeおじさん泣かせのCPUです。
モバイル系だとCore i5-8250U(同5900弱)が近いです。

メモリはオンボード12GB DDR5-4800、ストレージは512GB M.2 SATA SSD(2242サイズ)。
87×87×39.5mmという、ミニPCの中でもひときわ小型な筐体に、デュアルGbEにトリプル映像出力(HDMI×2+DisplayPort)、トリプルUSB3.0と詰め込まれています。
内部拡張性こそほぼありませんが、スタンドアロンで使うには十分ですし、USBで拡張することもできます。

ストレージ1TBモデルはクーポン込み26,320円です。

GMKtec G3:25,600円(+7,200円オフクーポン)

Intel N100搭載ミニPCが、通常価格25,600円に7,200円オフクーポンで18,400円となっています。

筐体やインターフェースを見る限り、G1と同じボードで、Intel N95からIntel N100に変更、上下を逆にしてファンを底面側に持ってきたもののようです。
メモリやストレージが天面側になったことでメンテナンス性がアップ、ファンを底面側にしたことで静音性がややアップと言ったところでしょうか。

Intel N100はTDPが6WながらPassMarkスコアは5600オーバー。スコアだけでいうならCore i7-2700K(同5700)と並ぶ、SandyBridgeおじさん泣かせのCPUです。
モバイル系だとCore i5-8250U(同5900弱)が近いです。

メモリは8GB(1スロット)、ストレージは256GB、インターフェースはデュアルHDMIに2.5GbE
低消費電力なIntel N100に2.5GbEということで、ちょっとしたサーバーにはちょうどいいかも。

GMKtec Nucbox K1:72,680円(+14,000円オフクーポン)

Ryzen 7 6800Hを搭載したミニPCが、通常価格72,680円に14,000円オフクーポンで58,680円となっています。

Ryzen 7 6800Hは8コア16スレッドで、PassMarkスコアは23,000台
グラフィックはRDNA2なAMD 680Mで、最新(RDNA3)ほどではないものの、内臓グラフィックとしては強力です。

メモリは16GB(8GB×2) DDR5-4800、ストレージは512GB M.2 SSDで、Gen4 SSD対応。
インターフェースはフロントにUSB4、背面にはデュアルHDMIに2.5GbEなど。

5万円台までのミニPCの中では頭一つ抜けた高コスパミニPCじゃないかと。

AOOSTAR PC7840hs-16g:88,900円(+15,000円オフクーポン)

Ryzen 7 7840HSを搭載したミニPCが、通常価格88,900円に15,000円オフクーポンで73,900円となっています。
Ryzen 7 7840HS搭載機は8万円前後が安いのラインなので、7万円台前半はかなり安いです。

Ryzen 7 7840HSは8コア16スレッドのZen4+RDNA3で、PassMarkスコアは29,000弱。
メモリは16GB、ストレージは512GB、フロントにはUSB4あり。
見た目がゲーミングしてますが、90mmファンとSSD用ファンを内蔵し、冷却もよさそうです。

KingnovyPC Box-M1:29,900円

Celeron N5105を搭載したミニPCが、通常価格34,125円から12%オフの29,900円となっています。

75mm角の筐体にクアッド2.5GbEを押し込んだキワモノで、ファイアウォールミニPCと謳われています。
CeleronなのでWindowsも動きますが、OSはファイアウォールOSのpfsenseがインストールされています。

メモリは8GB、ストレージは128GB。M.2 Gen3 SSD(2242)で換装可能です。

ALLDOCUBE iPlay50 mini Pro NFE:26,999円(+4,000円オフクーポン)

iPlay50 mini ProにWidevine L1版が登場、通常価格26,999円に4,000円オフクーポンで22,999円となっています。
NFEはおそらく、Netflix Editionの略と思われます。

【レビュー】 ALLDOCUBE iPlay50 mini Pro:不満点は残るものの、現状の8インチクラスの決定版!なタブレット

基本仕様はiPlay50 mini Proと変わらず、Helio G99、メモリ8GB(+拡張8GB)、ストレージ256GB、8.4インチWUXGA(1920×1200)です。
違いはWidevine L1対応で、NetflixもHD画質対応になったこと。一番の弱点が解消されました。残るはモノラルなスピーカーくらい?

なお既存のiPlay50 mini ProについてはアップグレードによるL1化はできないとのこと。

ALLDOCUBE iPlay50 mini:16,999円(+4,000円オフクーポン)

非Proな「iPlay50 mini」が、通常価格16,999円に4,000円オフクーポンで12,999円となっています。
同じ8.4インチでもHelio G99+Widevine L1な「iPlay50 mini Pro NFE」が爆発的な人気となっていますが、その陰に隠れてこっちもひそかにランキング上位にいますね。安いんだもの。

「iPlay50 mini」はがじぇっとりっぷでもレビューしています。

【レビュー】ALLDOCUBE iPlay50 mini:軽量コンパクトで性能も悪くないけど上位機に人気を奪われた不憫タブレット

SoCはUNISOC T606。AnTuTu(v9)では総合23万点、グラフィック3万点弱程度のミドルロークラス。
メモリは4GB、ストレージは64GB。重さは295gと300g切りでかなり軽量。Widevine L1対応です。

とにかく軽いし、非ゲームであればカクツキもないのですが、ストレージが少ないのがちょっとネックです。

Headwolf HPad5:24,500円(+1,600円オフクーポン)

11月に発売されたタブレットが、通常価格31,999円から24%オフ、さらに1,600円オフクーポンで22,900円となっています。

SoCのHelio G99は、AnTuTu(v9)スコアが総合35万点、グラフィックが8.5万点。性能的には原神が画質”中”でプレイできる程度です(負荷は”非常に高い”になりますが)。
メモリは8GB(+拡張8GB)、ストレージは128GB、画面は10.5インチWUXGA(1920×1200)
Helio G99ながらWidevineはL1で、NetflixのHD再生にも対応

バッテリーは8,500mAhで30Wの急速充電に対応
Helio G99タブレットとしてもやや安めな上に付加価値が大きく、動画視聴勢におすすめです。

TECLAST T50:23,920円(+2,020円オフクーポン)

UNISOC T616を搭載した11インチタブレットが、通常価格29,900円から20%オフ、さらに2,020円オフクーポンで21,900円となっています。

T616はAnTuTu(v9)で25万~27万点程度、グラフィックは3万~4万点の(2024年基準だと)エントリーハイクラスにあたるSoCです。
最近はこのクラスでもウェブサーフィンや動画視聴といったゲーム以外の用途には十分な性能を持っています。
メモリは8GB(+拡張8GB)、ストレージは256GB、画面は11インチ2000×1200でWidevineはL1。さらにNetflix認証(1080p再生)も取っています。

バッテリーは7,500mAh、スピーカーは上下方向のクアッドスピーカー。動画視聴向けですね。

周辺機器

PICO 4:41,649円

VRヘッドセットのPICO 4が、通常価格49,000円から15%オフの41,649円となっています。
Meta Quest 2のライバルとして、結構人気が高い機種ですが、Quest 2の大幅値下げで微妙な立場に…

メモリ8GB、解像度は4320×2160(片目当たり2160×2160)、リフレッシュレートは90/72Hz、瞳孔間距離は58~72mm(無段階)。
対するQuest 2はメモリ6GB、片目当たり1,832×1,920、リフレッシュレート60H/72/90/120Hz、瞳孔間距離は58/63/68mm。

特に無段階の瞳孔間距離調節は評価が高いです。
がじぇっとりっぷはQuest 2を所有していますが、この瞳孔間距離が微妙に合わないんですよね…

また、Quest 2はすべてがゴーグル部にあるので重心位置が悪いのに対し、PICO 4は後頭部にカウンターウェイトがあり、顔面にかかる重さが軽減されています。
数少ない弱点は、公式アプリストアにBeat Saberがないことくらいでしょうか(OculusLinkに相当するPICO Linkがあるので、PCのSteam経由でなら遊べます)。

created by Rinker
PICO
¥49,000(2024/02/26 02:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

Meta Quest 2:39,600円

オールインワンVRヘッドセットのMeta Quest 2が1月1日に値下げ、47,300円だったものが39,600円になりました。
発売時は37,180円でしたが、2022年8月1日に59,400円へと値上げ、2023年6月4日に47,300円へ値下げされたので、今回は2度目の値下げです。

SoCはSnapdragon 865のVR特化モデルとなるQualcomm Snapdragon XR2。
メモリは6GBで、ストレージは128GB。解像度は片目当たり1,832×1,920(最大90Hz)

がじぇっとりっぷも時々使っていますが、重量バランスがいまいちなので、本格的に使うならEliteストラップなどを併用したほうがいいでしょう。

created by Rinker
META
¥2,380(2024/02/26 23:22:56時点 Amazon調べ-詳細)

Intehill U13NA:26,800円(+5,000円オフクーポン)

IGZOパネルを採用したモバイルディスプレイが、通常価格26,800円に5,000円オフクーポンで21,800円となっています。

サイズは13.4インチで解像度は4K+(3840×2400)でアスペクト比は16:10。色域はsRGB 100%、コントラスト比は1500:1、最大輝度は500nitsです。
出荷前にキャリブレーションを実施していて、色校正レポートが同梱されるとのこと。平均ΔEは0.74とかなり低く、色再現度は高めです。

このパネル、ASUS「ROG Flow X13」で使われたものと同じではないかといううわさもあります。(13.4インチ4K+なんて変則的なパネルは世界的にもほぼないというのが根拠ですが、当該モデルのパネル型番を確認したわけではないので真偽は不明)

以前に別製品のレビューでも書きましたが、同じFHD解像度でも4Kの200%表示は段違いで綺麗です。
なので、13.4インチで4Kは細かすぎるのでは…?って人も、4K200%表示前提で購入するのはありだと思います。がじぇっとりっぷもそういう使い方をしています。

【レビュー】InnoView INVPM204:くっきりはっきりが気持ちいい4Kモバイルディスプレイ

VisionOwl L-133:26,980円(+7,000円オフクーポン)

13.3インチの有機ELモバイルモニターが、通常価格26,980円に7,000円オフクーポンで19,980円となっています。

有機ELなので 色域は100% DCI-P3、輝度はちょっと高めの450nits、コントラスト比は10万:1です。
縦置きにも対応した新タイプのU字スタンドを内蔵していて自立可能。

安価な有機ELモバイルモニターにはIntehill「F13NA」(クーポン込み18,800円)などもあり、こちらはがじぇっとりっぷ購入済み。
でも、画面はめちゃくちゃきれいなのですが、カバースタンドが使いにくいんですよね…

QQH Z1-9:14,999円(+6,500円オフクーポン)

15.6インチのモバイルモニターが、通常価格14,999円に6,500円オフクーポンで8,499円となっています。
今まで見たことがないレベルで安いんだけど!?

解像度はFHD(1920×1080)、色域は100% sRGB、輝度は300cd/m2、コントラスト比は1000:1。10bit入力は非対応で1677万色表示。
内容的には一般的な安価なモバイルモニターって感じで、スタンド内蔵型

ひとまず画面を広げたいとか、サブで一台持っておきたいとか、そういうのだったらアリかと。

MINISFORUM i83:15,980円(+4,000円オフクーポン)

ミニPCメーカーのMINISFORUMが発売したメカニカルキーボードが、通常価格15,980円に4,000円オフクーポンで11,980円となっています。
公式ストア価格(13,980円)よりも安くなっています。

Bluetooth、USB無線(2.4GHz)、有線の3ウェイで、赤軸+全キーホットスワップ+Nキーロールオーバー。
ゲーミングミニPCを手掛けるだけあって、かなりこだわっているようです。

Baseus PPCXM06A:3,999円(+1,000円オフクーポン)

マグセーフ/ワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリーが、通常価格3,999円に1,000円オフクーポンで2,999円となっています。

容量は6,000mAh。サイズは98×64×16mm。スマホよりちょっと幅が狭いくらいです。
Type-Cは20Wまでの出力に対応。マグセーフは7.5W出力、ワイヤレス充電は15W
パススルーにも対応し、普段はワイヤレス充電器として使用することができます。

Baseus BladeHD:11,800円(+4,000円オフクーポン)

100W出力に対応したモバイルバッテリーの新製品が、通常価格11,800円に4,000円オフクーポンで7,800円となっています。

容量は20,000mAhで、厚さが18mmと薄く、重さは455gと比較的軽量。
2C2Aで、単ポート最大100W、同時利用で65W+30W。組み合わせ(C1+A1、C2+A2)によっては合計15Wまでしか出ません。
本体への入力は最大60W。パススルー充電にも対応しています。

玄人志向 GG-RTX3060-E12GB/OC/DF:39,791円

セール品とはちょっと違いますが。
デスクトップ向けのGeForce RTX 3060が4万円切りの39,791円となっています。
いつの間にか4万円切りが常態化していたとは…

メモリ12GBモデルで、ゲーミング界隈では4000シリーズに移行しつつありますが、生成AI界隈では今でも根強い人気を誇っています。
保証は3年です。

※その他の出品者から「Amazon.co.jp」を選択してください

その他

DJI Osmo Action 3:36,300円

DJIのアクションカメラが、通常価格39,929円から10%オフの36,300円となっています。

1/1.7インチセンサーで、4K/120fps撮影に対応。画角は超広角155° FOVです。
バッテリーは最大160分の撮影。-20℃の環境でも最大150分とされています。
また、ケースなしで水深16mまでの撮影にも対応。

また、センサーが1/1.3インチに大型化し、水深18mに防水性がアップしたDJI Osmo Action 4も25%オフの44,000円となっています。

BLUETTI AC2A:29,800円(+10,000円オフクーポン)

BLUETTIのポータブル電源の2023年モデルが、通常価格29,800円に10,000円オフクーポンで19,800円となっています。
セールされるのは初売り以来です。

容量は204WHr、出力は300W。
最新モデルだけあって100W PDに対応していたり、スマホアプリに対応していたりします。
入力は最大270Wで、満充電まで最短70分、80%なら40分で充電できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました