メモリが多い…? VAMRS「TB-RK3399Pro(Toybrick RK3399Pro)」はNPU付きのRK3399Pro搭載でメモリ最大6GB

2018年12月11日、VAMRSが機械学習向けのRockchip RK3399Proを搭載した「TB-RK3399Pro(Toybrick RK3399Pro)」を発表、2019年1月20日に予約を開始しました。

スポンサーリンク

スペック

model TB-RK3399Pro
メーカー VAMRS
発売日
価格 249ドル(3GB)
299ドル(6GB)
価格(日本円)
CPU Rockchip RK3399 Pro(6コア)
(1.8GHz A72 x2 + 1.4GHz A53 x4)
GPU Mali-T860 MP4
メモリー 3GB/6GB
サポートOS Android
Linux
有線LAN 1GbE x 1
Wi-fi
Bluetooth
チップ
ストレージ 16GB/32GB eMMC
microSD
USB 3.0 x 1(Type-C)
3.0 x 1
2.0 x 2
GPIO 40pin x 1
映像 HDMI(2.1)
DP(1.2)
MIPI-DSI x 1
eDP
カメラ MIPI-CSI x 2
オーディオジャック
その他インターフェース miniPCIe
PCIe x4
RS232(pin)
消費電力
電源 DC
145mm
奥行き 106mm
高さ
その他

特徴

“Rockchip RK3399Pro”は多くのSBC(シングルボードコンピューター)に搭載されている”RK3399″に機械学習用のNPU(Neural-network Processing Unit)を追加したものです。
このNPUは8ビットおよび16ビット演算をサポート、TesorFlow/TensorFlow lite/Caffeに対応し、処理能力は3.0TOPSとなっています。
“RK3399Pro”のスペックシート上では2.4TOPSなのですが、アップデートされたのでしょうか?

また、”RK3399″との違いは他にもあり、USB3.0が2系統から1系統に、Type-Cも2ポートから1ポートに削減されています。

“Rockchip RK3399Pro”搭載機はこれが初ではなく、Khadas「Edge-1S」が2018年11月にクラウドファンディングで登場しています。

Pine64「RockPro64」も”RK3399Pro”搭載モデルを予告していましたが、実現しませんでした。
これはもともと”RK3399 Pro”が”RK3399″互換を予定されていたのですが、その方針が変更され、”RK3399″のチップサイズが22mm×22mmなのに対し、”RK3399 Pro”は27mm×27mmとなり、再設計が必要だったためでした。

そんな”RK3399Pro”を搭載する「TB-RK3399Pro」ですが、特徴はそれだけではありません。

まず、メモリの選択肢が他のRK3399機と違い、3GBと6GBとなっています。ストレージは3GB版は16GB、6GB版は32GBです。

メモリ6GBはがじぇっとりっぷの知る限り初となります。
“Rk3399″はメモリは最大4GBとなっていますが、明らかにオーバーしています。
NPUが512MB以上の専用RAMを必要とするために、搭載可能容量を増やしたのではないかと推測されますが、記事執筆時点で公式データシートなどは見つかりませんでした。

正直4GB以上の搭載は怪しいなぁと思うのですが、実際それで予約販売されているわけですし、同じく”RK3399Pro”を搭載し、8GBメモリを搭載する「Rock960 Enterprise Edition」の計画がありましたので、4GB以上搭載可能となる可能性は高そうです

「TB-RK3399Pro」のインターフェースです。

「TB-RK3399Pro」で不思議なのが、PCIe x4スロットとminiPCIeスロットを備える点です。
“Rk3399″はPCIe2.1が4レーン(x4)で、”Rk3399 Pro”で増えたという話は聞かないので、内部的にはx2+x2で割り振っているのでしょうか?

それ以外は標準的な”RK3399″機と変わりありません。
Wi-fiについての記載がないのですが、画像にはモジュールが載っており、アンテナ端子がひとつ付いているので、802.11ac
(1×1)ではないかと思われます。

サイズは145mm×106mmとかなり大柄です。
クレカ2枚分で大きいと言われた「ROCKPRO64」で133mm×80mmなので、更に一回り大きいですね。

パッケージには電源アダプタとアクリルケースが含まれています。
アクリル板はピンの部分が削られているので、GPIOを使用する際にも邪魔にはなりません(PCIeは延長ケーブルが必要そうですが)。

まとめ

VAMRSは「Rock960」や「Sapphire Excavator Board」を手がけたSBCメーカーで、96rocks.comの運営元でもあります。

最初の”RK3399Pro”機となったKhadas「Edge-1S」はファンディングが終了した現在もステータスが”開発中”となっており、実際に手にできる製品としては「TB-RK3399Pro」が初となりそうです。

その「TB-RK3399Pro」の価格ですが、3GBメモリ+16GB eMMCで249ドル(約27,300円)、6GB+32GBで299ドル(約32,800円)となっています。

SBCとしてみた場合はちょっと高額な部類に入りますが、機械学習系の開発用としては安いんじゃないかと思います。

関連リンク


Rock960(4GB mem) (amazon)

TOYBRICK RK3399PRO BOARD IS PRE-ORDER NOW – リリースノート
Rockchip Toybrick RK3399PRO Board – 販売ページ
RK3399Pro プロダクトページ – Rockchip
Rockchip RK3399 Datasheet – Rockchip wiki ※pdf