Rockchip

シングルボード

2GBで25ドルから。Radxa「ROCK 3C」はRK3566搭載でM.2 SSD対応なSBC

シングルボード

30ドルスタート。Radxa「ROCK 5C/5C Lite」はボードは同じでSoCが異なる兄弟SBC

シングルボード

ラズパイサイズに小型化。「Orange Pi 5 Pro」は60ドルからのM.2 SSD対応なRK3588S搭載SBC

シングルボード

M.2 SSD対応の中では最小? FriendlyELEC「NanoPi R6C」は85ドルからのRK3588S搭載SBC

シングルボード

実は結構変わってる。 FriendlyELEC「NanoPC-T6 LTS」はLTE非対応になってUSB追加。

シングルボード

密度がすごい。 Banana Pi「BPI-M7」はRK3588にデュアル2.5GbEにM.2スロットで92×62mmのミニサイズ

シングルボード

これは良き進化。FriendryELEC「NanoPi R2S Plus」はWi-fiとeMMCを足して30ドルから

シングルボード

合体前提。 Firefly「ROC-RK3588-RT」は3ポートLAN(合体したら7ポート!)なRK3588搭載SBC

シングルボード

出るまで2年かかった。 Radxa「Rock 3B」はRK3568搭載で51ドルからのPico-ITXフォームファクタSBC

シングルボード

日本でも使いやすそう。 youyeetoo「R1」は99ドルからのRK3588S搭載SBC

シングルボード

コンパクト化したよ。 Hardkernel「ODROID-M1S」は「M1」の性能をあまり変えずサイズがほぼ半分に

シングルボード

最安15ドルから!Radxa「Zero 3W」は8GB+64GBでも65ドルなRK3566搭載SBC

シングルボード

IoT向け。 Banana Pi「BPI-P2 Pro」はPoEモジュール標準搭載で31ドル

レビュー

【レビュー】 Blackview Tab 8 Wifi:使い方に悩む変わり種SoC搭載タブレット

タイトルとURLをコピーしました