価格が気になる… Xunlong Software「Orange Pi 5」はメモリ最大32GBなRK3588S搭載SBC

シングルボード

2022年7月15日、SBC(シングルボードコンピューター)メーカーのXunlong Softwareは、Rockchip RK3588Sを搭載したSBC「Orange Pi 5」を発表しました。

スポンサーリンク

スペック

■ Orange Pi 5
CPURockchip RK3588S
メモリ4~32GB LPDDR4/4x
ストレージ32GB eMMC
インターフェースUSB Type-C(3.0)×1
USB 3.0×1
USB 2.0×2
HDMI
1GbE 有線LAN
microSDXC
オーディオジャック
wi-fi802.11ax+BT5.0
サイズ100×62mm

モデル名Orange Pi 5
メーカーXunlong
発売日2022/07
価格
価格(日本円)
CPURockchip RK3588S (8コア)
(2.4GHz A76×4 + 1.8GHz A55×4)
GPUMali-G610 MP4
NPU6.0TOPS
メモリー4~32GB LPDDR4/4x
サポートOSAndroid 12
Debian 11
有線LAN1GbE x 1
Wi-fi802.11ax
Bluetooth5
チップYT8531B
AP6275P
RK806-1
ストレージmicroSD
32GB eMMC
USB3.0 x 1
3.0 x 1(Type-C)
2.0 x 2
GPIO26pin x 1
映像HDMI(2.1 8K/60Hz)
MIPI-DSI (4lane) x 2
カメラMIPI-CSI x 1
MIPI D-PHY x 2
オーディオジャック
mic x 1
その他インターフェースUART
消費電力
電源DC 5V/4A
Type-C 5V/4A
100mm
奥行き62mm
高さ
その他

特徴

「Orange Pi」シリーズは名前から分かるように、Raspberry PiクローンがスタートのSBCシリーズです。
名前に”Pi”とあるものの互換性などは全く意識していないようで、インターフェース配置はかなり好き放題だし、ボードサイズも全く異なっています。

明らかにクローンだなぁって言えるのは、(SBCに分類していいのかも微妙な)「Orange Pi 800」くらいかもしれません。

予想外のパターンで来たな…Xunlong「Orange Pi 800」はRK3399搭載なキーボード型SBC

SoCについて

「Orange Pi 5」のSoCはRockchip社のRK3588S
フラグシップSoCの世代交代ということで、各社からRK3588/RK3588S搭載ボードの発表が相次いでいて、「Orange Pi 5」もその一つとなります。

がじぇっとりっぷが紹介した中ではFirefly 「ROC-RK3588S-PC」が同じSoCを採用していますね。

小型で高性能。Firefly 「ROC-RK3588S-PC」はNVMe SSDが使えるRK3588S搭載SBC

RK3588SはRK3588の小型版で、CPU/GPU/NPUはそのままながら、インターフェース周りが簡素化されています。

RK3588SRK3588
CPUCortex A74 ×4
Cortex A55 ×4
GPUMali-G610 MP4
NPU6TPOPS
メモリLPDDR4x/LPDDR4/LPDDR5
最大32GB
映像出力HDMI 2.1/eDP ×1
DisplayPort ×1
MIPI DSI ×2
HDMI 2.1/eDP ×2
DisplayPort ×2
MIPI DSI ×2
映像入力48MP ISP
MIPI CSI 4×2lane
DVP
48MP ISP
MIPI CSI 4×2lane
DVP
HDMI-IN (4K/60Hz)
ネットワーク1GbE ×11GbE ×2
USBUSB3.1 Gen1(OTG) ×1
USB3.1 Gen1(HOST) ×1
USB2.0 (HOST) ×2
USB3.1 Gen1(OTG) ×2
USB3.1 Gen1(HOST) ×1
USB2.0 (OTG) ×2
PCIePCIe 3.0 x4
Combo PIPE2ポート3ポート
低速I/OSPI ×5
I2C ×9
UART/GPIO ×10
12bit ADC
CAN bus ×3
SPI ×5
I2C ×9
UART/GPIO ×10
12bit ADC
サイズ17×17mm21.45×21.45mm

参考 RK3588S データシート:CNS Software ※PDF

性能比較としてはSnapdragon 855の2倍、Snapdragon 888のちょっと下くらいで、AnTuTu(v9)では54万点を叩き出したようです。
GeekBench5では2000点オーバー。近いのはCore i3-1005G1で、旧世代のSBCでよく使われていたRK3399比だと、ざっと3倍です。

メモリとストレージ

メモリは4~32GBのLPDDR4/4x。規格が定まっていないのは、容量によって違うものと思われます。
しかし、RK3588/RK3588S搭載ボードでもメモリ16GBまで(あるいは32GBは要問合せ)の製品が多い中、メモリ32GBを明記しているのは素晴らしいですね。
これ、カスタムなしでも買えるようになるのでしょうか?

ストレージは32GB eMMC
こちらはメモリ容量にかかわらず固定です。

OSのイメージサイズが変わるわけでもないのに、メモリ量によってストレージ容量が増えるのってコストの無駄だと思っていたので、これはありがたいですね。
欲を言うならメモリとストレージの容量の組み合わせを好きにカスタマイズできたらベストですが…それこそコスト増につながりますし。

そういう点では最初からeMMCを外付けにしている「Rock 5」などは賢いと言えます。

ついにメモリ16GBに!Radxa「ROCK 5B」はRK3588搭載のPico-ITXサイズSBC

その他

無線LANは802.11ax(Wi-fi 6)対応で、モジュールはSparkLAN AP6275P、チップはBroadcom BCM43752です。
内部接続はPCIeで、転送速度は1.2Gbpsです。

有線LANは1GbEでチップはYT8531B。
型番的にMotorcommっぽいですが、検索してもヒットしません。おそらくはYT8531C(「Orange Pi 4 LTS」に使われたLANチップ)の姉妹品と思われます。

やっぱりか… Xunlong Software「Orange Pi 4 LTS」は中華チップになって55ドルから

電源はDC 5V4Aで、Type-CからのUSB PD給電にも対応しています。

外観

インターフェースです。
PMU(電源管理チップ)周りが整然として美しいですね。

構成としては割とシンプルで、GPIOが26ピンと少なめです。
映像出力はHDMI(8K対応!)にType-C(DisplayPort出力)、MIPI-DSIが表裏にひとつづつの4系統を持っています。

背面です。こちらはインターフェースはほとんどありません。
サイズは100×62mmと、クレカサイズより一回り大きいです。

RK3588/RK3588S搭載機はM.2スロットがある印象でしたが、ストレージもWi-fiもオンボードで済ませてしまうスタイルなので、スロットがありません。
日本だと技適がなくて困るパターンなんですよね…

GPIOのpin配置です。

まとめ

「Orange Pi 5」の価格はまだ公開されていません。
内容的には、4GBモデルで200ドルを切るくらいじゃないかなぁと予想しています。

全部入りな点は評価できますし、メモリ32GBモデルが一般販売されたらアツいんですけどね。
せっかくだから100×62mmと一回り大きいサイズを生かしてもう一捻りほしかったと思わなくもありません。
まぁ、RK3588系はどこもノウハウがないので、仕様・構成はどこも手探り状態なので、なかなか難しいところだとは思いますが。

関連リンク

Orange Pi 5:orangepi.org

コメント

タイトルとURLをコピーしました