小型で高性能。Firefly 「ROC-RK3588S-PC」はNVMe SSDが使えるRK3588S搭載SBC

シングルボード

2022年4月19日、FireflyはRockchip RK3588Sを搭載したSBC(シングルボードコンピューター)、「ROC-RK3588S-PC」を発売しました。

スポンサーリンク

スペック

■ ROC-RK3588S-PC
CPURockchip RK3588S
メモリ4~16GB
ストレージ32~128 eMMC
インターフェースUSB Type-C(Gen1)×1
USB 3.0×1
USB 2.0×1
HDMI
microSDXC
1GbE 有線LAN
オーディオジャック
wi-fi802.11ac+BT4.2
サイズ90×60mm

モデル名ROC-RK3588-PC
メーカーFirefly
発売日2022/04
価格
価格(日本円)
CPURockchip RK3588 (8コア)
(A76 ×4 + A55 x4)
GPUMali G610 MP4
NPU6.0TOPS
メモリー4〜16GB
サポートOSAndroid 12
Ubuntu
Debian 11
Kylin Linux
有線LAN1GbE x 1
Wi-fi802.11ac
Bluetooth4.2
チップ
ストレージ32~128GB eMMC
M.2 Key-E(2242) x1
microSD
USB3.0 x 1(Type-C)
3.0 x 1
2.0 x 1
2.0 x 2(pin)
GPIO20pin x 1
映像HDMI(2.1 8K/60Hz)
MIPI DSI x 2
DisplayPort(Type-C)
カメラMIPI CSI x 2(2lane)
オーディオジャック
その他インターフェースDebug(3pin)
mic(2pin)
FAN(4pin)
消費電力平均2.25W
最大12W
電源DC 12V
90mm
奥行き60mm
高さ
その他

特徴

SoCはRK3588S

「ROC-RK3588S-PC」のSoC(System on Chip)はRockchip RK3588の小型版となるRK3588Sです。

性能に影響するCPU/GPU/NPUはそのままながら、インターフェース周りが簡素化されています。
さらにパッケージサイズを21.45×21.45mmから17×17 mmに小型化、より小型のボードに実装しやすくなっています。小型ボードなら搭載できるインターフェースも限られていますしね。

RK3588SRK3588
CPUCortex A74 ×4
Cortex A55 ×4
GPUMali-G610 MP4
NPU6TPOPS
メモリLPDDR4x/LPDDR4/LPDDR5
最大32GB
映像出力HDMI 2.1/eDP ×1
DisplayPort ×1
MIPI DSI ×2
HDMI 2.1/eDP ×2
DisplayPort ×2
MIPI DSI ×2
映像入力48MP ISP
MIPI CSI 4×2lane
DVP
48MP ISP
MIPI CSI 4×2lane
DVP
HDMI-IN (4K/60Hz)
ネットワーク1GbE ×11GbE ×2
USBUSB3.1 Gen1(OTG) ×1
USB3.1 Gen1(HOST) ×1
USB2.0 (HOST) ×2
USB3.1 Gen1(OTG) ×2
USB3.1 Gen1(HOST) ×1
USB2.0 (OTG) ×2
PCIePCIe 3.0 x4
Combo PIPE2ポート3ポート
低速I/OSPI ×5
I2C ×9
UART/GPIO ×10
12bit ADC
CAN bus ×3
SPI ×5
I2C ×9
UART/GPIO ×10
12bit ADC
サイズ17×17mm21.45×21.45mm

参考 RK3588S データシート:CNS Software ※PDF

性能面ではRKK3588SのデータはないのでRK3588で見ると、RK3399のざっと3倍です。

比較としてはSnapdragon 855の2倍、Snapdragon 888のちょっと下くらいで、AnTuTu(v9)では54万点を叩き出したようです。
GeekBench5では2000点オーバー。近いのはCore i3-1005G1です。

参考 GeekBench4 Search
参考 GeekBench5 Search
参考 Rockchip RK3588 benchmarks:CNX Software

メモリとストレージ

メモリは4GBから16GB、スペックシートの説明がいまいちで規格は不明です。
オプション(という名のカスタムオーダー)でメモリ32GBも可能なようです。

ストレージは32GBから128GB eMMC
これとは別にmicroSDスロットおよび2242サイズのM.2 SATA/NVMe SSDスロットを持っています。

その他

無線LANは802.11ac(Wi-fi 5)に対応。Bluetoothは4.2です。
ただし、技適を取得することはないと思うので、国内での使用は原則として禁止されます。使用する場合には特例制度の申請が必要です。

参考 技適未取得機器を用いた実験等の特例制度:総務省

有線LANは1GbEが1ポート。この辺りはSBCとしてはありふれています。

電源は12V入力(5.0×2.1mmジャック)で、画像を見る限りではラウンドジャックではなく、スクエアジャックのようです。

マニュアルはかなりしっかりしていて、Android、Ubuntuそれぞれにインストール方法を丁寧に解説、NPUの使い方も説明されています。

外観

インターフェースは左右をメインにめいいっぱいに実装。
こういっては何ですが、デザイン面ではいつもいまいち(よく言うと実用第一)なFireflyにしては見た目が美しいですね。

スペースがなかったのか間違いが起こらないようにしたためか不明ですが、右下に電源ボタン、USB3.0の背後にリセットボタン、オーディオジャックの後ろにリカバリーボタン、中央やや左にMASKROMボタンと、ボタン位置がバラバラです。
アンテナ端子はWi-fi用の一つだけです。

サイズは90×60mm。ラズパイ(85×56mm)より半回り大きい程度です。
なので実装の詰め込み方がすさまじいというか、右下の電源チップ周りとかパズルのようになっています。

パッケージです。
本体におまけとして電源アダプタやファン、アンテナなどがセットとなっています。

まとめ

「ROC-RK3588S-PC」の価格は以下の通り。

4GB/32GB:219ドル (約30,400円)
8GB/64GB:299ドル (約41,500円)
16GB/128GB:409ドル (約57,000円)

性能を考えるとこのくらいの価格でもおかしくないのですが、SBCとしては結構高額です。
電源アダプタが20ドル、ファンが30ドルと考えれば、4GB/32GBは本体が169ドルですね。

ただ、半回り大きくRK3588を搭載したRadxa 「ROCK5」が、ストレージなしとはいえ16GBで220ドルであることを考えるとやっぱり高いかなぁ…

ついにメモリ16GBに!Radxa「ROCK 5B」はRK3588搭載のPico-ITXサイズSBC

関連リンク

ROC-RK3588S-PC:Firefly
ROC-RK3588S-PC Manual:Firefly

コメント

タイトルとURLをコピーしました