2023年最強候補? Radxa「Rock 5A」はRK3588S搭載でラズパイサイズに

シングルボード

2023年1月22日、Radxaは公式フォーラム上でRockchip RK3588Sを搭載したSBC「ROCK 5A」を公開、事前予約の受付を開始しました。

スポンサーリンク

スペック

モデル名Rock 5A
メーカーradxa
発売日2023/01
価格99ドル(4GB)
119ドル(8GB)
159ドル(16GB)
価格(日本円)
CPURockchip RK3588S (8コア)
(2.4GHz A76×4 + 1.8GHz A55 x4)
GPUMali G610 MC4
NPU6TOPS
メモリー4〜16GB LPDDR4x
サポートOS
有線LAN1GbE x 1
(PoE対応)
Wi-fiM.2 Key-E
Bluetooth
チップ
ストレージmicroSD
eMMC
USB3.0 x 2
2.0 x 2
GPIO40pin x 1
映像HDMI(micro) x2
MIPI-DSI
カメラMIPI-CSI x 1(4lane)
オーディオジャック
その他インターフェースRTCコネクタ
消費電力
電源Type-C
85mm
奥行き56mm
高さ
その他

特徴

「ROCK 5A」は2022年に発売された「Rock 5B」の兄弟機のような名前ですが、Raspberry PiシリーズのようにWi-fiの有無でAとBを分けているとかではなく、全くの別物です。

ついにメモリ16GBに!Radxa「ROCK 5B」はRK3588搭載のPico-ITXサイズSBC

まずサイズからして「Rock 5B」は100×72mmなのに対し、「Rock 5A」は85×56mm(推定)と一回り小さいラズパイサイズとなっています。
どっちかと言えば「ROCK Pi 4C Plus」の後継機ですね。

よりラズパイっぽく。Radxa「ROCK Pi 4 Model C+」は完全新設計なRK3399-T搭載SBC

というか、Radxaって”Pi”の付くラズパイ風SBCと、”Pi”の付かない非ラズパイ風に路線を分けていたはずなのに、いつの間にか全モデルから”Pi”が消えています。いつ方針変わったんだろ?

SoC

「Rock 5A」のSoCはRockchip RK3588Sです。
「Rock 5B」はRockchip RK3588でしたが、さすがにパッケージサイズの小さい”S”付きになりました。

RK3588SRK3588
CPUCortex A76 ×4
Cortex A55 ×4
GPUMali-G610 MP4
NPU6TOPS
メモリLPDDR4x/LPDDR4/LPDDR5
最大32GB
映像出力HDMI 2.1/eDP ×1
DisplayPort ×1
MIPI DSI ×2
HDMI 2.1/eDP ×2
DisplayPort ×2
MIPI DSI ×2
映像入力48MP ISP
MIPI CSI 4×2lane
DVP
48MP ISP
MIPI CSI 4×2lane
DVP
HDMI-IN (4K/60Hz)
ネットワーク1GbE ×11GbE ×2
USBUSB3.1 Gen1(OTG) ×1
USB3.1 Gen1(HOST) ×1
USB2.0 (HOST) ×2
USB3.1 Gen1(OTG) ×2
USB3.1 Gen1(HOST) ×1
USB2.0 (OTG) ×2
PCIePCIe 3.0 x4
Combo PIPE2ポート3ポート
低速I/OSPI ×5
I2C ×9
UART/GPIO ×10
12bit ADC
CAN bus ×3
SPI ×5
I2C ×9
UART/GPIO ×10
12bit ADC
サイズ17×17mm21.45×21.45mm

CPU/GPU/NPU構成はRK3588と同じで、インターフェース周りが簡素化されています。

CPUは4コア2.4GHz Cortex-A76+4コア1.8GHz Cortex-A55、GPUはMali-G610 MP4、NPUは6.0TOPSとされています。

参考 RK3588S データシート:CNS Software ※PDF

性能はGeekBench5では2000点オーバー。近いのはCore i3-1005G1で、旧世代のSBCでよく使われていたRK3399比だと、ざっと3倍です。

“S”なしRK3588のものでサンプル数は3しかありませんが、PassMarkスコアは6000オーバーなので、Celeron N5095(スコア4000)よりも高性能で、Core i5-8250U(スコア5905)と同等ですね。

同じく”S”なしRK3588では、AnTuTu(v9)では54万点を叩き出しています。これはSnapdragon 855の2倍、Snapdragon 888のちょっと下くらいです。

参考 GeekBench4 Search (RK3588S)
参考 GeekBench5 Search (RK3588S)
参考 PassMark – Rockchip RK3588
参考 Rockchip RK3588 benchmarks:CNX Software

メモリとストレージ

メモリは4GBから16GBのLPDDR4x

ストレージはeMMCもしくはmicroSDです。
M.2 Key-E対応のM.2 SATA SSDも使えます。

その他

無線LANはオンボード非搭載で、M.2 Key-Eで対応

有線LANは1GbE。チップはRealtek RTL8211Fです。
「Rock 5B」はSBCで2.5GbEってのが一つのポイントだったので、ここは頑張って欲しかったところ。

汎用のCAN busを使っていない感じなので、行けそうなものですが…

外観

「Rock 5A」の公開されている画像はこの2枚だけです。
microHDMI×2など、インターフェース配置は「Raspberry Pi 4」準拠となっています。

ディスプレイ出力(MIPI-DSI)とカメラ入力(MIPI-CSI)ではコネクタが違う点に注意。
MIPI-CSIは4レーンまたは2レーン×2として使うことができるとのこと。

電源管理チップはradxaのオリジナルらしきチップが搭載されています。
これ、「Rock 4」にも使われています。

まとめ

「Rock 5A」は「Rock 5B」でも行った、5ドルのR3コード(Radxa ROCK5 Redeem Code)を購入するという形で予約を受け付けています。発送は2023年2Qの予定。
本来の価格と予約価格は以下の通り。

・メモリ4GB:99ドル → 69ドル
・メモリ8GB:119ドル → 89ドル
・メモリ16GB:159ドル → 129ドル

価格は「Rock 5B」より30ドル安くなっています。RK3588とRK3599Sの調達価格の差や2.5Gb → 1GbEのダウングレードを考えると、30ドル差は納得できますが…安いですねぇ…

メモリ4GBモデルとか、RK3399搭載SBCと変わらない価格なんですけど?それでいて性能は3倍とか。

これ、量産が進めばこれまでのラズパイフォームファクタなSBCを駆逐するんじゃなかろうか。
少なくとも「Raspberry Pi 4」スタイルは安価で低スペックなものくらいしか生き残れなさそう。あとは「Pi 3」スタイルとか。

販売経路が薄いのが弱点ですが、独自スタイルの「Rock 5B」と合わせて、2023年のSBC界隈を席巻しそうな気がします。

関連リンク

Introduce ROCK 5A – Gift for the year of rabbit:Radxa forum
Rock5 Model A Pre-order:AllnetChina

コメント

  1. 匿名 より:

    途中からRock5AがRock5Bになっているような?

    • がじぇっとりっぷ より:

      コメントありがとうございます。
      本当ですね。修正いたしました。

      ご指摘ありがとうございした。

  2. 匿名 より:

    NPUの演算能力は6TOPSですね?

    • がじぇっとりっぷ より:

      ご指摘ありがとうございます。
      TPOSとなっていた部分を修正いたしました。

タイトルとURLをコピーしました