USBをいっぱい繋ぎたい人用。 Xunlong「Orange Pi 3」はAllWinner H6と4ポートのUSB3.0を搭載

2019年1月19日、SBC(シングルボードコンピューター)メーカーの一つであるShenzhen Xunlong Softwareが、「AllWinner H6」を搭載したSBC「Orange Pi 3」を発売しました。

スポンサーリンク

スペック

model Orange Pi 3
メーカー Xunlong
発売日 2019/01
価格 29.9ドル(1GB mem)
34.9ドル(2GB mem)
価格(日本円)
CPU AllWinner H6 V200(4コア)
(1.8GHz A53 x 4)
GPU Mali-T720 MP2
メモリー 1GB/2GB LPDDR3
サポートOS Android 7.0
Ubuntu
Debian
有線LAN 1GbE x 1
Wi-fi 802.11ac (1×1)
Bluetooth 5.0
チップ RTL8211
AP6256
AXP805
ストレージ microSD
8GB eMMC(オプション)
USB 3.0 x 4
2.0 x 1
GPIO 26pin x 1
映像 HDMI(2.0a 4K/60Hz)
カメラ
オーディオジャック
mic x 1
その他インターフェース mPCIe
IR receiver
消費電力
電源 DC 5V/2A
90mm
奥行き 64mm
高さ
その他 重量:75g

特徴

「Orange Pi 3」には中国広東省珠海市の珠海全志科技股份有限公司(Allwinner Technology Co. Ltd.)が開発しているH6プロセッサが搭載されています。
アーキテクチャとしてはCortex A53を4コア搭載しており、Rockchip社の「RK3328」やAmlogic社の「S905X」と同じ構成となります。
とはいえ、動作周波数は「AllWinnner H6」のほうが高く、グラフィックチップも新しい物を使っているので、全体性能としては「RK3328」や「S905X」よりやや高くなっています。
要は「Rock64 Media Board」相当ということです。

「AllWinnner H6」の構成図です。
注目するのは左下で、PCIe2.0の記載があります。
とはいっても1レーンのみなので、PCIe2.0 x1スロットかminiPCIeまでとなります。「Orange Pi 3」ではminiPCIeスロットを採用しています。

そんな「AllWinnner H6」を搭載した「Orange Pi 3」ですが、大きさは90mm×64mmとクレジットカード(85.60mm×53.98mm)からはみ出す程度の大きさとなっています。

はみ出すといっても画像を見ての通り端子部分がカウント外なので、実際は一回り大きいくらいになりそうです。

「Orange Pi 3」のユニークな点はタイトルにもあるとおり、USB3.0が4ポートあることです。
これはボード上にUSB3.0のハブ用チップを搭載することで実現しています。そのため、全ポート同時に5Gbpsでの送受信が行えるわけではありません。
それでもHDD(100〜150MB/s=800〜1200Mbps)を4つ繋いでも全てフル速度でデータのやり取りが可能です。

ネットワークには有線はギガビットLANポート、無線は802.11 ac対応です。アンテナが1本なので、最大433Mbpsですね。
最近はアンテナ2本の最大866Mbpsも増えてきていますが、そうしなかったのはコストとの関係でしょうか?

eMMCはオプション(+5ドル)となっています。
8GBということでOSを入れるには十分ですが、データはmicroSDカードかUSBストレージに入れる必要がありそうです。

eMMCの上にはmPCIe(miniPCIe)スロットがあり、Wi-fiカードやmSATAボードなどが使えそうです。

GPIOはRaspberry Pi互換の40pinではなく、26pinとなっています。
何気にMIPI CSI/DSIを持っていないので、カメラはUSBのみとなります。というか、USBがいっぱいあるから無理に入れなかったんじゃないかと思います。

変わっているのが電源で、DCジャックとmicroSDの両対応となっています。

ちなみに画像の上側にIR(赤外線)レシーバーが付いているので、水平に置いた場合はHDMIなどの端子類が背面になるのでしょうか。

まとめ

USB3.0が4ポートあるSBCとしては他に「NanoPi M4」がありますが、「NanoPi M4」は「RK3399」を搭載しており、相応の価格(65ドル〜)がします。

それに対して「Orange Pi 3」はメモリ1GBでは半額以下の29.9ドル(約3,300円)、2GBモデルでも34.9ドル(約3,800円)、8GB eMMC付きは+5ドルと、セルフパワータイプのUSBハブくらいの値段となっています。

ACアダプタ(もしくはUSB充電器)は別売りですが、USB HDDをNAS化するのであれば、これ以上の選択肢はないと思います。

関連リンク


Orange Piシリーズ用電源アダプター(5V/3A+USB接続用ケーブル) (amazon)

Orange Pi 3 – 公式サイト
AllWinner H6 – 公式サイト