順当なアップデート! SynologyからNASの新製品 DS118 DS218j DS218play の3機種が登場

今日はいつもより早い時間に更新です、がじぇっとりっぷです。

Synologyより新しいNASが登場しました。発表自体は10月24日に記者説明会が行われていましたが、その時点ではスペックの詳細が不明だったため、がじぇっとりっぷでは記事にしませんでした。その新しいNASが本日発売され、詳細も公開されたので紹介したいと思います。

発売されたのは「DS118」「DS218j」「DS218play」の3機種です。それぞれ「DS116(2016/05発売)」「DS216j(2016/03発売)」「DS216play(2015/10発売)」のアップデート版となり、主な変更点はCPUとなります。DS218playについてはメモリがDDR3からDDR4になりました。

なお、この記事では以降は「DS218j」「DS218play」のみ取り上げ、「DS118」についてはスペック等の記載はいたしません。なぜかといいますと、がじぇっとりっぷとしてはNASはバックアップの役目も持つと考えていますので、耐障害性のない1ドライブ構成というのはおすすめできないからです。

スポンサーリンク

スペック

型番 DS218j DS218play
メーカー Synology Synology
価格 ¥22,300 ¥28,900
発売日 2017/10 2017/10
100 100
高さ 225.5 225.5
奥行き 165 165
CPU Marvell Armada 385
1.3GHz Dual-Core
Realtek RTD1296
1.4GHz Quad-Core
内部フラッシュメモリ
メモリ 512MB DDR3 1GB DDR4
最大メモリ × ×
ホットスワップ × ×
SSD対応 ×
NIC
(1GbE)
1 1
NIC
(10GbE)
LA/PT × ×
USB2.0
USB3.0 2 2
USB type-c
eSATA
PCIe
SDカード
HDMI
4K対応
DisplayPort
S/PDIF
ライン出力
スピーカー
赤外線
レシーバー
ハードウェア
暗号化
ハードウェア
アクセラレーション
× H.265(HEVC),
MPEG-4 Part2,
MPEG-2,VC-1
IPカメラ
(無償)
2 2
IPカメラ
(最大)
14 15
仮想化
(VMWare)
× ×
仮想化
(Windows)
× ×
仮想化
(Citrix)
× ×
仮想化
(OpenStack)
× ×
仮想マシン
(VirtualBox)
× ×
仮想マシン
(Docker)
× ×
対応RAID 0/1/Hybrid Raid 0/1/Hybrid Raid
ファイルシステム EXT4 EXT4
システム
ファン
92mm x 1 92mm x 1
ノイズレベル 18.2dB 19.9dB
Wi-fi
消費電力 17.48W 16.79W
重さ 0.88kg 0.87kg
DTCP+
DTCP-IP
DLNA
iSCSIターゲット 10 10
iSCSI LUN 10 10
ユーザー数 1024 2048
グループ数 256 256
並列接続数 100 200
共有フォルダ 256 256
スナップショット × ×
read性能 113.11 112.83
write性能 112.35 112.1
read性能
(暗号化)
105.67 112.69
write性能
(暗号化)
58.93 112.93
備考

旧世代から変わった部分

比較表より変更のあった箇所の抜粋です。

型番 DS216j DS218j DS216play DS218play
価格 ¥20,684 ¥22,300 ¥28,880 ¥28,900
発売日 2016/03 2017/10 2015/10 2017/10
CPU Marvell Armada 385
1.0GHz Dual-Core
Marvell Armada 385
1.3GHz Dual-Core
STM STiH412 1.5GHz
32bit Dual-Core
Realtek RTD1296
64bit 1.4GHz Quad-Core
メモリ 512MB DDR3 512MB DDR3 1GB DDR3 1GB DDR4
USB2.0 1
USB3.0 2 2 1 2
ハードウェア
暗号化
×
IPカメラ
(最大)
10 14 15 15
ノイズレベル 18.2dB 18.2dB 18.5dB 19.9dB
消費電力 14.85W 17.48W 15.08W 16.79W
重さ 0.88kg 0.88kg 0.88kg 0.87kg
read性能 112 113.11 105 112.83
write性能 98 112.35 82 112.1
read性能
(暗号化)
105.67 112.69
write性能
(暗号化)
58.93 112.93

CPUが新しくなったことで性能が上がった分、地味に消費電力も増えています。
その代わり、read/write性能もかなり上がっていますね。

まとめ

Synologyから発表された「DS218j」「DS218play」は、旧世代製品からの順当なアップデートと言えます。価格もほぼ据え置きなので、今後NASの購入を検討するならば旧世代製品は候補から外すべきでしょう。
しかし、「DS218play」が10g軽くなったのは何が原因なのだろう。。。

関連リンク

DS218jの製品情報
DS218playの製品情報