Western Digitalのストレージ製品ブランド「G-Technology」にHDD4台搭載のDAS「G-SPEED SHUTTLE with Thunderbolt 3」が登場

ノートPCの発表が相次いでまとめが追いついていません、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。

HDDメーカーの1つであるWestern Digitalの自前のストレージ製品ブランドに「G-Technology」があります。当初からWestern Digitalのブランドだったというわけではなく、2004年に設立された企業を2009年に当時日立傘下だったHGSTが買収し、そのHGSTを2012年にWestern Digitalが買収するという経緯を経ています。
恥ずかしながらがじぇっとりっぷはこのブランドの存在を知らず、今回紹介する製品の発表で知った次第です。

スポンサーリンク

DASとは

DASとはDirect Attached Storageの略で、サーバーなどに直接接続するストレージのことです。あなたのPCに内蔵されているHDDやSSDもDASに分類されますし、USBの外付けHDDもDASになります。

つまり、「G-SPEED SHUTTLE with Thunderbolt 3」は単なる外付けHDDということですね。

スペック

インターフェース Thunderbolt 3 x2
転送速度 最大1000MB/s(RAID 0)
対応RAID RAID 0、1、5、10
174.0mm
奥行き 247.6mm
高さ 266.7mm
重さ 7.40kg
対応OS macOS 10.12以降
Windows® 10
Windows® 7(要フォーマット)

特徴

「G|SPEED SHUTTLE with Thunderbolt-3」の特徴はなんといっても大容量かつ高速という点です。最大容量48TB、転送速度最大1000MB/sを謳っており、4K・8Kの映像編集をメインターゲットとしているようです。

特徴のふたつ目がThunderbolt 3端子を2つ備えていることです。
Thunderbolt 3はUSB Type-Cと互換性のある端子形状で、最大転送速度はUSB3.1 gen2の4倍となる40Gbpsです(とはいえ理論値を出すには対応ケーブルを使う必要ありますが)。
40Gbps=5GB/sなので、転送速度は十分ですね。
そしてThunderbolt 3の特徴は、対応製品を数珠つなぎ(デイジーチェーン)にできることです。「G|SPEED SHUTTLE with Thunderbolt-3」も5台までの数珠つなぎに対応しています。
転送速度的にも(規格的にもですが)このくらいの台数が限度ですね。

ちなみに当ブログでしょっちゅう取り上げているNASとは違い、最初からHDDが入った状態での製品となります。

外観

正面を開いたところです。引き出し式ではありますが、ホットスワップが可能かは記述がありませんでした。

裏面です。電源ボタンとリセットボタン、Thunderbolt 3端子に電源端子とシンプルです。
ファンはおそらく120mmと思われます。

上部にわずかにハンドルが見えます。

まとめ

気になる価格ですが、エンタープライズ用のHDDを用いているだけあって、なかなかいいお値段です。
また、今のところ購入できるのはアメリカのみとなっています。

16TB:$1,799.95
24TB:$2,299.95
32TB:$2,799.95
48TB:$3,799.95

今回紹介したのは4-bayでしたが、他に8-bayも販売されています。
また、運搬用に頑丈なケースもラインナップされています(下記画像は8台用のものです)。

庶民にはあまり縁がなさそうな製品ですが、映像系をしている人なら興味が惹かれるのではないでしょうか。

なお、Thunderbolt 3をフルスペックで利用するには対応したケーブルを使用する必要があります。
対応ケーブルにはアクティブとパッシブがあり、アクティブは信号を補正・調整する機能を持っており、2mくらいの長さまでいけますが、USB3.0/3.1やDisplayPortとの互換性がありません。
パッシブはUSB3.0/3.1・DisplayPortも使えますがフルスペックの40Gbpsが出せるのは1m以下のケーブルとなります。製品としては50cmのものが多く、使い勝手があまり良くありません。1m以上のケーブルは20Gbpsとなります。

関連リンク

G-SPEED Shuttle with Thunderbolt 3