日本にくることはなさそう… Energizer Mobileの「Hardcase H590S」はミドルスペックな頑丈系スマホ

この記事は需要がない気がしています、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。

スペイン・バルセロナで2018年2月26日〜30日(現地時間)の日程で開かれたモバイル業界最大のイベント「Mobile World Congress(MWC)」において、フランスのAvenir TelecomがEnergizer®ブランドで「Hardcase H590S」を発表しました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー Energizer
モデル名 Hardcase H590S
発売日 2018年2月27日
OS Android 8.0 Oreo
CPU MediaTek Helio P23 MTK6763V
CPU構成 4x 2.0 GHz ARM Cortex-A53
4x 1.5 GHz ARM Cortex-A53
GPU ARM Mali-G71 MP2, 700 МHz
RAM 6GB
RAM規格 LPDDR4
画面サイズ 5.9インチ
画面解像度 1080*2160
アスペクト比 18:9
画面種類 TFT
Gollira Glass3
タッチパネル方式 静電容量タッチパネル
ストレージ 128GB
外部ストレージ microSD(最大256GB)
SIM2と排他使用
インカメラ 13MP
アウトカメラ 16MP、オートフォーカス
HDR
バッテリー 5800mAh
センサー 照度
近接
加速度
コンパス
磁気
ジャイロスコープ
指紋
端子 USB Type-C 2.0
SIM nano-SIM x2
Wi-fi 802.11 a/b/g/n 5GHz
Bluetooth 4.2
NFC
FMラジオ
防水防塵 IP68
GPS A-GPS
GLONASS
高さ 164.2mm
79.4mm
厚さ 12.15mm

特徴

Energizerはアメリカ・ミズーリ州セントルイスを拠点とするメーカーで、電池やアウトドア向けの懐中電灯の製造・販売で有名です。
家電量販店でモスグリーンのでっかいライトを見たことが有る人は多いと思います。

そのEnergizerが手掛ける「Hardcase H590S」の特徴は非常に分かりやすく、「タフでロングバッテリ」とまさに質実剛健を地で行く仕様です。

電池容量は5800mAhと一般的なスマホ(2500〜3000mAh)の倍程度、ボディは下の画像の通り4隅が補強されています。

前世代のH500Sでは1.5mの高さからの落下に耐えるとあるので、同等レベルの耐久性は有るものと思われます。
防塵防水はIP68で、1.5mの水深に30分沈めても動作します。

充電は12V急速充電に対応しています。
その他ポイントは以下のように画像にまとめられています。

まとめ

かつてのG-SHOCKスマホや京セラの「TORQUE」シリーズのような頑丈さを備えたEnergizerスマホですが、残念ながら日本国内では発売されていません。
がじぇっとりっぷもMWCの記事で知るまでは、そもそもEnergizerがスマホを作っていることすら知りませんでした。

国内でも需要がありそうですが、iPhoneやGalaxyのようなスタイリッシュなスマホが流行っている現状、参入してもシェアを奪う未来は競うにありません。
EnergizerはMWC 2018では他にもPower Max P16K Pro With 16000mAh Battery、Power Max P490Sの2機種を発表していますが、こちらも国内に来そうにはありません。そもそもamazonにすら並んでいません。
日本ではおとなしく懐中電灯を買うしかなさそうです。

ちなみにがじぇっとりっぷはEnergizerのCH15MN2という単3電池用急速充電器を愛用しています。単3電池(2200mAh)4本を30分で充電するというもので、旅をしていた頃に車の中で充電するのに重宝していました。
なお、現在は販売終了したようです。

関連リンク


Energizer 1時間チャージャーセット(単3形×4本付) (amazon)

Energizer Mobile – 公式サイト※英語サイト