Dellがひっそりと「New Inspiron 13 7000 2-in-1」にRyzen Mobileモデルを(海外で)追加!でも中身は5000シリーズクラスに近い…

2018年4月のはじめ頃、米DellがひっそりとRyzen Mobile搭載の13.3インチノートPC「Inspiron 13 7000 2-in-1(amd)」の発売を開始していました。

スポンサーリンク

スペック

比較としてIntel CPU版を併記しています。

メーカー DELL DELL
名称 New Inspiron 13
7375 2-in-1(amd)
New Inspiron 13
7373 2-in-1(intel)
発売日 2018/04 2017/09
定価 729.99ドル〜 ¥114,980
実売価格 ¥91,984
価格条件 20%off
CPU Ryzen 2500U
Ryzen 2700U
core i5 8250U
core i7 8550U
メモリ 8GB(2500U)
12GB(2700U)
8GB/16GB
メモリ規格 DDR4-2400 DDR4-2133/2400
メモリ増設 最大16GB ×
2.5inch
M.2 256GB(SATA) 256GB
画面 13.3インチ 13.3インチ 300nit
解像度 1920*1080 1920*1080
ベゼル幅 やや狭
表面
タッチ対応 マルチタッチ
グラフィック Radeon Vega 8
Radeon Vega 10
UHD 620
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3 Type-A 1(Gen1) 2
USB3 Type-C 1(Gen1) 1
USB PD
HDMI 1.4b 2.0
LANポート × ×
wi-fi 802.11ac(1×1) 802.11ac(2×2)
Bluetooth 4.1 4.2
office
カードリーダー SDXC SDXC
Webカメラ 720p 720p
赤外線カメラ
NFC × ×
指紋センサー × ×
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル デュアル
スピーカー 左右2W 左右2W
スピーカー位置 底面手前
サウンド Waves MaxxAudio Pro Waves MaxxAudio Pro
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 42WHr 38WHr
稼働時間 8.3Hr
ACアダプタ 45W / 19.5V 45W
充電時間 4.0Hr
急速充電
322.4mm 309.6mm
奥行き 224mm 215.7mm
高さ 19.2mm 15.51mm
重量 1.75kg 1.48kg
開口角度 360° 360°
カラー グレー
その他特徴 カメラ画角:74.9度 カメラ画角:88度

特徴

DELL初のRyzen Mobile搭載ノートは2018年3月の「New Inspiron 17 5775」でした。こちらは17.3インチでした。今回、15.6インチモデルも発売されたので、ようやく13、15、17インチが揃ったことになります。

フロント画像です。ベゼルはかなり太めです。

  1. 左マイク
  2. 赤外線エミッタ
  3. 赤外線カメラ
  4. カメラ
  5. カメラステータスライト
  6. 右マイク

インターフェースは以下のようになっています。

上1. 電源ボタン
上2. ボリュームボタン
上3. SDカードリーダー
上4. USB 2.0
上5. Nobleロック
下1. AC電源
下2. USB 3.1(Gen.1) Type-C
下3. HDMI(1.4b)
下4. USB 3.1(Gen.1) with PowerShare
下5. オーディオジャック

キーボード部はよくあるようなキーボード部全体が僅かに凹んだタイプではなく、パームレストと同じ高さで完全にフラットのようです。
キーの並びを見るに、日本語キーボードになった時のエンターキー付近が無理矢理感あふれるものになりそうです。

2-in-1なので、タブレットモードやテントモードが可能です。

比較表のサイズ部分を見てもらえば分かりますが、「New Inspiron 13 7373 2-in-1(intel)」とは大きさが異なっており、全く別の筐体を使っています。
中身も全く別で、AMD版では長方形(42WHr)のバッテリーを使っていますが、Intel版だと細長いバッテリー(38WHr)となっています(下の画像はサービスマニュアルからの抜粋です)。

メモリも、Intel版はオンボードで交換不可ですが、AMD版はSO-DIMM×2となっています(上記画像のバッテリー上の黒い正方形の下に隠れています)。
公式では最大16GBとなっていますが、そのうち32GBに換装して動作報告をする人が現れると思います。

ストレージも交換可能で、M.2 2280タイプのSATA SSDが搭載できます。これも公式では512GBとなっていますがそのうち(ry

Wi-fiはデフォルトでは802.11 ac(1×1)で最大433Mbpsですが、こちらもWi-fiカードの交換で強化することができます。

残念なのがUSBで、USB 3.1(Gen.1)が、Type-A・Type-Cともにひとつづつ、USB 2.0もひとつとなっています。
USB Type-Cは、”DisplayPortの接続には変換アダプタが必要です”の記述があるので、ALtモードに対応しています。

LenovoとDellのいいところはサービスマニュアルが公開されていて自分で修理したり強化したりできることですね。

ここまでスペックや中身を見てきましたが、ベゼルが細くなかったり、HDMIが1.4b止まりだったり、USB 2.0が残っていたりとあまり7000シリーズっぽくありません。
5000シリーズよりは構成が上なので、実情は6000シリーズといったところでしょうか。

7000シリーズを名乗るならば、せめてHDMI2.0とUSB 3.1(Gen2)は欲しいところです。
acerのモデルはHDMI2.0aなので、できなくはなかったと思うのですが…
USB 3.1(Gen2)はどこのメーカーも搭載していないので、そもそも対応できていないのかもしれません。

価格について、Ryzen 2500U(メモリ8GB)が729.99ドル、Ryzen 2700U(メモリ12GB)が879.99ドル、Ryzen 2700Uのプレミアムサポートモデルが1018.99ドルです。
bestbuyだとRyzen 2500U(メモリ8GB)が30ドル引きの699.99ドル(約7万5千円)です。
コスパは非常に良いのですが、日本に来たときいくらになっていることやら…

まとめ

密やかに販売が開始された「New Inspiron 13 7000 2-in-1(amd)」ですが、どうも海外では一ヶ月以上前の2018年2月の半ばにサポートページでマニュアルが公開され、海外では密やかに話題になっていたようです。

多く議題に上がっていたのは同じく13.3インチRyzen MobileノートであるLenovo「ideapad 720S」で、DELLの方が一回りでかくて重いだの、メモリ増設できるからDELLの方がいいんじゃないかとか、せっかくHDMIが付いたのになぜ1.4止まりなんだという嘆きとか、そんな感じで(ひっそりと)盛り上がっていました。

あとは、USB Type-Cの仕様を確認したり、グラフィック性能がどのくらいかという質問と解答も多いです。
「New Inspiron 13 7000 2-in-1(amd)」ではないですが、他のRyzen Mobile搭載ノートでの動作報告例(USB Type-Cで4Kディスプレイが表示できた等)も合わせて投稿されていました。

なお、本体そのものの登場はもっと早く、2018年1月のCES直前にAMD主催で開催された”CES Tech Day 2018″で展示されています。

また、同時に15.6インチの「New Inspiron 15 5000(amd)」も発売開始しています。こちらは中位の扱いなので、USB Type-Cがなかったり、SSDではなくHDDが組み込まれていたりします。
これはこれでまた別途記事にできたらと思っています。

関連リンク


Inspiron 13 7000 2-in-1

New Inspiron 13 7000 2-in-1(amd) – 製品ページ ※英語
New Inspiron 13 7000 2-in-1 設定と仕様 – 公式マニュアル ※pdf、英語