クラスター構築が前提。「ODROID-MC1」は壁付きのシンプルなSBC

数多くのSBC(シングルボードコンピューター)を発売しているhardkernel社のODROIDシリーズですが、クラスター構築が前提な「ODROID-MC1」を紹介します。
モデル名のMC-1は”My Cluster One”の略だそうです。

スポンサーリンク

スペック

model Odroid-MC1
メーカー hardkarnel
発売日 2017/09
価格 $48(単品)
$220(セット)
価格(日本円)
CPU Samsung Exynos5422(8コア)
(2.0GHz A15 x4 + 1.4GHz A7 x4)
GPU Mali-T628
メモリー 2GB LPDDR3
サポートOS
有線LAN 1GbE x 1
Wi-fi ×
Bluetooth ×
チップ Samsung S2MPS11
RTL8153
NCP380
TPS25925
ストレージ microSDXC
USB 2.0 x 1
HDMI ×
オーディオジャック ×
GPIO ×
その他インターフェース UART for serial console
消費電力 14W
電源 DC 5V / 4A
92mm
奥行き 42mm
高さ 29mm

特徴

「ODROID-MC1」は単体で見ればごくごく普通のSBCというか、USBが2.0 x1とかスペック的にはもの足りなく感じる程度のモノです。
搭載するCPUも2015年に発売された「ODROID-XU4」と同じものですし(それでもRaspberry Piの4倍位の性能ですが)。
Raspberry Piなどに比べればコンパクトですが、Nano Piほどではありません。

CPUはSamsung Exynos5422です。Galaxy S5に搭載されたCPUといえば分かりやすいでしょう。古いということもわかっちゃいますが。
「ODROID-MC1」はクラスターコンピューティング最大限の処理能力を割り振るために、インターフェースは極力排除しています。

ブロックダイアグラムを見ても、寂しい状態です。

同じCPUを搭載する「ODROID-XU4」と比較すると、どれだけ少ないかがよく分かります。

下のボード詳細の写真をよく見ると、表面の左下に何やらパターンだけが残っています。

これははっきり言ってしまうと、「ODROID-HC1」からの使い回しだからです。
「ODROID-HC1」はここにSATA端子が付いており、2.5インチHDD/SSDを接続することができます。

そんな「ODROID-MC1」のもつ一番の特徴は、サイドにそびえる(?)壁でしょう。
積み上げることでクラスターが(物理的には)簡単に構築できます。

公式マガジン内では200台でクラスター構築を行った写真が軽際されています。

また、公式でクラスター構築の手順書を出したりもしています。ODROID-XU4版ですが、中身はほぼ変わらない(OSも共通)ので、ODROID-MC1でも問題ありません。

まとめ

なんというか、「ODROID-MC1」は発想は面白いのですが、紹介しておきながら微妙としか言いようがありません。
ヒートシンクを兼ねた壁というのは魅力がありますが、クラスター構築なんて六角スペーサーでも十分ですし。
「ODROID-HC1」なら2.5インチストレージの付いたクラスターが構築できますし。

ただ、ODROIDシリーズというのは公式がやたらと活発で、ODROIDマガジンというものを毎月発行していますし、あれこれの構築ノウハウも積極的に公開しています。
公式でクラスターを作るくらいなので、多少ではありますがクラスターを使って云々のノウハウも散見されます(JAVAの並列プログラミングとか)。

また、ODROIDシリーズは、公式の周辺機器も豊富に揃っています。
ケーブルやケース、ディスプレイだけでなく、気温・湿度・気圧センサーを備えたアドオンボードなどもラインナップに並んでいますし、Wiiのハンドルコントローラーっぽい何かなんてのもあったりします。

ピン配置からサンプルコードまで掲載されているので、慣れていない人にはありがたいですね。
…これ、周辺機器だけ買って、本体はRock64とか最近の別の製品を買ったほうがいい気がしてきたんですけど…ピンさえ合っていれば問題ないですし…

関連リンク


ODROID-MC1 (amazon)

ODROID-MC1 : My Cluster One with 32 CPU Cores and 8GB DRAM ※英語サイト
ODROID MAGAZINE ※英語サイト