Youtubeで「GPD Pocket 2」の予告。でも世間の評価は…

そろそろ来ると思ってました。
2018年6月1日、Youtubeに「GPD Pocket 2」のアナウンスが投稿されました。

2018年6月5日追記:もともとはDiscord(ゲーマー向けコミュニケーションツール)にアップロードされたものがYoutubeに転載されたものでした

スポンサーリンク

スペック

比較として「GPD Pocket」のスペックを併記します。
また、現時点では情報が限られているため、スペック表が穴だらけな点はご容赦ください。

メーカー GPD GPD
名称 GPD Pocket 2 GPD Pocket
発売日 2017/06
定価 599〜649ドル
700ドル(一般)
494〜509ドル
599ドル(一般)
実売価格
価格条件
CPU Core M3-7Y30 Atom x7-Z8750
メモリ 4GB/8GB 8GB
メモリ規格 LPDDR-1600
メモリ増設
2.5inch 128GB eMMC 128GB eMMC
M.2
画面 7インチ 7インチ
解像度 1920*1200 1920*1200
ベゼル幅
表面 Gorilla Glass 4 Gorilla Glass 3
タッチ対応 5点マルチ
グラフィック HD 615 HD 405
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2 1(3.0)
USB3 type-c 1 1(3.0)
USB PD
HDMI micro
LANポート
wi-fi 802.11 ac
Bluetooth 4.1
office × ×
カードリーダー microSD ×
Webカメラ × ×
赤外線カメラ × ×
NFC × ×
指紋センサー × ×
Windows Hello × ×
オーディオジャック
マイク × ×
スピーカー モノラル
スピーカー位置
サウンド
Realtek ACL5645
キーピッチ 16mm
キーストローク 1mm以上
キーボードバックライト × ×
バッテリー 6800mAh 7000mAh
稼働時間 12Hr
4.2Hr(PC Mark8)
ACアダプタ 5V/3A〜12V/2A
充電時間 2Hr程度
急速充電
180mm
奥行き 106mm
高さ 18.5mm
重量 480g
開口角度 160°
カラー
その他特徴 2017/07 indiegogo
2017/02 indiegogo
重力、磁気センサー

特徴

「GPD Pocket 2」ではCPUが大幅に強化され、Kabylake世代のCore m3-7Y30が搭載されます。前世代の「GPD Pocket」に搭載されたatom x7-Z8750と比較すると以下のようになります。

Core m3-3y70 atom Z8750
基礎データ
コア数/スレッド 2C4T 4C4T
動作周波数 1.0GHz 1.6GHz
ターボブースト 2.6GHz 2.56GHz
TDP 4.5W 2W
グラフィック
プロセッサ HD 615 HD 405
動作周波数 300MHz 200MHz
最大動作周波数 900MHz 600MHz
プロセス 14nm 14nm
ベンチマーク
passmark(シングル) 1281 599
passmark(マルチ) 3555 1948

Core m3-7Y30はGPDの別製品である「GPD Win 2」にも採用されており、特性の把握とか熱設計に習熟していること、まとめて発注することでコスト削減につながることなどから、「GPD Pocket 2」にも採用されることは予想されていました。

「GPD Win 2」発表の際は「GPD WINの約2倍のゲーム性能」をセールスポイントに挙げていましたが、実際のベンチマークでは2倍以上、ベンチマークの種類によっては3倍以上のスコアをつけており、そのハイスペックぶりが話題となりました。

メモリは4GB/8GBとなっていますが、4GBを望む人はごく少数でしょう。Core m3-7Y30は16GBまで対応しているため、StrechGoalで増設されるとか、16GBモデルが登場するとか期待できますが、7インチPCにそこまで必要ではないと判断される可能性のほうが高いです。

ストレージも変わらず128GB eMMC5.0です。M.2 SSDを望む声が多かったストレージですが、低消費電力であることを理由にeMMCのままとなったとWade社長の声明がありました。
ストレージ増設はmicroSDとなるようです。
同じCore m3-7Y30を採用しながらも「GPD Win 2」では換装可能なM.2 SSDだっただけに失望する声も多く出ていました。

外観はややスタイリッシュとなり、左右の途中からサイドが絞られています。とはいえ画像を見る限りではくさび形になったわけではなく、中心部の厚さは変わっておらず、一時期はやった似非ultrabookのようなスタイルです。

外観の変化に合わせて右サイドに集中していたインターフェース類は左右に分散されました。
右側がUSB Type-AとUSB type-C、充電LEDで、左側にUSB Type-A、ヘッドホンジャック、microSDスロットとなります。
「GPD Pocket」ではあったHDMI端子(microHDMI)は廃止され、USB-C to HDMIケーブルが付属するようです。

7インチサイズだと、キーボード手前付近までインターフェースがあると手の邪魔になりやすいので、左右に分散されたことは評価されますが、HDMIポートの廃止はちょっと残念です。

スクリーンは7インチのままですが、コーティングがGorilla Glass 3からGorilla Glass 4に変更されています。大猩猩玻璃ってなんかかっこいいですね。

どう違うのかというと、1メートルの高さから粗い面(Corningはテストに180グリットのサンドペーパーを使用)に落として壊れない確率はGorilla Glass 3のほぼ2倍の80%になったそうです。ちなみに非強化ガラスは100%割れたとか。

キーボード周りも一新しています。

上が「GPD Pocket 2」、下が「GPD Pocket」です。

キーの数は減らされ、その分キーピッチが確保されています。
6段は維持していますがキーボード上部に音量・輝度・電源などのボタンが追加され、マウス機能(スティックポインタ、左右クリックボタン)がなくなりました。
代わりにアクティブペンが付属します。先の画像で「GPD Pocket」の画面だけ汚れていたのはこのあたりのアピールなんでしょうか。

この点については改悪と評価する人が続出し、コメント欄が荒れています。
なお、キーボードバックライトの搭載もなく、ここも厳しい評価がされています。

「GPD Pocket」のときもキーボードレイアウトは変更を重ねてきたので、「GPD Pocket 2」でも期待したいところですが、後述するようにファンディング開始から発送までの期間が短いため、望み薄でしょう。

それ以外にもキーボード手前のラッチがなくなってフラットになっているため、一旦閉じるとすごく開けにくいんじゃないかなぁと言う点が気になりました。

最後に内部構造です。

3400mAhのバッテリーが2つ組み込まれています。内部は目一杯詰まっていますが、よく見ると奥の方(キーボード左側)に隙間があります。
変に絞らずフラットなスタイルのままであれば、ここにもう一つくらいインターフェースが載せられたような…

2018年6月5日追記:隙間ではなくスピーカーのスペースでした。

まとめ

「GPD Pocket 2」は2018年7月にIndiegogoでのクラウドファンディングが予定されています。

2018年1月15日に「GPD Win 2」のクラウドファンディングが開始されてから半年となり、「GPD Win」(2016年3月開始)から「GPD Pocket」(2017年2月開始)までの1年ちょっとを大幅に短縮してきました。
設計ノウハウの蓄積や、事前にある程度規格が固まっていることを考えても、素晴らしいスピードアップです。

発送は2018年8月か9月となっているので、すでに設計は完了しており、量産体制に入る寸前といった状況なのかもしれません。

「GPD Pocket 2」の評価の声を総合すると、CPUの強化は歓迎するものの、ストレージとキーボード、インターフェースは改悪である。となります。
「これならGPD Win 2でいいや」なんてコメントもありました。

前述の通り設計は完了している可能性が高いですが、できることならユーザーの要望が拾われてほしいなぁと願います。

関連リンク


GPD Pocket9点セット (amazon)

Introducing the GPD Pocket 2 – YouTube

コメント

  1. 通りすがり より:

    >3400mAhのバッテリーが2つ組み込まれています。内部は目一杯詰まっていますが、よく見ると奥の方(キーボード左側)に隙間があります。

    これは隙間ではなくスピーカーだと思いますよ。

    • がじぇっとりっぷ より:

      >これは隙間ではなくスピーカーだと思いますよ

      そうでした!
      自分でモノラルスピーカーと書いていながらころっと失念していました。

      ご指摘ありがとうございます。