8インチ版からスペック2倍。 ドスパラ「DG-D10IWP」は10インチのお絵かきタブレット

2018年12月13日、ドスパラの名で知られる株式会社サードウェーブは、Wacomデジタイザを搭載するお絵かきタブレット “raytrektab” の10インチモデル「DG-D10IWP」を発表しました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー DG-D10IWP DG-D08IWP
名称 ドスパラ
発売日 2018/10 2017/04
定価 79,800円(税込) 39,800円(税込)
実売価格
価格条件
CPU Celeron N4100 Atom x5-Z8350
メモリ 8GB 4GB
メモリ規格 LPDDR4 DDR3L
メモリ増設 ×
2.5inch × 64GB eMMC
M.2 128GB ×
画面 10インチ 8インチ
解像度 1920*1200 1280*800
ベゼル幅
表面 Wacomデジタイザ
タッチ対応
グラフィック UHD 600 HD 400
光学ドライブ
USB2.0 1(micro)
USB3.0
USB3 type-c 1(3.1)
USB PD
HDMI micro
LANポート
wi-fi 802.11 ac
Bluetooth 5.0 4.0
office ×
カードリーダー microSDXC(〜128GB)
microSDXC(〜64GB)
Webカメラ 2M(フロント)
5M(リア)
2M(フロント)
2M(リア)
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク ×
スピーカー ステレオ モノラル
スピーカー位置 上下側面 左側面
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 4400mAh
稼働時間 4.0Hr
ACアダプタ DC 5V/2A
充電時間
急速充電
245mm 214mm
奥行き 176mm 128mm
高さ 9mm 10.1mm
重量 0.657kg 0.400kg
開口角度 タブレット
カラー ブラック? ブラック
ホワイト
その他特徴 「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」付属
カバータイプキーボード別売
加速度センサー
GPS
HDMI変換ケーブル付属

特徴

「DG-D10IWP」は2017年4月に発売された8インチのお絵かきタブレット「raytrektab DG-D08IWP」の10インチ版なのですが、単なる上位版とは言えないくらい大幅なスペックアップを果たしています。

「DG-D08IWP」と同じく『Wacom feel IT technologies』と4096階調の筆圧感知ペンを採用しています。

CPUはAtom x5-Z8350からCeleron N4100に変更されています。
以下がスペックや性能を比較した表となります。

Atom x5-Z8350 Celeron N4100
世代 CherryTrail GeminiLake
コア数/スレッド数 4コア/4スレッド 4コア/4スレッド
ベースクロック 1.44GHz 1.1GHz
ターボクロック 1.92GHz 2.4GHz
内蔵GPU HD Graphics UHD 600
TDP 2W 6W
passmark(シングル) 416 990
Passmark(マルチ) 1265 2314
Geekbench(シングル) 850 1730
Geekbench(マルチ) 2194 4857

性能はほぼ2倍ですね。

メモリも2倍の8GBとなっています。
10インチタブレットでメモリが8GBというのは「Surface GO」と「Surface Pro2」くらいしかありません。
Wacomデジタイザなんかよりこっちのほうがインパクトが大きいと思うのですが…

ストレージは64GB eMMCから128GB SSDに変更されています。
「DG-D08IWP」のeMMCはシーケンシャルで140MB/s程度ですが、SSD化することでこちらも2倍以上の速度になるでしょう。

ディスプレイ解像度は1280×800から1920×1200になっています。
画素数で言うと102.4万画素と230.4万画素なのでこちらも2倍です。

Wi-fi/Bluetoothも強化されており、Bluetooth 5.0に対応しています。
Bluetooth 5.0に対応したチップだと、Wi-fiは最低でも867Mbpsに対応しているはずです。
「DG-D08IWP」の接続速度は調べても出てこなかったので、2倍になったかどうかは分かりませんでした。

インターフェースはmicroUSB+microHDMIからUSB3.1 Type-Cに変更となっています。オーディオ端子はそのままです。
microHDMIがなくなりましたが、変換ハブを利用する形になります。
しかし、なぜタブレットはUSBがひとつだけなんですかね?複数ポートの需要は結構あると思うのですが…

microSDスロットは「DG-D08IWP」から引き続きカバーが付いています。
最大容量(メーカー検証の範囲)は64GBから128GBに倍増しています。

見づらいですが、左側の上下にスピーカーがついています。
「DG-D08IWP」のモノラルスピーカーからステレオスピーカーになりました。

カメラはフロントは200万でそのままですが、リアは200万画素から500万画素になりました。ここだけ2.5倍です。

ペンもデザインが変わりました。上が8インチ版、下が10インチ版です。
ペン先が細くなり、ボールペンとシャープペンくらい違います。
なお、ペンは「Wacom feel IT technologies」のものであれば何でも使えます。

「DG-D08IWP」にはないものとして、指紋認証センサーがあります。

パッケージはイラスト付きのようです。

液晶保護フィルムも付属します。手書き風の書き心地になるとのこと。

ACアダプタは正方形タイプです。電圧などは不明です。

オプションのカバータイプキーボードは後日発売となります。

まとめ

「DG-D10IWP」はいろいろな意味で「DG-D08IWP」の2倍のスペックを持つタブレットです。
その価格は税込79,800円で、「DG-D08IWP」の税込39,800円のこれも2倍です。ここは2倍以下にして欲しかった…

とはいえ、10インチクラスでは数少ない8GBメモリを搭載するタブレットということで、これだけでも価値があると思います。
発売は2018年12月25日になります。残念ながらサンタさんに頼んでも持ってきてくれないですね。

関連リンク


raytrektab DG-D08IWP Siro

raytrektab 10インチモデル DG-D10IWP – ドスパラ
リリースノート – ドスパラ