Zen2アーキテクチャな第3世代Ryzen発表!リーク情報はどこまで合っていた?ところでRyzen APUは…?

これまで憶測や怪しいリーク情報が散々に飛び交ってきたRyzen 3000シリーズですが、COMPUTEX TAIPEI 2019(期間:2019年5月28日〜6月1日)の基調講演で、正式発表されました。
発表モデルについてやZen2アーキテクチャの特徴については大手各社がこぞって詳細に解説しているので省くとして、がじぇっとりっぷではこれまでのリーク情報の答え合わせをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

リーク時の情報

モデルナンバー コア/スレッド数 動作周波数 ブースト周波数 TDP 価格 発表
Ryzen 9 3850X 16/32 TBA TBA 135W $499 TBA
Ryzen 9 3800X 16/32 TBA TBA 125W $449 CES
Ryzen 7 3700X 12/24 4.2GHz 5.0GHz 105W $329 CES
Ryzen 7 3700 12/24 3.8GHz 4.6GHz 95W $299 CES
Ryzen 5 3600G 8/16 3.2GHz 4.0GHz 95W $199 Q3 2019
Ryzen 5 3600X 8/16 4.0GHz 4.8GHz 95W $229 CES
Ryzen 5 3600 8/16 3.6GHz 4.4GHz 65W $178 CES
Ryzen 3 3300G 6/12 3.0GHz 3.8GHz 65W $129 Q3 2019
Ryzen 3 3300X 6/12 3.5GHz 4.3GHz 65W $129 CES
Ryzen 3 3300 6/12 3.2GHz 4.0GHz 50W $99 CES

発表されたモデル

モデルナンバー コア/スレッド数 動作周波数 ブースト周波数 TDP キャッシュサイズ 価格 発売
Ryzen 9 3900X 12/24 3.8GHz 4.6GHz
105W
70MB 499ドル
7月7日
Ryzen 7 3800X 8/16 3.9GHz 4.5GHz 36MB 399ドル
Ryzen 7 3700X 8/16 3.6GHz 4.4GHz 65W 36MB 329ドル
Ryzen 5 3600X 6/12 3.8GHz 4.4GHz 95W
35MB
249ドル
Ryzen 5 3600 6/12 3.6GHz 4.2GHz 65W 199ドル

合っているようで結構外しまくっていますね。
当たっていたのは最上位モデルの価格です(モデルナンバーは外しましたが)。
動作周波数は全体的にリーク情報より低く抑えられています。

“Zen2″ではCPUダイ(最大2個)+I/Oダイという構成で、CPUダイが1つあたり最大8コアということで、16コア製品がラインナップされていましたが、蓋を開けてみたら12コアでした。
リーク情報における「Ryzen 7 3700」相当ですね。

出だしは歩溜まりの都合上6コア+6コア(CPUダイの一部に不具合があっても6コア分が正常に動けば製品にできる)が初期ラインナップとなった可能性もありますが、今後16コア製品は出てくるのか気になるところです。

また、Ryzen 3についても情報がありませんでしたが、このラインナップからすると4コア/8スレッドになる予感がします。

GPU搭載のRyzen APUはCPUダイ+Naviダイ+I/Oダイなので、8コアまでとなります。
ただ、後述する「Picasso」もあるので、「Ryzen 5 3600G」「Ryzen 3 3300G」は本当に出るのかも微妙な気がします。

語られないRyzen APU

第3世代Ryzenと並行してちょこちょこ話題になっていたのが、「Picasso」というコードネームで呼ばれていた、VEGA搭載APUです。
現行の「Raven Ridge」の後継とされていますが、最新のNAVIでもないですし、基調講演ではまったく触れられることもありませんでした。
もうすぐ発売と言われていますが、本当に出るのでしょうか…

モデルナンバー コア/スレッド数 動作周波数 ブースト周波数 TDP キャッシュサイズ 発表
Ryzen 5 3400G 4/8 3.7GHz 4.2GHz 35W 8MB TBD
Ryzen 3 3200G 4/8 3.6GHz 4.0GHz 35W 6MB TBD

関連リンク


Ryzen 7 2700X 50th Anniversary Edition (amazon)

コメント

  1. 匿名 より:

    不溜まりじゃなくて
    歩留(ぶどまり)ですよ?