UMPCからUltrabookへ。GPD「P2 Max」は8.9インチでWQXGAなモバイルノート

2019年6月14日、深センのミニノートPCメーカーのGPDが、これまでより一回り大きいUltrabook「P2 Max」のプレビューページを公開いたしました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー GPD
名称 P2 Max
発売日
定価 529ドル(3965Y)
705ドル(8100Y)
実売価格
価格条件
CPU Celeron 3965Y
Core m3-8100Y
メモリ 8GB(3965Y)
16GB(8100Y)
メモリ規格 LPDDR3
メモリ増設 ×
2.5inch
M.2 256GB(3965Y)
512GB / 1TB(8100Y)
画面 8.9インチ
解像度 2560×1600
ベゼル幅 やや狭
表面 Gorilla Glass 4
タッチ対応 10点マルチ
グラフィック UHD 615
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2
USB3 Type-C 1
USB PD 2.0
HDMI micro
LANポート
wi-fi 802.11 ac(2×2)
Bluetooth 4.2
office ×
カードリーダー ×
Webカメラ 2M
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク
スピーカー ステレオ
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 35WHr
稼働時間 8〜12Hr
ACアダプタ 24W
充電時間
急速充電
149.5mm
奥行き 136mm
高さ 14.2mm
重量 650g
開口角度
カラー ブラック
その他特徴

特徴

がじぇっとりっぷが考える、「P2 Max」の一番の特徴は、8.9インチながら2.5K(2,560×1,600)解像度のディスプレイを採用したことだと思います。

8.9インチはWindowsタブレットではそれなりに製品が出ているサイズ(ドスパラ「DG-D09IW2SL」とか)なのですが、解像度はせいぜいWUXGA(1,920×1,200)でした。
8.9インチでWUXGAというのは、画素密度で言うと254dpiとなります。これは1,280×800な6インチディスプレイ(252dpi)とほぼ同じです。思ったほど高密度じゃないですね。

これが8.9インチで2.5K(2,560×1,600)だと340dpiとなり、iPhone8(4.7インチ、1,334×750、326dpi)やiPhone XR(6.1インチ、1792×828、326dpi)に近い数字となります。画面の緻密さがなんとなく想像できるんじゃないでしょうか。

ただ、開口角はそれほどでもないようで、画像を見る限りだと135°くらいのようです。なぜ360°じゃないんだ…

CPUは「Kaby Lake」世代の「Celeron 3965Y」か、「Amber Lake Y」世代で最下位のCore m3-8100Y(2コア4スレッド、1.1〜3.4GHz)です。
ベンチマークのPassmarkの値は「3965Y」が784/1629(シングル/マルチ)、「m3-8100Y」が1407/3562(同)となっています。
8.9インチノートということで、そうハードな用途に使われることもないことを考えると「Celeron 3965Y」でも十分ですが、比べてしまうと「m3-8100Y」を選びたくなります。

ちなみに一つ上のCore i5-8200Y(2コア4スレッド、1.3〜3.9GHz)だと単価は10ドル上がりますが性能は1426/4206と、マルチスレッド性能がさらに2割上がります。
とはいえ、駆動時間まで考慮するとCore m3-8100Yになっちゃうんでしょうね。

メモリは8GBか16GBです(モデルによる)。

ストレージはM.2(2280、SATA/PCIe)で、一般的なM.2 SSDが使えます。
速度も十分で、「GPD Pocket 2」と比べると10倍くらいの速さになります。

インターフェースは、左側にUSB Type-Aとヘッドホンジャック、右側にUSB Type-A/Type-C、MicroHDMIとなっています。

キーボードは右側がかなり窮屈です。
エンターキーが小さいのはちょっと残念…

日本向けには日本語キートップのシールが用意されています。

カメラは200万画素(1,600×1,200)とやや高画質ですが、鼻の穴が映るとさんざん言われてきたヒンジ部にあります。

冷却についてはヒートパイプを使ってうまく熱を逃しているようです。


大きさ(フットプリント)は「iPad mini」とほぼ同じくらいです。
このサイズ感だと、タブレットモードがないのが本当に残念です…

まとめ

GPDは、7インチより小さいサイズをUMPC、8.9インチから10インチをUltrabookと定義しています。
重量についても、Ultrabookは700g以下としており(UMPCについては不明)、「身長180cmの欧米の成人男性が両手で気軽にキーボードを打鍵できること」「13歳の少女が片手で持ち歩けること」「ミニバッグに入ること」などを条件としています。

ミニバッグと言いながら、ファンディングページでは後ろポケットに突っ込んでいるわけですが。
後ろポケットを始めたのはおそらく「VAIO P」だと思うのですが(歩いているとずり上がっていくのを手で押し込み直すCMが印象的でした)、あれって2009年なんですよね…

で、Ultrabookの定義については個人的にはある程度納得はしますが、11.6インチまでは入れてもいいんじゃないかなぁと思います。
がじぇっとりっぷにとってのUltrabookって、NEC「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズなので…あれは本当に軽い。

ちなみにIntelの定義だと厚さ(23mm以下)とかバッテリー稼働時間(連続再生6時間以上)とかストレージ性能(80MB/s以上)まで要件に入ってます。

「P2 Max」のファンディング価格は3パターンあります。記事執筆現在で公開されているのは2つです。

3965Y / 8GB / 256GB SSD :529ドル(約57.300円)
8100Y / 16GB / 512GB SSD :705ドル(約76,400円)
8100Y / 16GB / 1TB SSD :?(?)

結構いいお値段ですが、刺さる人には刺さる機種なので、あっという間に売れていくでしょうね。

関連リンク


GPD Pocket2(3965Y)

GPD P2 Max: The world’s smallest Ultrabook – Indiegogo Preview