100GbE…だと…? SolidRun「ClearFog CX LX2K」は980ドルで手に入るエンタープライズクラスのSBC

(おそらく)2019年6月4日、イスラエルの組み込み向けコンピューターメーカーのSolidRunが、100GbEを備えた「ClearFog CX LX2K」と、廉価版の「HoneyComb LX2K」を発売しました。

スポンサーリンク

スペック

model HoneyComb LX2K ClearFog CX LX2K
メーカー SolidRun
発売日 2019/09
価格 550ドル 980ドル
価格(日本円)
CPU NXP LX2160A
(2.0GHz A72 x 16)
GPU
メモリー 最大64GB SO-DIMM DDR4-2900
サポートOS Linux(>4.14)
有線LAN 1GbE x 1
10GbE x 2(SFP+)
1GbE x 1
10GbE x 4(SFP+)
100GbE x 1(QSFP28)
Wi-fi
Bluetooth
チップ
ストレージ 64GB eMMC(v1.0)
SATA3.0 x 4
microSD
USB 2.0 x 3
3.0 x 3
GPIO
映像
カメラ
オーディオジャック
その他インターフェース PCIe 3.0 x8
M.2 Key M(2240/2280)
消費電力
電源 ATX
170mm
奥行き 170mm
高さ
その他

特徴

「ClearFog CX LX2K」と「HoneyComb LX2K」はともに、COM(Compute on Module)の「CEx7 LX2160A」と、キャリアボードからなっています。

「CEx7 LX2160A」はドイツ ニュルンベルグで開催された”Embedded World 2019″(会期:2019年02月26日~02月28日)で発表されたもので、組み込みモジュール向けの標準規格である”COM Express type 7″を採用しています。

搭載するSoCはNXPのネットワーク系最上位となる「LX2160A」で、Cortex-A72が16コア、PCIe Gen4(!?)が24レーン、圧縮通信時で100Gbps、暗号化通信時で50Gbpsをサポートし、L2スイッチとして使用した場合のスループットは130Gbpsに達する、バケモノみたいなプロセッサです。
ターゲットの一つに5Gネットワークが入っているので、このくらいの性能が必要ということでしょう。

ブロックダイアグラム図はこんな感じです。
PCIeがx8が2つ、x4が4つとなっていますが、合計で24レーン分までということのようです。

「CEx7 LX2160A」はこの「LX2160A」を中心に、メモリスロットや電源などを実装したモジュールです。
技術的なものか規格的なものかは不明ですが、PCIeはGen3かつ18レーンに制限されています。

ClearFog CX LX2K

「ClearFog CX LX2K」は「CEx7 LX2160A」のキャリアボードで、mini-ITX(170mm×170mm)サイズ規格となっています。
2019年4月頃には”ClearFog ITX”の名でおおよそのスペックが公開されていました。

インターフェース図です。
一番インパクトがあるのはやはり100GbEでしょうか。

QSFP28とはQuad SFP28の略称で、28Gbpsシリアルバスが四本平行に配線されていることを意味しています。
標準規格はIEEE802.3bmで、名称は100GBASE-SR4(短距離)/100GBASE-LR4(中距離)となります。

SFP 1Gbps
SFP+ 10Gbps
SFP28 25Gbps(28G)
QSFP+
40Gbps(10G x 4)
QSFP28
100Gbps(28G x 4)

SFP系をざっくりと並べるとこんな感じです。
25Gbpsではなく28Gbpsとなっているのは、エラー訂正符号の分を考慮したためです。

こんなコネクタで(画像は100GBASE-SR4)、ケーブル部分は銅(〜10M)・光ファイバー(〜100mのMMF/〜40kmのSMF)から選択します。
まぁ、データセンターか、”逸般の誤家庭”で用いるようなやつですね。
ちなみに消費電力を調べたら、QSFP28はポートあたり4Wとかだったのですが、本当でしょうか…

ネットワークは他に、SFP+(10GbE)が4ポート、RJ45(1GbE)が1ポートあります。
こっちだけでも普通は「すげー」となるのですが、100GbEの前にはかすみますね。

ストレージが何気に豊富で、eMMC、SATA x4、M.2(2240/2280)x1となっています。
USBが3.0 x3+2.0 x3となっていますが、3.0 x2しか見えません。残りは裏面なのかピンなのかは不明です。

PCIeはx8スロットがあります。ネットワーク用というと、10GBASE-Tカードとかでしょうか。
流石にGPUは無理じゃないかなぁ…

電源はATX用のものとなっています。まぁ、PicoPSUなんかを使えばコンパクトに収まりそうです。

HoneyComb LX2K

「HoneyComb LX2K」は「ClearFog CX LX2K」からQSFP28コネクタを削除し、SFP+も2ポートに減らした廉価版となります。
画像を比較した限りでは、それ以外の差は認められませんでした。

COMモジュールは「CEx7 LX2160A」で共通のため、処理能力には変わりありません。

まとめ

化物みたいな性能の「ClearFog CX LX2K」ですが、価格は980ドル(約10万円)と、性能の割に安い気がします。
現在はrev1.0となっており、2019年12月にはrev1.1が予定されています。

公式サイトでは違いがイマイチわかりませんが、SoCの動作周波数が最大2.0GHzから最大2.2GHzに引き上げられるものと推測されます。

「HoneyComb LX2K」は”Early Access Production”として、定価750ドルから値引きされて550ドル(約6万円)となっています。

こちらも2019年12月にrev1.1が予定されており、動作周波数の引き上げ、メモリがDDR4-2900からDDR4-3200に引き上げ、などが盛り込まれています。

なお、rev1.0ボードの発送はともに2019年9月となっています。

関連リンク


picoPSU-160-XT

ClearFog CX LX2K – SolidRun
HoneyComb LX2K – SolidRun
CEx7 LX2160A – SolidRun
LX2160A – NXP