市販しないかな。ASRock「4X4-V1000/4X4-R1000」は組み込みRyzen搭載の産業向けNUCマザボ

2019年4月25日、ASRockの産業向け部門、ASRock Industrialは組み込み向けRyzenのV1000シリーズおよびR1000シリーズを搭載した、NUC規格のマザーボード「4X4-V1000/4X4-R1000」を発表しました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー ASRock Industrial
型番 4X4-V1000 4X4-R1000
価格
発売日 2019/04
サイズ規格 NUC
CPU Ryzen Embedded V1605B Ryzen Embedded R1606G
Ryzen Embedded R1505G
チップセット
メモリインターフェイス DDR4-2400
メモリスロット SO-DIMM x 2
メモリ最大 32GB
ECC対応
SATAポート数 1
M.2 M-Key(2280) x 1(PCIe x4/SATA3)
E-Key(2230) x 1
mSATA ×
USB2.0(内部) 2
USB2.0(外部) ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 1(3.1)
Rear x 2
USB type-C ×
LAN 1GbE x 2
(RTL8111G)
Wi-fi M.2 E-key
Bluetooth M.2 E-key
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x1(2.0)
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort Rear x2(1.4)
シリアルポート 1(pin)
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 1(in/out)
サウンドチップ
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応 ×
電源 12V

特徴

組み込み向けRyzenを搭載した小型サイズのマザーボードといえば、過去にUDOO「BOLT V3/V8」を紹介しています。

SBC(シングルボードコンピューター)メーカーであるUDOOが、クラウドファンディングサイトのkickstarterで12cm四方のRyze...

UDOO「BOLT V3/V8」はArduino互換ピンを搭載する代わりに120mm×120mmとNUC規格(101.6×101.6mm)より一回り大きかったのですが、「4X4-V1000/4X4-R1000」は4.09インチ×4.02インチ(103.9mm×102.1mm)と、ほぼNUC規格サイズとなっています。
そのため、狭い面積にぎっしりと詰め込んだ中身となっています。

CPUは、「4X4-V1000」がRyzen Embedded V1605B、「4X4-R1000」がRyzen Embedded R1606G/R1505Gとなっています。
簡単な違いは以下の通り。

V1605B:4コア8スレッド、2.00GHz、ブースト 3.60GHz、TDP12~25W、passmark 1686/7454
R1606G:2コア4スレッド、2.60GHz、ブースト 3.50GHz、TDP12~25W
R1505G:2コア4スレッド、2.40GHz、ブースト 3.30GHz、TDP12~25W

もうちょっと詳しく知りたい場合は以下の記事をどうぞ。

2019年4月17日、AMDは組み込み向けのRyzen APU「AMD Ryzen Embedded R1000」シリーズを発表しました。 ...

性能についてですが、V1605BがRyzen 3 2200Gとほぼ同等かやや上(数%程度)となるようです。
Intel CPUとの比較だと、2018年のノートPCでの主流であった、Core i5-8250Uと同等の数字となっています。

Comparing performance of Intel Core i5-8250U aired on August 2017 and AMD Ryzen Embedded V1605B aired on February 2018 in games and benchmarks.

Core i5-8250UはGIGABYTEのNUC「BRIX」シリーズなどに採用されており(Intel純正NUCは少し性能の高いCore i5-8259U)、「4X4-V1000」はNUCと比較しても遜色ない性能を持っていると言えるでしょう。

NUCは一台欲しいけれど使いどころが思いつきません、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。 マザーボードからグラフィックカードまで...

マザーボード上部にはメモリとM.2スロットが大きな面積を占め、右側にSATAポートやシリアルポート(pin)、USB2.0(pin)などがひしめき合っています。
というか隙間がなさすぎてインターフェース名のプリントがわけわからないことになっています。

これを見てピン配置が理解できたら凄い。

Wi-fiは搭載せず、M.2 Key Eで対応する形なのは、各国の技適をクリアしたWi-fiカードを使うとか、状況に合わせたカードを選択する余地を残しているということでしょう。

なお、マザーボードについてはCPU以外は「4X4-V1000/4X4-R1000」で共通となっています(TOP画像の「4X4-V1000」と比較すると、型番部以外はまったく同じです)。

底面側にはCPUが配置され、シロッコファンがついています。
左上にある四角いのが起動ボタンのようです。
というか、ファンのネジ位置、どうなっているんだろう…

NUCの唯一の悩みは、一辺が短く、インターフェースが限られる点でしょう。
たとえばIntel NUC(NUC8i5BEH)ではHDMI+LAN+USB x2+Type-C x1となっています。
「4X4-V1000/4X4-R1000」はかなりがんばっていて、GbEを2ポート、HDMI x1+DisplayPort x2のトリプルディスプレイを実現しています。
唯一負けているのはThunderbolt3ですが、これはどうしようもありません。でもType-C端子はあっても良かったかも。
電源は12V DCジャックとなっています。

フロント側はUSBとオーディオジャックだけとシンプルです。

iBOX-R1000

「4X4-R1000」を使ったNUCとして、「iBOX-R1000」が同時に発表されています。

オンボードpinのUSB2.0とシリアルポートをフロント側に引っ張りだしており、ファンレス構造になっています。

CPU側に放熱板を持ってくるため、「4X4-R1000」の裏表を逆にして取り付けているようです。
インターフェースが全部ひっくり返っていますね。

なお、「4X4-V1000」版がありませんが、放熱が追いつかなかったのでしょうか。

まとめ

「4X4-V1000/4X4-R1000」は産業向けだけあって、デュアルLANやトリプルディスプレイなどを備えています。
キオスク端末やデジタルサイネージ(柱の3面広告とか?)を想定しているようですが、内容的に市販しても十分行けそうな気がします。

価格については産業向け(要問い合わせ)なので提示されていません。

しかしこれ、10年くらい前のクラウド前夜の頃の、企業ですらサーバーを自作していた時代に登場していたら爆発的に売れていたんじゃなかろうか…

関連リンク


Intel BOXNUC8i5BEH

4X4-V1000 – ASRock Industrial
4X4-R1000 – ASRock Industrial
iBOX-R1000 – ASRock Industrial