高いけど気になる… Lenovo「ThinkPad P1(Gen2)」は軽量で4K液晶も可能なモバイルワークステーション

2019年7月2日、Lenovoは15.6型モバイルワークステーション「ThinkPad P1(Gen 2)」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー Lenovo
名称 ThinkPad P1(Gen2)
発売日 2019/07
定価 343,440円〜
実売価格
価格条件
CPU Core i7-9850H
Core i7-9750H
グラフィック NVIDIA Quadro T2000 (4GB GDDR5)
NVIDIA Quadro T1000 (4GB GDDR5)
チップセット
メモリ 8 / 16GB
メモリ規格 DDR4-2666
メモリ増設 最大64GB
2.5inch ×
M.2 256 / 512GB(NVMe)
画面 15.6インチ
解像度 1920×1080(300/500nit)
3840×2160(500nit)
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応 ×
光学ドライブ ×
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C 2(TB3)
USB PD
HDMI
DisplayPort
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11 ax(2×2)
Intel AX200
Bluetooth 5.1
office
カードリーダー 4in1
スマートカード(オプション)
Webカメラ 720p
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク
スピーカー
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 80WHr
稼働時間 16.6Hr
ACアダプタ 135W
充電時間
急速充電
361.8mm
奥行き 245.7mm
高さ 18.4mm
重量 1.7kg
開口角度 180°
カラー ブラック
その他特徴 M.2 x 2(RAID可能)

特徴

「ThinkPad P1(Gen2)」は、重量と性能のバランスがいいなぁと思える、モバイルワークステーションです。

CPUにはIntel第9世代の”Core i7-9850H”もしくは”Core i7-9750H”を搭載します。
ラインナップ的には第9世代のミドルクラスにあたります。

参考:Core i-9000Hシリーズ(Coffee Lake Refresh-H)

Core i9-9980HK 8コア/16スレッド 2.40GHz/TB 5.00GHz L3=16MB TDP45W
Core i9-9880H  8コア/16スレッド 2.30GHz/TB 4.80GHz L3=16MB TDP45W
Core i7-9850H  6コア/12スレッド 2.60GHz/TB 4.60GHz L3=12MB TDP45W
Core i7-9750H  6コア/12スレッド 2.60GHz/TB 4.50GHz L3=12MB TDP45W
Core i5-9400H  4コア/8スレッド  2.50GHz/TB 4.30GHz L3=8MB  TDP45W
Core i5-9300H  4コア/8スレッド  2.40GHz/TB 4.10GHz L3=8MB  TDP45W

GPUは”NVIDIA Quadro T2000 (4GB GDDR5)”もしくは”NVIDIA Quadro T1000 (4GB GDDR5)”です。
こちらもミドルクラスであり、性能的にはモバイル向けの”GeForce GTX1660″”GeForce GTX1650″に近いものとなります。

T1000 T2000 GTX 1650 Mobile GTX 1660 Mobile
GPU TU117 TU116B
アーキテクチャ Turing
メモリー 4GB GDDR5 6GB GDDR5
メモリー動作周波数 2000MHz
メモリーインターフェース 128bit 192bit
メモリー帯域幅 128 GB/s 192 GB/s
CUDAコア数 768 1024 896 1280
動作周波数 1395MHz 1575MHz 1395MHz 1455MHz
最大周波数 1455MHz 1785MHz 1560MHz 1590MHz
単精度小数点演算 2.235 TFLOPS 3.656 TFLOPS 2.796 TFLOPS 4.070 TFLOPS
倍精度小数点演算 69.84 GFLOPS 114.2 GFLOPS 87.36 GFLOPS 127.2 GFLOPS
ピクセルレート 46.56 GPixel/s 57.12 GPixel/s 49.92 GPixel/s 76.32 GPixel/s
テクスチャレート 69.84 Gtexel/s 114.2 Gtexel/s 87.36 Gtexel/s 127.2 Gtexel/s
消費電力 50W 60W 50W 不明

性能的には近いですが、GeForceは3Dゲーム(DirectX)に最適化され、QuadroはCAD(OpenGL)に最適化されているという違いがあります。

T1000 T2000 P3000 P1000
GPU TU117 GP104 GP107
アーキテクチャ Turing Pascal
メモリー 4GB GDDR5 6GB GDDR5 4GB GDDR5
メモリー動作周波数 2000MHz 1753 MHz 1502 MHz
メモリーインターフェース 128bit 192 bit 128 bit
メモリー帯域幅 128 GB/s 168.3 GB/s 96.13 GB/s
CUDAコア数 768 1024 1280 512
動作周波数 1395MHz 1575MHz 1088 MHz 1303 MHz
最大周波数 1455MHz 1785MHz 1215 MHz 1493 MHz
単精度小数点演算 2.235 TFLOPS 3.656 TFLOPS 3.11 TFLOPS 1.529 TFLOPS
倍精度小数点演算 69.84 GFLOPS 114.2 GFLOPS 97.2 GFLOPS 47.78 GFLOPS
ピクセルレート 46.56 GPixel/s 57.12 GPixel/s 58.32 GPixel/s 23.89 GPixel/s
テクスチャレート 69.84 Gtexel/s 114.2 Gtexel/s 97.2 Gtexel/s 47.78 Gtexel/s
消費電力 50W 60W 75W 40W

同じQuadroと比較すると、”Quadro T2000″は”Quadro P3000″の15%増し、”Quadro T1000″は”Quadro P1000″の1.5倍弱と言った性能となります。
“Quadro T2000″は”Quadro P3000″に比べてメモリー周りはかなり劣っているのに、周波数の高さで補っている感じですね。

大雑把に言ってしまうと、ハイエンドスペックの中でのミドルクラス、ということですね(分かりづらい)。
ちなみに、同世代の上位には”Quadro RTX 3000/4000/5000″があります。

ディスプレイは15.6インチですが、4K(3840×2160)を選択可能です。
4Kの場合、画素密度は282dpiに達します。これは7.8インチフルHDと同じなので、だいたい8インチタブレットを見ているくらいの密度ということになります。
ノートPCの距離だと倍率100%では文字なんかは見えないかもですね。

なお、4Kディスプレイを選択する場合、天板は「カーボン柄」となります。

  1. 電源コネクター
  2. USB3.1 Type-C(Thunderbolt™ 3対応)
  3. HDMI
  4. イーサネット拡張コネクター
  5. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  6. スマートカードリーダー(カスタマイズによる選択)
  7. 4 in 1メディアカードリーダー
  8. USB3.1 Gen 1
  9. USB3.1 Gen 1(Powered USB)
  10. セキュリティケーブルスロット

インターフェースです。まず、Thunderbolt3が2ポートあるのが目を引きますね。
「ThinkPad P1(Gen2)」の用途を考えると、高速な外部ストレージを接続してレンダリングとかもありうるので、高速なインターフェースは作業の助けになるでしょう。
ゲーミングノートではThunderbolt3どころか、USB3.1 Gen2すら稀で、USB2.0が残っていたりすることを考えると、破格の差です。

LANポートはRJ45ではなくミニポートとなっているので、変換アダプタが必要です。

WEBカメラ部には”ThinkShutter”がデフォルトで付いています。
単なる物理的な蓋なのですが、登場当初は「おおっ」となったものでした。今ではThinkPad標準装備くらいになってしまいましたが。

キーボードはテンキー無しとなっています。
ここは評価が別れるところですが、15.6インチサイズでテンキー無しはあまりなく、これだけで購入候補に入れる人も居るくらいなので、ありなんだと思います。

ディスプレイは180度開きます。
ワークステーションに180度開く必要がある場面の想像がつきませんが、開かないより開いたほうがいいことは確かです。

頑張っているなぁと思うのが、バッテリーです。
ゲーミングノートは薄くても20mmを切るモデルは少なく、20mm前後の薄型のモデルはせいぜい50WHr程度、稼働時間も長くて7時間くらいです。

それに対して「ThinkPad P1(Gen2)」は18.4mmの厚さに80WHrのバッテリー、稼働時間は最長16.6時間となんだか別次元となっています。

「ThinkPad P1(Gen2)」は詳細は書かれていませんが、MIL-SPEC(米国国防省調達基準)の12のテストをクリアしています。
落下テストや気温・気圧の変化などと書かれているので、他社のノートでもよくあるMIL-STD-810Gかと思われます。

あと、地味にWi-fiが802.11ax(Wi-fi 6)なのも見逃せません。
別に802.11ac(Wi-fi 5)までの対応でもWi-fiカードを入れ替えればいいだけの話なのですが、デフォルトで802.11axというのは高評価です。

まとめ

「ThinkPad P1(Gen2)」は現在スペック別で3モデルが用意されています。

スタンダード 医療系
デジタルイメージング
エントリー
製造・建築3次元CAD &
解析/CAE向け
パフォーマンス
価格 343,440円 383,400円 481,680円
Windows Pro Home
CPU Core i7-9750H Core i7-9850H
GPU T1000 T2000
メモリ 8GB 16GB 16GB
ストレージ 256GB 512GB 512GB
ディスプレイ 1920×1080(300nit) 1920×1080(500nit) 4K(500nit)

値段的には決してお手頃とは言えませんが、15.6インチながら1.7kgという軽量さ、4Kディスプレイ、大容量バッテリー、2ポートのTB3と、仕事を”モバイル”するには最適じゃないでしょうか。

関連リンク


ThinkPad P1(Gen 2)

ThinkPad P1(Gen 2) - Lenovo