またまたこのデザイン。 FRONTIER「NSMシリーズ」は14インチの例のノートのクローン

PC

2019年8月2日、山口のPCメーカーFRONTIERは14インチノート「NSMシリーズ」をアップデート発売しました。

販売サイト:FRONTIER

スポンサーリンク

スペック

メーカーFrontier
名称NSMシリーズ
発売日2019/08
定価94,800円〜
実売価格
価格条件
CPUCore i5 8265U
Core i7 8565U
メモリ8 / 16GB
メモリ規格DDR4-2400
メモリ増設最大16GB
2.5inch
M.2256 / 512GB(NVMe)
画面14.0インチ
解像度1920×1080
ベゼル幅細(5.7mm)
表面
タッチ対応×
グラフィックIntel UHD620
光学ドライブ
USB2.0
USB3.02(Gen1)
USB3 type-c2(Gen1)
USB PD×
HDMI
LANポート
wi-fi802.11ac wave2
Intel AC9560
Bluetooth5.0
office
カードリーダーSDXC
Webカメラ92万画素
赤外線カメラ×
NFC×
指紋センサー×
Windows Hello×
オーディオジャック
マイクステレオ
スピーカー2W+2W
スピーカー位置キーボード上部
サウンド
キーピッチ19.2mm
キーストローク1.15mm
キーボードバックライト
バッテリー50WHr
稼働時間10Hr
ACアダプタ65W / 19V
充電時間3.0Hr
急速充電
322mm
奥行き222mm
高さ15.95mm
重量1.2kg
開口角度180°
カラー
その他特徴

特徴

FRONTIERは以前にも同じ「NSM」の名でノートPCを販売しています。

どこかで見たような…? FRONTIER「NSM」シリーズは某ノートの廉価版?

正直デザインはまったく同じです。まぁそれ自体は他のメーカーも同じなのでいいのですが、肝心の中身はCPUが新しくなっています。価格もちょっと下がりました。

そしてタイトルにもあるように、「NSMシリーズ」はMSI「PS42」のOEM品となり、各社から同様のクローンノートが発売されています。

このデザインは…! TSUKUMO「eX.computer N1421K」はどう見てもあのメーカー製ノート
まさかの色違い! ドスパラ「GALLERIA GWL250YF」は14インチでGeForce MX250搭載なゲーミングモバイルノート

「PS42」クローンはグラフィックがCPU内臓のUHD 620かGeForce MX250なのですが、MSIが発売するオリジナルには、GeForce GTX1050を搭載するモデルがある点が大きな違いです。

4K使いにおすすめ。 MSI「PS42 8RC」は14インチなのにGeForce GTX 1050搭載

「NSMシリーズ」はCPU内蔵グラフィックなので、グラフィックボード用の排気口はなく、塞がれています。

CPUはCore i5-8265UかCore i7-8565Uです。CPUスペックの違いは以下のようになっています。

メモリは8GBまたは16GBです。オンボードではなくSO-DIMM(1スロット)なので換装が可能です。
ストレージは256GBまたは512GBです。ラインナップではNVMe、スペック表ではSATAとなっているのが不安ではありますが、注文画面でもNVMeとなっているので多分NVMeで大丈夫です。

ディスプレイは14インチ、ベゼルは細く(記載がありませんが5.7mm)、旧世代の13.3インチ並のフットプリントとなっています。
また、最近のトレンドと言えなくもないですが、ディスプレイは180度まで開きます。

フロント周りのインターフェースはこんな感じです。
画面が黒くてベゼルがわからないので、別画像にしました。

インターフェースは当たり前ですが他の「PS42」クローンと同じです。
全てUSB3.2 Gen1(≒USB3.0)となっているのが相変わらず残念な部分です。

※ USBは2018年10月に名称が変更され(大々的に説明発表があったのは2019年2月のMWC内)、USB3.0(最大5Gbps)をUSB3.2 Gen1、USB3.1(最大10Gbps)をUSB3.2 Gen2、今後登場するUSB3.2は最大10Gbpsと最大20Gbpsがあり、それぞれUSB3.2 Gen1x2とUSB3.2 Gen2x2と呼称することになりました。

HDMIはバージョンが書いていませんが、4K/30HzとなっているのでHDMI1.4でしょう。

キーボードも変わらず右一列ありデザインです。
全体的なデザインが格好いいだけに、右一列のないバージョンが出てくれたら嬉しいのですが…

まとめ

「NSMシリーズ」の価格は94,800円からと、「PS42」クローンの中では最安クラスとなっています。
BTOとなっていますがオプション選択が中心でスペック的なものは4種類となっています。

価格CPUメモリストレージ
94,800円Core i5 8265U 8GB256GB
109,800円 Core i7 8565U512GB
114,800円 16GB256GB
122,800円512GB

ただ、こうして紹介してはいますが、先日いろいろと新要素の多い第10世代Intel CPUが発表されたので、今買うことはおすすめしません。

AIにグラフィックに新インターフェース! Intelの第10世代CPU「Ice Lake」は新要素がいっぱい

第10世代Intel CPUはThunderbolt3コントローラーが内蔵されたり、Wi-fi6(802.11ax)に対応したりと、インターフェース周りが大幅に強化されており、「NSMシリーズ」のような割安なノートでもTB3やWi-fi6が搭載されることになります。

おそらく今年中か、遅くとも来年前半には第10世代Intel CPUを搭載した後継機が出ると思います。
メモリやストレージと違ってインターフェース周りは換装できないので、今すぐ必要ということでなければ、待ったほうがいいでしょう。

また、販売元のFRONTIERでは2019年8月9日まで「半期に一度の決算セール」を開催しています。
結構安いモデルがあったり、Core i7-9750H+GeForce RTX 2060なノートが税抜き13万円台など、お買い得なモデルもありました。

関連リンク


NSMシリーズ

NSMシリーズ – FRONTIER

コメント

タイトルとURLをコピーしました