期待の新人! INDIEGOGOに登場した「Peakago」は4G通信対応モデルのある新たな7インチUMPC

2019年11月13日、クラウドファンディングサイトのINDIEGOGOに、7インチ液晶のUMPC「Peakago」が登場しました。

ファンディングサイト:INDIEGOGO

スポンサーリンク

スペック

※2019年11月17日追記:CPUとWi-fiについてアップグレード情報が発表されました。
Wi-fiは全モデルで802.11ac対応に、CPUは8GB RAM/128GB eMMCのPro(4G無し)モデルでPentium N4200にアップグレードされます。
上記のPro(4G無し)モデルは11月22日まで現行の339ドル、11月22日以降は399ドルに値上げされます。

メーカー Peakago
名称 Peakago
発売日
定価 269ドル〜
実売価格
価格条件
CPU Atom x5-Z8350
グラフィック HD 400
メモリ 4 / 8GB
メモリ規格
メモリ増設
2.5inch 64 / 128GB
M.2
画面 7インチ IPS
解像度 1920×1200
ベゼル幅
表面
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 1(3.0)
USB3 type-c 1(不明)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0
office ×
カードリーダー microSD
Webカメラ 30万画素
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク
スピーカー 0.8W + 0.8W
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 4500mAh
稼働時間 8Hr
ACアダプタ
充電時間
急速充電
181mm
奥行き 113.6mm
高さ 19.6mm
重量 0.539kg
開口角度 360°
カラー ブラック
その他特徴 4Gモデルあり
ペンなし

特徴

「Peakago」はCPUにAtom x5-Z8350を使っています。

Z8350は2015年に登場したZ8300の新ステッピング版(要はマイナーバージョンアップ)で、2016年初頭に登場しました。

Z8300は現在のUMPCブームよりも前の、「艦これ」(2013〜)に端を発するWindowsタブレットブーム後期(前期はZ3770搭載機)、同時期に起こったスティックPCブームの頃のCPUで、搭載機が爆発的に売れました。
その流れを受けて、Z8350に移行した後も、WindowsタブレットとスティックPCの牽引役となっていました。

UMPCブームはこの後で、2016年10月のLenovo「YogaBook with Windows」(x5-Z8550搭載)あたりで火が付き、同じく2016年10月の「GPD Win」(x7-Z8750搭載)、2017年5月発売の「GPD Pocket」(x7-Z8750搭載)が燃え上がらせました。

当時でもZ8350(Z8300)は、性能は高くないという扱いだったためか、上記UMPCは上位のCPUを採用しています。

そんな3年半前かつ性能もあまり高くないZ8350ですが、枯れたCPUであること、性能が高くない=冷却設計がしやすい、採用例が多く知見が大量に出回っていることなどから、スペースの限られるUMPC分野に新規参入するとっかかりとしては悪くないCPUと言えます。

メモリは4GBもしくは8GBです。まぁ、Z8350なら4GBでも十分かなぁとは思います。そんなにぶん回せるCPUでもないですし。

ストレージは64GBまたは128GBです。媒体が何かまでは記載がありません。おそらくはeMMCと思われますが…
FAQにて質問されている方もいましたが、技術担当にメールしてね。と返されていました。

ディスプレイは7インチでアスペクト比16:10の1920×1200となっています。
この辺りは他の7インチUMPCと同じですね。

一番違うのは、SIMスロットを備えたモデルがあるということでしょう。
UMPCはモバイルするという性質上、屋外通信との相性がいいです。そのため、SIMスロット付きUMPCというのは一定の要望がありました。
今のところ、SIMが挿さるのはMagic-Ben「MAG1」と、One-Netbook「OneMix 3」くらいですが、どちらも8万円弱からと結構高額になっています。

外観

「Peakago」の外観はOne-Netbook社の初代「OneMix」によく似ています。

正面から見ると、ディスプレイ左右のベゼルは太いです。
「Peakago」の幅が181mm、初代「OneMix」が182mmなのでほぼ変わりません。

インターフェースはUSBがふたつ、microHDMI、オーディオジャック、microSD、SIM、となっており、UMPCとしては一般的かなってくらいの数です。
また、Yogaスタイルを取っており、キーボードを360度開くことができます。

これはキーボードを開いたところです。
わかりにくいですが向こう側が僅かに見えています。
うまくゴム足に乗っているように見えるので、がたつきはなさそうです。事前レビュー動画を確認しましたが、変に浮いたりもしていないようでした。

天板には小さく「PEAKAGO」の文字がありました。

上下逆さまですが、キーボードの奥には排気口があります。

キーボードは「OneMix」と「GPD Pocket」のあいの子みたいになっています。
右上の電源ボタンに指紋リーダーが組み込まれているかは記載がありませんでした。
下の画像は上が「OneMix」、下が「GPD Pocket」です。


どっちかというと「GPD Pocket」に光学ポインタをつけたというのが正解ですね。
この光学ポインタ、個人的には使いづらいです。普通にトラックポインタのほうがいいんですが…

まとめ

「Peakago」は、そっくりのUMPCがCOMPUTEX TAIPEI 2019で、Chitech Shenzhen Technologyが展示しています。
というか、ずばりそのものがサイトにあります。

参考:CHT-Y70:Chitech

バッテリー容量が違っていますが、ほぼ同じものでしょう。
なお、ChitechはODM/OEMが専門の企業で、他のPCラインナップを見るとどこかで見た気がするPCが並んでいます。

ちなみにwhoisで確認すると、peakago.comとchitech.comはどちらも同じレジストラ(GoDaddy.com)を使っています。
peakago.comの取得日は2019年07月24日ですね。

GoDaddy.comは世界最大のレジストラなので、これだけでどうこうという判断はできませんが、ファンディングページ内に「10年以上に渡りOEM/ODMに携わってきた」とあるので、おそらくはChitechの内部ブランドになると思われます。

「Peakago」の価格は4GB RAM/64GB eMMCモデルで269ドル(約29,500円)とかなり安価です。
8GB RAM/128GB eMMCモデルは339ドル(約37,000円)、8GB RAMモデルに4Gモデムを追加したものは399ドル(約43,800円)と、最近では10万円を超えることも珍しくないUMPC界隈では安価と言えます。
特にSIMスロット付きで400ドル切りは飛びつく人が多いでしょう。

ファンディング終了は2019年12月14日、発送はちょっと先で2020年3月予定です。半年以内なら早い方でしょう。

前述したように、Atom x5-Z8350は現在ではかなり非力なCPUです。今更感が強いことも確かです。
しかし、現在OneMixシリーズを大ヒットさせているOne-NetBook社も、最初は同じCPUから出発して、あっという間にCore m3-8100Yまでたどり着きました。

後発故に、先達の知見を活かすことができるだろうし、もとよりこの道のプロが作っているわけで、「Peakago」の次のモデルがどう出るか、楽しみです。

関連リンク


GPD Pocket2

Peakago 7 inch laptop – Work & Fun on the Go:INDIEGOGO
peakago