Lenovo参入!? 「Leez P710」はLenovo製のRK3399搭載SBC

2019年10月15日、Lanovo印のSBC(シングルボードコンピューター)「Leez P710」が中国のショッピングサイトAliExpressに登場しました。
最初は「は?Lenovo?」となりましたが、本当にLenovoでした。

スポンサーリンク

スペック

model Leez P710
メーカー Lenovo
発売日 2019/10
価格 140.79ドル
価格(日本円)
CPU Rockchip RK3399(6コア)
(2.0GHz A72 x2 + 1.4GHz A53 x4)
GPU Mali-T860 MP4
NPU
メモリー 2/4GB LPDDR4-1866
サポートOS Android 9
Ubuntu
Debian他
有線LAN 1GbE x 1
Wi-fi 802.11 ac
Bluetooth 5.0
チップ AP6256
ストレージ eMMC
microSD
USB 3.0 x 1(Type-C)
3.0 x 1
2.0 x 2
GPIO 40pin x 1
8pin x 2
映像 HDMI(2.0a 4K/60Hz)
MIPI-DSI x 1
カメラ MIPI-CSI x 2
オーディオジャック
その他インターフェース M.2 Key-B
Serial
消費電力
電源 5V / 3A(Type-C)
85mm
奥行き 85mm
高さ 15mm
その他

特徴

「Leez P710」の初出についてLenovoのサイトを見てみると、どうも一番最初は2019年2月に開催されたMWC(Mobile World Congress)まで遡れるようです。
当時のニュースを探すと、海外でほんのちょっとだけ記事がありました(ほぼ中国語)が、展示写真があったのは探した範囲では1記事のみでした。
完全に5GとかAIとかのメイントピックに隠れてしまっていますね。

ボードの構成はRK3399のインターフェースをフルに活用した形となっています。
面積を広くとっているので、チップの配置もゆったりとしています。
電源とかWi-fi、MIPI端子などイラストで説明しており、パット見でもわかりやすくなっています。
USBは3.0+3.0 TYpe-C、2.0×2と、RK3399の全ポートを使用、電源はUSB Type-Cで兼用しています。
Wi-fiがAP6256なので、最大433Mbpsなのがもったいないですね。

USBサイドを側面から見るとこんな感じです。
高さは2ポート分の15mmとなっていますが、RK3399はヒートシンク必須のSoCなので、あまり高さを抑える意味はありません。

そのヒートシンクをつけたところの画像です。
思ったほど大きくはありません。

画像が小さいですが、裏側にはLTE用のM.2 Key-BスロットとSIMスロット、microSDスロット、eMMCスロットがあります。

サイズ感はこんな感じです(といってもイマイチわかりませんが)。
85mm四方って最近のノートのメインボードより小さいかなってくらいのサイズですね。

パッケージは同梱品に応じて何種類かあります。

これはノーマルというか、同梱なしモデルです。アンテナとヒートシンクのみとシンプルです。

4Gモジュール同梱モデルもあります。
他にも電源同梱、電源とカメラ同梱、10.1インチタッチディスプレイ同梱などがあります。

OSはDebian 9、Ubuntu Classic 18.04、Ubuntu Core、Android 9、Jide RemixOS、PheonixOS、Windows10 IOT、Android 8/7/6/4.4、Chromium OS、FreeRTOS、LibreElec/OpenElecが対応しているとのこと。
ようは、RK3399をサポートしたOSならOKってことですね。

サポートというかマニュアル類はなんとgithubでした(大半はbaiduへのリンクですが…)。

参考:Leez P710 ・ leezsbc/resources:github

用途についても一応書かれており、顔認証、広告ディスプレイ、スマート決済、自動販売機、サービスロボットなどが挙げられています。
スタンドアロンで完結できるものもありますが、基本的には通信ありきの用途です。
さらに言うと販売サイトの説明には「様々な業種のAIアプリケーションに対応(意訳)」とあります。

この想定用途と、差し替えできる4Gモジュールという点、MWCで公開されたことなどを考慮すると、5Gに向けた布石というか、高速通信可能なAIエッジ端末のリファレンスボードというのが「Leez LP710」の立ち位置なんじゃないかなぁと。

まぁ、あくまで推測でしかありませんが。

まとめ

ASUSが「TinkerBoard」を発売している以上、LenovoがSBCを発売してもおかしくはありません。
85mm四方というのはSBCとしてはやや大柄ではありますが、その分スペースにゆとりがあると言い換えることもできます。

価格は同梱品によって140.79ドル(約15,600円)から257.66ドル(約28,600円)です。
ディスプレイ同梱モデルが高いだけで、4Gモジュール同梱モデルでも176.79ドル(約19,300円)です。
配送はデフォルトで無料となっています。

RK3399機としてみれば平凡というか4G向けのM.2 Key-Bスロットくらいしか特徴のない機種ですが、今後Lenovoがどう舵を切っていくのかという視点で見れば、ひとつのターニングポイント的な機種になるかもしれません。

関連リンク


Firefly-RK3399

Leez P710 ・ leezsbc/resources:github
Leez:Lenovo
Leez SBC P710:AliExpress