見た目がもうわくわくする。 FriendlyElec「NanoPi Neo2 Black」がメタルケースとOLED付きで発売開始

2019年11月27日、SBC(シングルボードコンピューター)メーカーのFriendlyElec(FriendlyARM)が「NanoPi Neo2 Black」の発売を開始いたしました。

今月初めにも一度記事にしていますが、追加要素が大きいので別記事にしています。

2019年10月8日、SBC(シングルボードコンピューター)メーカーのFriendlyElec(FriendlyARM)のwikiに、「Na...
スポンサーリンク

スペック

※比較のために「NanoPi Neo2」を併記しています。

model NanoPi NEO2 Black NanoPi NEO2-LTS
メーカー FriendlyElec
発売日 2019/11 2017/07
価格 39ドル 19.99ドル
価格(日本円)
CPU AllWinner H5 (4コア)
(1.2GHz A53 x4)
GPU Mali-450 MP4
NPU
メモリー 1GB DDR3 512MB DDR3
サポートOS Ubuntu-Core
Friendly-Core
FriendlyWrt
有線LAN 1GbE x 1
Wi-fi ×
Bluetooth ×
チップ RTL8211E
ストレージ eMMC
microSD
microSD
USB 2.0 x 1
GPIO 10pin x 1
6pin x 1
24pin x 1
12pin x 1
映像 ×
カメラ ×
オーディオジャック △(pin)
その他インターフェース serial(pin)
消費電力
電源 microUSB 5V/2A
40mm
奥行き 40mm
高さ
その他 重さ16.37g
アルミケース+OLED

特徴

「NanoPi Neo2 Black」は「NanoPi Neo2」のブラックエディションかと思いきや、ほぼ別物と言ってもいいくらいというか、新たに設計しなおしているSBCです。

SoCはクアッドコアのARM Cortex-A53なAllWinneer H5で、40mm角SBCとしては高性能な方、メモリは1GB固定です。

画像は黒いほうが「NanoPi Neo2 Black」、青いほうが「NanoPi Neo2」です。
「NanoPi Neo2」との大きな違いは、eMMCソケットが用意され、その分GPIOが削られました。
メモリチップの実装面積を確保するためにGPIO2もなくなり、audioピンなどの位置も変更されています。

「NanoPi Neo2 Black」は基板そのままでの販売ではなく、キットとしての販売となりました。
このキットがまた、ガジェット魂をくすぐるというか、一目見ただけで物欲を刺激される外観をしています。

天面には0.96インチ(解像度:128×64)のOLEDと3つのボタンが組み込まれています。
これらを使うのは簡単で、「NanoPi Neo2 Black」上で以下のコマンドを打つだけです。

git clone https://github.com/friendryarm/NanoHatOLED.git
cd NanoHatOLED
sudo -H ./install.sh

デフォルトでは以下が割り当てられています。

F1:日時表示
F2:システムインフォ(IP/CPU Load/Mem Usage/Disk Usage/CPU tep)
F3:シャットダウン(F1でYes/No、F2で決定)

中はこんな感じで、GPIOやaudio/USBピンが全て使われています。

3面図ならぬ4面図です。
底面はヒートシンク兼用となっています。
OLEDボードにaudioとUSBを引っ張っているので、オーディオジャックが付き、USBが2ポートに増えています。

…これ、かなり使い勝手が変わりますね。
USB Wi-fiを繋いでもまだUSBが1ポート使えるのは大きいです。

ケースサイズは44.5mm×47mm×31mmと、ボードより一回り大きい程度で収まっています。

パッケージには本体とケース、ネジ止め用のドライバー、そしてOSインストール済みの16GB microSDが同梱されます。
とはいってもせっかくeMMCソケットがあるので、eMMCを増設するのもありだと思います。

まとめ

「NanoPi Neo2 Black」の価格はキットで39ドル(約4,300円)です。
「NanoPi Neo2-LTS」が19.99ドルなのでちょっと割高感はありますが、メモリが512MB→1GBに倍増していることやキット内容を考えると、実は安価じゃないかと(microSD単体でも7.99ドルですし)。

USBカメラを繋いで監視ネットワークを構築するも良し、スピーカーを接続してネットワークオーディオにするも良し、いろいろと遊びがいがありそうです。

ブラックフライデー!

FriendlyELECもブラックフライデーセールを行っています。

BLACK FRIDAY SALES:FriendlyARM

ほとんどは2〜5ドル程度の値引きですが、元値が元値だけにお買い得感は強いです。
「NanoPC-T4」だけは149ドルが99ドルと50ドル引きです。

「NanoPi Neo2 Black」もセール対象で、現在は35ドル(約3,800円)となっています。
eMMCモジュールも各容量ともにセール対象となっているので、合わせて購入しやすいですね。

関連リンク


NanoPi M4V2(4GB)

NanoPi Neo2 Black:FriendlyARM
NanoPi Neo2 Black:FriendlyARM wiki