上位の方がお得? Synology「DS420+」「DS920+」は性能差・機能差の割に8,000円差しかないよ

2020年5月15日、SynologyはGemini Lake Refresh世代のCPUを搭載した4ベイNAS「DS420+」「DS920+」を発売いたしました。

2ベイの「DS220+」「DS720+」についてはすでに記事にしています。

2020年5月15日、Synologyは2ベイNASの新モデル「DS220+」「DS720+」を発売いたしました。 スペック 型番DS...
スポンサーリンク

スペック

型番 DS420+ DS920+
メーカー Synology
価格 58,900円 66,900円
発売日 2020/05
199
高さ 166
奥行き 223
CPU Intel Celeron J4025
2.0GHz Dual-Core
Intel Celeron J4125
2.0GHz Quad-Core
内部フラッシュメモリ
メモリ 2GB DDR4 4GB DDR4
最大メモリ 6GB 8GB
ホットスワップ
SSD対応
NIC
(1GbE)
2
NIC
(10GbE)
LA/PT
USB2.0
USB3.0 2
USB type-c
eSATA 1
PCIe
SDカード
HDMI
4K対応
DisplayPort
S/PDIF
オーディオジャック
スピーカー
赤外線
レシーバー
ハードウェア
暗号化
ハードウェア
アクセラレーション
IPカメラ
(無償)
2
IPカメラ
(最大)
25 40
仮想化
(VMWare)
仮想化
(Windows)
仮想化
(Citrix)
仮想化
(OpenStack)
仮想マシン
(VirtualBox)
仮想マシン
(Docker)
対応RAID 0/1/5/6/10/Hybrid RAID
ファイルシステム EXT4/Btrfs
システム
ファン
92mm x 2
ノイズレベル 19.8dB
Wi-fi
消費電力 28.30W 32.17W
重さ 2.18kg 2.24kg
DTCP+
DTCP-IP
DLNA
iSCSIターゲット 128
iSCSI LUN 256
ユーザー数 2048
グループ数 256
並列接続数 500/1500 1000/2000
共有フォルダ 512
スナップショット 1024
read性能 226 225.99
write性能 225.74 225.9
read性能
(暗号化)
226 225.99
write性能
(暗号化)
224.27 225.91
備考 NVMeスロット×2

特徴

「DS420+」「DS920+」は「DS220+」「DS720+」の4ベイ版なので、内容的には被る話が多くなります。

まず、モデル名ですが、SynologyのNASは一番上の桁がベイ数を、下二桁がおそらくは西暦の下二桁となっています。
ベイ数は拡張ベイも含めた数字となるので、「DS920+」は4ベイ+拡張5ベイを示しています。

NASのグレードは上からFSシリーズ、SAシリーズ、XS+/XSシリーズ、Plusシリーズ、Valueシリーズ、jシリーズと6シリーズに分類されており、上位三つ(XS+/XS、SA、FS)はビジネス・エンタープライズ向けとなり、「DS420+」「DS920+」は個人/SOHO向け上位のPlusシリーズに属しています。

「DS920+」の前世代は「DS918+」で、これはSynologyの製品サイクルが2年サイクル(一部3年サイクル)であることに由来しています(これもモデル名の下二桁=西暦ではないかと推測する理由の一つです)。

「DS420+」の前世代となりそうな「DS418+」というモデルはないので、新登場ということになります。
Valueシリーズである「DS418」の次世代モデル「DS420」がないので、ValueシリーズからPlusシリーズに格上げとなったのかもしれません。

CPUについては「DS220+」「DS720+」と同じく、「DS420+」が2コアのCeleron J4025、「DS920+」が4コアのCeleron J4125で、どちらもGemini Lake Refresh世代となります。

CPU PassMark
Core i5-8250U 62291987
Celeron J4125 30351111
Celeron J3455 2230800
Celeron J4025 18251222
Celeron J3355 1325884
Celeron N4000 15181108
Atom x5-Z8350 948492

「DS418+」「DS918+」のCeleron J3355/J3455と比較すると、1.4~1.5倍のスコアとなっています。
このくらいのスコアだと、ノートPC/デスクトップとしてもまずまず使えるレベルですね。

メモリは標準で「DS420+」が2GB、「DS920+」が4GBです。
どちらも空きメモリスロットが用意されており、4GBメモリを追加することで6GBと8GBまで増設することが可能です。

これはCPUの仕様で最大メモリが8GBとなっているためですが、Apollo Lake世代ではDDR3ながらメモリ16GBを認識し、DDR4となったGemini Lake世代でもメモリ16GBどころか20GB(16GB+4GB)も認識したという話があるので、Gemini Lake Refresh世代な「DS420+」「DS920+」でも非公認ながら大容量メモリが可能と思われます。

▲左が「DS420+」、右が「DS920+」です。

「DS220+」は前面カバーがあり、「DS720+」とは全く異なっていましたが、「DS420+」と「DS920+」は前面のつくりは同じで、どちらもベイごとに鍵がかかるようになっています。

▲背面を見ることで、両者は区別することができます。

LANポートの下に赤いeSATAポートが付いている方(右)が「DS920+」です。
電源端子はどちらも4ピンプラグです。バレルジャックな「DS220+」が例外だったみたいです。

しかし、このクラスならケーブル抜け防止があってもよさそうなものですが…

▲SSDキャッシュ用のM.2 SSDスロットは「DS420+」「DS920+」のどちらも搭載しています。

ここが「DS220+」と大きく違う点ですね。
また、どちらも仮想化基盤のストレージノードに対応している点も「DS220+」とは異なっています。

この点が「DS420+」がPlusシリーズになった理由かもしれません。CPUがIntel系になっているからその線もありますが。

▲パッケージは共通の内容となっています。

電源アダプタは「DS420+」が90W、「DS920+」が100Wです。

ソフトウェア面ではOSはSynology独自のSynology DSMというものですが、アプリ面が充実しています。

多分他のメーカーではやっていない試みとして、ブラウザから実際に30分の限定ライブデモを体験することができます。

ライブデモ

ここではSynologyのNASで動くアプリを試したり、UIをチェックしたりということが可能です。

▲例えばこれは”Synology Chat”です。

社内コミュニケーション用ですね。

▲これは”Synology Office”のスプレッドシートを開いたところです。

Googleドキュメントのように、複数人で同時編集が行えるようです。
また、”Synology Chat”と連携もできるので、会話しながら編集することも可能です。

この辺りをうまく使えば、クラウドサービスに文書を渡す必要もなく、リモートコミュニケーションもとれるので、テレワークに向いていると言えるでしょう。

特に「DS920+」はメモリが多い分、同時接続可能数も多くなっており、テレワークの母艦向きと言えます。
なお、同時接続数は「DS420+」がメモリ2GB時に500、6GB時に1500で、「DS920+」がメモリ4GBに1000、8GB時に2000となっています。
メモリ2GBあたり500の計算ですが、ある程度以上はCPU性能も必要になるんじゃないかと思います。

まとめ

「DS420+」の価格は58,900円、「DS920+」の価格は66,900円と、その差はわずか8千円です。
「DS220+」と「DS720+」は1.4万円差でしたが、筐体も中身も大きく違ったうえでの価格差であり、「DS420+」と「DS920+」はCPUと標準メモリ、そしてeSATA端子くらいしか差がありません。

なのでCPUの性能差を考えるだけでも、「DS920+」の方が割安に感じます。
…これ、「DS420+」でなく「DS420」に抑えておいた方が良かったんではなかろうか…それとも別途「DS420」が発売されるのでしょうか。

「DS920+」は「DS420+」よりコストパフォーマンスがいいように思えますが、競合メーカーと比較した場合はちょっと厳しくなります。

ASUSTOR「AS5304T」はGemini Lake世代のCeleron J4105に加えて2.5GbE LANポートを2つとHDMIを搭載して6万円前後ですし、4万円台の「AS4004T」や6万円弱のQNAP「TS-431X2-2G」はARM系CPUながら10GbE搭載で、ストレージとして使う分には超高速です。

created by Rinker
ASUSTOR
¥46,750 (2020/09/26 23:38:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
QNAP(キューナップ)
¥72,980 (2020/09/26 20:24:04時点 Amazon調べ-詳細)

あとはアプリ面をどう評価するかで変わる、といったところでしょうか。

関連リンク

created by Rinker
Synology
¥48,600 (2020/09/26 16:12:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Synology
¥49,784 (2020/09/26 16:12:23時点 Amazon調べ-詳細)

DiskStation DS420+:Synology
DiskStation DS920+:Synology

プレスリリース:Synology
DiskStation DS420+ ハードウェア インストール ガイド(PDF):Synology
DiskStation DS920+ ハードウェア インストール ガイド(PDF):Synology