多くを求めない人向け。 QNAP「TS-451D2」はIntel搭載4ベイNASの下位モデル

2020年9月29日、QNAPはデュアルコアのCeleron J4025を搭載した4ベイNAS「TS-451D2」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

型番 TS-451D2
メーカー QNAP
価格 52,000円前後
発売日
160
高さ 165.3
奥行き 219.4
CPU Intel Celeron J4025
2.0GHz Dual-Core
内部フラッシュメモリ
メモリ 2/4GB SO-DIMM DDR4
最大メモリ 8GB(2slot)
ホットスワップ
SSD対応
NIC
(1GbE)
2
NIC
(10GbE)
LA/PT
USB2.0
USB3.0 4
USB type-c
eSATA
PCIe
SDカード
HDMI 2.0 x1
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort
S/PDIF
オーディオジャック
スピーカー
赤外線
レシーバー
ハードウェア
暗号化
ハードウェア
アクセラレーション
IPカメラ
(無償)
2
IPカメラ
(最大)
32
仮想化
(VMWare)
仮想化
(Windows)
仮想化
(Citrix)
仮想化
(OpenStack)
仮想マシン
(VirtualBox)
仮想マシン
(Docker)
対応RAID 0/1/5/6/10
ファイルシステム EXT4
システム
ファン
120mm x 1
ノイズレベル 18.5dB
Wi-fi
消費電力
重さ 2.09kg
DTCP+
DTCP-IP ×
DLNA
iSCSIターゲット
iSCSI LUN
ユーザー数 4096
グループ数 512
並列接続数 800
共有フォルダ 512
スナップショット 1024
read性能 220
write性能 224
read性能
(暗号化)
write性能
(暗号化)
備考 90W電源

特徴

QNAPは製品を企業向け、SMB(中小企業)向け、Home向けにカテゴライズしており、さらにそれぞれでエントリー、ミドル、ハイエンドに分類しています。

おおよその分類イメージは下記のような感じです(すべてのモデルに当てはまるわけではありません)。

SMB上位:Intel Core系、PCIe×2など、ラック型が中心
SMB中位:Intel系CPU、2.5GbE、PCIeスロットなど
SMB下位:ARM系SoC、10GbE
Home上位:Intel系CPU、LANは2ポート
Home中位:ARM系SoC、LANは2ポート
Home下位:ARM系低性能SoC、メモリ固定、LANは1ポート

その分類において、「TS-451D2」はHome向けハイエンドに位置づけられています。

同じ分類にあるのはがじぇっとりっぷでも記事にしたことのある「TS-251D」などです。

2020年1月21日、QNAP(台湾)はホームユース向けの2ベイNAS「TS-251D」を発表しました。 内容からしてがじぇっとりっぷでも以...

Homeはミドルレンジ以下はARM系SoCとなるので、「TS-451D2」はIntel系CPU搭載機としては実質的に最下位モデルとなります。

「TS-451D2」に搭載されるCPUはCeleron J4025で、Gemini Lake Refresh世代で2.0~2.9GHzの2コア2スレッドなCPUです。

Celeron J4025:Intel ark

CPU PassMark
Ryzen 3 3250U(2C/4T) 44162002
Core i3-10110U(2C/4T) 42002425
Core i5-7200U(2C/4T) 33801789
Celeron J4125(4C/4T) 32381214
Athlon 3050U(2C/2T) 32271776
Core m3-8100Y(2C/4T) 30341841
Celeron N4100(4C/4T) 24761005
Celeron J3455(4C/4T) 2261814
Celeron J4025(2C/2T) 19461335
Celeron N3450(4C/4T) 1925762
Celeron N4000(2C/2T) 14781072
Atom z8750(4C/4T) 1406704
Celeron J3355(2C/2T) 1240817
A4-9125(2C/2T) 12271063
Celeron N3350(2C/2T) 1133801
Atom z8350(2C/2T) 922488

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

PassMarkスコアはマルチスレッドで2000弱とそこそこの点数を出しており、Apollo Lake世代の4コア(N3450やJ3455)とほぼ同等です。

一方で上位機種にあたる「TS-453D」に搭載される同世代で4コア4スレッドのCeleron J4125と比較すると6割程度にとどまり、コア数の差が如実に表れています。

Celeron J4025でもNASとして使う分には性能を十全に発揮できるでしょうが、デスクトップ化したり、複数のアプリを動かしたりするにはやや力不足と言えるでしょう。

メモリは2GBまたは4GBで、最大8GB(2スロット)です。
ここは毎回書いているように、仕様外ですが32GB(16GB×2)までは認識するものと思われます。

実際、Celeron J4125を搭載する「TS-253D」でのレビューでは、32GBを認識しています。

前回のレビューでは「TS-253D」の外観や性能など、基本的な項目をチェックしました。 後編ではPCIeスロットの利用やメモリ増設など...

ネットワークは最近トレンドとなっている2.5GbEはなく、1GbE×2どまりです。
最下位クラスだからと言われてしまえばそれまでですが、拡張用のPCIeスロットも持たないモデルなので、せめて1ポートだけでも2.5GbEに対応してほしかったところです(そうなると他のモデルとの兼ね合いが難しくなるんですけどね)。

ちなみにQNAPでは製品比較を簡単に行うことができます。
一例として、最近発売された4ベイモデルを比較したリンクを置いておきます。

QNAPは高品質のネットワーク接続ストレージ(NAS)と業務用ネットワークビデオレコーダー(NVR)ソリューションを 設計し、家庭用から SOHO、中小企業向けのユーザーに提供しています。

ここからは「TS-451D2」の外観です。

▲フロントです。

基本デザインは他の4ベイNASと共通で、HDDベイは鍵付きタイプとなっています。

▲背面です。

背面のUSBは3ポートとちょっと多くて、上部にはHDMIが付いています。

「TS-451D2」の数少ない長所の一つがこのHDMIで、4K/60Hz出力に対応しており、ディスプレイやテレビに接続して、高画質なマルチメディアプレーヤーとして使うことができます。

▲ボードのある左サイドには吸気口が開けられています。

他のモデルと同じ構造ならば、底面側にも吸気口が開けられているでしょう。

ソフトウェア面では、「TS-451D2」はIntel CPUなので、仮想マシンを扱う「Virtualization Station」やDockerを扱う「Container Station」をインストールすることもできます。
が、前述のとおり処理性能は高くないので、これらを使う場合はほどほどに留めるべきでしょう。

というか、複数アプリを起動させたり、仮想マシンを使いたければ、素直に上位の「TS-453D」を買った方がいいですね。

まとめ

「TS-451D2」は発売されたと言っても実はまだ各ショッピングサイトにラインナップされておらず、実際の販売価格が分かりません。市場想定価格は52,000円となっています。

この値付け、なかなかに絶妙だったりします。

最近発売された4ベイモデルをざっくり比較するとこんな感じです。(AlpineはARM系SoCです)

CPU LAN 映像出力 PCIe 価格
TS-453D Celeron J4125 2.5GbE×2 67,000円前後
TS-431KX Alpine AL214 10GbE×1(SFP+)
1GbE×2
× × 60,000円前後
TS-431P3 Alpine AL314 2.5GbE×1
1GbE×1
× × 60,000円前後
TS-451D2 Celeron J4025 1GbE×2 × 52,000円前後
TS-431K Alpine AL214 1GbE×2 × × 40,000円前後

ちょうど空白だった価格帯を埋めています。

安価にマルチメディアプレーヤー兼用NASが欲しければぴったりですが、転送速度が欲しくなると足りないという、まさに帯に短し襷に長しといったところでしょうか。

まぁすべて、「TS-453D」を買えば解決する話なんですけどね(笑)

関連リンク

TS-451D2:QNAP
リリースノート:QNAP Club