第8世代Core i7-8550Uを搭載した13.3インチのacer Spin 5 「SP513-52N-F78U」が11月29日から複数の量販店で販売開始

比較表の更新が追いついていません、がじぇっとりっぷです。

本当は昨日記事にしようと考えていたのに、すっかり忘れていました。
2017年11月14日に発表されたacer「Spin 5」が昨日の2017年11月29日から販売開始しました。

販売されたのはSpin 5「SP513-52N-F78U」「SP513-52N-F38Q」の2モデル。このうち「SP513-52N-F38Q」については第7世代のCore i3-7130Uで、ストレージが128GB SSDとなっている以外、筐体は共通のものとなっています。

スポンサーリンク

スペック

メーカー acer
名称 Spin 5
発売日 2017/11
CPU core i7 8550U
メモリ 8GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ増設 ×
ストレージ 256GB SSD
画面 13.3インチ
解像度 1920*1080
タッチ対応
グラフィック Intel UHD620
USB2.0 1
USB3.0 2
USB3 type-c 1(Gen1)
USB PD
HDMI 1
LANポート ×
wi-fi 802.11ac(2×2)
Bluetooth 4.1
office KINGSOFT 2013 standard
カードリーダー SD
Webカメラ HD(720p?)
赤外線カメラ ×
NFC 不明
指紋センサー ○(タッチパッド左上)
Windows Hello
オーディオジャック
マイク クアッド
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード上部・奥側面
サウンド Acer TrueHarmony
キーピッチ 不明
キーストローク 不明
キーボードバックライト 不明
バッテリー 53.9WHr
稼働時間 13Hr
ACアダプタ 45W
充電時間 不明
324.4mm
奥行き 226mm
高さ 15.9mm
重量 1.5kg
開口角度 360°
その他特徴 スタイラスペン付属
ブルーライトカット機能

外観

全体像です。インターフェースの画像がないのでここで説明しちゃいますが、右側面には音量ボタン、オーディオジャック、SDカードスロット、USB2.0、電源ボタン、ケンジントンロックと並んでいます。

タブレットモードです。左側面に当たるところに、USB3.0×2、USB3.1 Type-C(電源兼用)、HDMIと並んでいます。

キーボード部です。英語キーボードですが、日本サイトの画像も日本語キーボードになっていませんでした。
中指で隠れている部分に指紋認証があります。
上部にはスピーカーがあります。このスピーカーはぐるりと回りこんで、側面にも付いています。
右下にあるのがアクティブスタイラスペンとなります。

ディスプレイを反転させた状態です。
排気口の左右にスピーカーがあるのが分かります。

価格と販売店舗

製品ページでは以下の8サイトが販売店として掲載されています。

amazon:¥140,179
e-trend:¥138,792
Joshin:販売ページ発見できず
NTT-X:¥138,024
Sofmap:¥154,213(+10%ポイント)
コジマ:¥154,213(+10%ポイント)
ビックカメラ:¥154,213(+10%ポイント)
ヨドバシカメラ:¥154,220(+10%ポイント)
※2017年11月30日時点の価格

まとめ

USB2.0ポートがあることから分かるように、acer「Spin 5」はラインナップの順位としては上位というわけではなく、中の上というところです。この上に「Spin 7」がありますが、こちらは記事作成時点では第7世代CPUのままです。
ベゼルも最近流行りの狭額縁ではなく結構な太さがありますし、値段もこなれているわけではありません。
ついでにいうと、アメリカでの定価は$899.99(約100,700円)なので、相当割高です。

お金をもらって書いているわけではないので言っちゃいますが、おすすめできるポイントが稼働時間くらいしか見当たりません。
それでもこうして新機種が登場し、選択肢が増えること自体は悪いことではないので、どんどんと新機種を出してほしいものです。