全然話題にならないけど、acerのSwift 3も第8世代モデルが登場していました(国内未発表)

ネタを探していたら日付が変わっていました、がじぇっとりっぷです。

何度も書いていますが、国内発表があった機種だと大手メディアに負けてしまうので国内未発表機種を探していたのですが、見つけました。
それがacerの「Swift 3」です。

acerにはいくつかのシリーズがあり、Spin(薄型ハイエンド)、Swift(ミドルハイ)、Switch(タブレット2-in-1)、Predator(ゲーミング)、Aspire(いろいろ)と分かれています。
SwiftはさらにSwift 1、Swift 3、Swift 5、Swift 7と分かれていて、「Swift 3」は下から2番めです。
acerの全モデルの中で見ると、中の上くらいの位置づけでしょうか。
正直細々と分かれすぎていて、なかなか追いきれていません。というか、多すぎです…

「Swift 3」には14インチと15.6インチがあり、全部で6モデルあります。このうち、14インチの4GBメモリモデルを除いた5モデルのスペックについて掲載いたします。
なぜ1モデルだけ省いたのかというと、4GBメモリなのになぜか8GBメモリのモデルより価格が高いという不思議状況だったので、これは選択しないだろうと言うことで省きました

スポンサーリンク

スペック

公式サイトだけでは不足でしたので、レビューサイトをいくつも回りましたが、それでも全ては埋まりませんでした。

名称 SF314-52-52SY SF314-53G-87EQ SF314-52G-55WQ SF315-51-518S
SF315-51G-51CE
発売日 国内未発表 国内未発表 国内未発表 国内未発表 国内未発表
定価 $679.99 $799.99 $999.99 $699.99 $799.99
CPU core i5 8250U core i7 8550U core i5 8250U
メモリ 8GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ最大 × 16GB
M.2 256GB(PCIe)
画面 14.0インチ 15.6インチ
解像度 1920*1080
ベゼル幅 不明
コーティング 不明
タッチ対応 ×
グラフィック GeForce MX150 2GB
GeForce MX150 2GB
USB2.0 1
USB3.0 2
USB3 type-c 1(Gen1)
USB PD ×
HDMI 1
LANポート ×
wi-fi 802.11ac(2×2)
Bluetooth 4.0
カードリーダー SDXC
Webカメラ 720p
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ○(方向キー下)
Windows Hello
オーディオジャック
マイク
スピーカー 左右
スピーカー位置 底面
キーピッチ 不明
キーストローク 不明
キーボードバックライト
バッテリー 48Wh
稼働時間 10Hr
ACアダプタ 65W
充電時間 不明
急速充電 不明
338mm 370.7mm
奥行き 234mm 255mm
高さ 18mm 18.8mm
重量 1.80kg 2.10kg
開口角度 180°

外観

14インチモデルを中心に外観を見ていきます。

Swift 3 全体

全体画像です。完全なくさび形ではなく、くさび形風担っていることがよくわかります。
ベゼルは太めで、上部真ん中にWEBカメラがついています。

Swift 3 背面

背面です、シンプルにロゴが小さく付いているだけです。アルミの質感がいい味を出しています。

Swift 3 インターフェース

左右のインターフェース部です。15.6インチモデルも同じ並びでした。
パームレスト下部に当たる部分のスリットがスピーカーとなっています。

Swift 3 キーボード

キーボードです。これはバックライト点灯時のイメージですね。画像は14インチモデルですが、15.6インチモデルではテンキーが付きます。
また、画像はキーボード部のみとなっていますが、TOP画像を見ればわかるように、左右は結構スペースが空いています。

まとめ

前述の通り、「Swift 3」はacerのラインナップでも中の上程度の位置づけとなっています。これはUSB2.0が残っていたり、USB PDに対応していなかったりとスペック的にハイエンドに劣る点、そして約680ドルからという低価格からも見て取れます。
ライバルとしてはDELLの「new Inspiron 14 7472」でしょうか。

国内未発表ということもあり、軽々に薦めることはできませんが、海外ではそれなりに評価されているようです。