SBC(シングルボードコンピューター)に新顔登場! Wandboard「WandPi-8M」 にはなんとUSB type-Cが付いているぞ!

最近記事内容が偏り過ぎている気がしてなりません、がじぇっとりっぷです。

本日のネタは、ラズベリーパイ(Raspberry Pi)スタイルのSBC(シングルボードコンピューター)の新顔、Wandboard「WandPi-8M」です。
Raspberry Piスタイルというのは特に定義がないのですが、おおよそ85mm×56mmサイズで40pinのGPIOとNIC(LANポート)、USBポートを備えていれば、大体Raspberry Piスタイルと呼んでいいんじゃないかと思います。
「WandPi-8M」もこの条件に当てはまっていますので、下記スペック表ではRaspberry Pi3 Model Bと比較しています。

スポンサーリンク

スペック

model WandPi 8M Pi3 Model B
メーカー wandboard Raspberry
発売日 2018年 初春 2016/03
価格 $89(1GB+4GBeMMC)
$99(2GB+8GBeMMC)
$119(2GB+16GBeMMC)
$35
価格(日本円) 4815円
CPU NXP i.MX8M Quad(1.5GHz 4コア) BCM2837
(1.2GHz 4コア)
GPU Vivante GC7000Lite VideoCore IV 400MHz
メモリー 1〜2GB DDR4 1GB
サポートOS Linux
Yocto
Ubuntu
Android
Linux
(Debian、Fedora、Arch)
RISC OS
Windows 10 IoT Core
有線LAN 1GbE x 1 100MbE x 1
Wi-fi ×(1GB)
802.11ac(2GB)
802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth ×(1GB)
4.2(2GB)
4.1
チップ Atheros AR8035
Atheros QCA9377
SMSC LAN9514
BCM43438
ストレージ microSD
USB 3.0 x 1
3.0 x 1(type-C)
2.0 x 4
HDMI HDMI(2.0a 4K/60Hz HDR) HDMI
(1.4 1080p/60Hz)
オーディオジャック ×
GPIO 40pin x 1 40pin x 1
その他インターフェース MIPI CSI
MIPI DSI
コンポジット
ビデオ/音声出力
消費電力 7W
電源 USB-C 5V microUSB
5V/2.5A
85.0mm 85.6mm
奥行き 56.0mm 56.5mm
高さ 17.5mm 17mm

「WandPi-8M」の特長

公式サイトのニュースリリースでもカラムをひとつ使って丁寧に説明していますが、「WandPi-8M」は強力なグラフィック機能を備えており、4K UHD(4K/60Hz HDR)を扱うことができます。
とはいえ、実のところ最近のRaspberry PiスタイルのSBCは強力なGPUを搭載しているものも結構出ていて、Rock64 Media Board($24.95〜)やLe Potato($35〜)なんかも4K UHDの再生に対応しています。
そうなると、89ドルで4K UHDが扱えることを強調しても、コストパフォーマンスからするといまいちなんです。

では、「WandPi-8M」にはいいところはないのかというと、そんなことはありません。
がじぇっとりっぷが知る限り、Raspberry PiスタイルでUSB3.0 Type-Cを搭載してきたのは「WandPi-8M」が初めてです。
Type-C端子自体はLinaro「HiKey 960」($239)に継いで2製品目なんですけど、「HiKey 960」はUSB2.0 type-Cなんです。

しかも、もうひとつある通常(Type-A)のUSB端子もUSB3.0です。何気にUSB3.0対応の端子を2つ備えているSBCって少なくて、他にはOdroid-XU4($59)くらいなんですが、こちらはHDMIが1.4aでフルHDまでの対応となっています。

他にも、無線LANが802.11acに対応しています。これはがじぇっとりっぷがまとめている中では初めてで、他のSBCは802.11b/g/n止まりとなっています。
チップセットのスペックを見ると、MIMO 1×1対応で最大433Mbpsとなっています。802.11b/g/nだと最大150Mbpsなので、実に3倍近い速度を出すことができます。

せっかく素晴らしい特長があるのに、ニュースリリースで全く触れられていなくて、なんとももったいないなぁと。

まとめ

そもそも「WandPi-8M」は11月16日に予約を開始したばかりで、公開されている情報もほとんどありません。
公式サイトのスペック表も、ここを書いて欲しいんだけど…ってところがいくつもあります。例えば基盤図には裏面にmicroSDスロットらしきものがありますが、スペック表のどこにも登場していません。

microUSBも備えているのですが、デバッグ用となっており(シリアル通信が行えます)、ストレージへOSを書き込む時はmicroUSB経由になるものと思われますが、通常使用ができるのかも不明です。

ちなみに発売は2018年初春で、当然、日本で取り扱っているところなどありません。
とはいえ、前述した「USB3.0端子を2つ(しかも片方はtype-C)備えていて、4K UHD出力に対応、さらに無線LANは802.11ac」という強みは他にないので、(当てはまる人はほとんどいなさそうですが)メディアサーバー的な使い方をメインにSBCを探している方がいれば、候補に入れてみてもいいんじゃないでしょうか。

関連リンク

WandPi 8M