ApolloLake世代のAtom Eシリーズが搭載できる変わったCompulabのミニPC「Fitlet2」は構成も変わっている

最近ガジェットらしいものを扱っていない気がします、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。

本日紹介するのはAtom Eシリーズを搭載したCompulabのミニPC「Fitlet2」です。
このPC、実は発売は2017年11月でして、リリース情報を”後で読む”に放り込んだまま忘れ去っていました。
“後で読む”を整理していた際に記事を見つけて、見てみたら面白いPCだったのでこうして記事にした次第です。

スポンサーリンク

スペック

メーカー Compulab
型番 fitlet2 E3950 fitlet2 E3930 fitlet2 J3455
価格 183ドル 154ドル 161ドル
発売日 2017/11
112mm
奥行き 84mm
高さ 24/35mm
容量 0.226/0.33L
CPU Intel Atom x7-E3950 Intel Atom x5-E3930 Intel Celeron J3455
CPU世代 Apollo Lake
ベース周波数 1.6GHz 1.3GHz 1.5GHz
バースト周波数 2.0GHz 1.8GHz 2.3GHz
グラフィックチップ HD 505 HD 500 HD 500
コア/スレッド数
TDP 12W 6.5W 10W
チップセット
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR3 1866
メモリスロット 1
メモリ最大 16GB
ECC対応 ×
ストレージ ×
SATAポート数 ×
M.2 Key M
Key E
mSATA ×
USB2.0(内部) ×
USB2.0(外部) Rear x 2
オプションで追加可
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 2
USB type-C ×
SDカード Front x 1(microSD)
LAN 1Gb x 2(Intel i211)
オプションで追加可
Wi-fi オプション
Bluetooth オプション
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x 1(1.4)
4K対応 4K/30Hz
DisplayPort Rear x 1(miniDP1.4)
シリアルポート Rear x 1(RS232,mini)
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 2(in/out)
サウンドチップ Realtek ALC1150
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応 ×
最大消費電力
電源 9-36V
ノイズレベル 0dB(Fanレス)
VESA 75×75,100×100
付属品
その他 Extentionカードで機能追加可能

インターフェース

特徴

「Fitlet2」はガワがニ種類ありまして、箱型の「Low power housing」は高さ25mm、上部がヒートシンク状になった「Performance housing」は高さが34mmとなります。
フットプリントが112mm×84mmと、NUCの規格(マザーボードのサイズが101.6mm×101.6mm)よりも小さくなっています。

搭載するCPUはAtom x7-E3950/x5-E3930およびCeleron J3455です。これらのCPUは2016年10月に発表された「Apollo Lake」世代ののIoT向けSoC(CPU本体に加えて周辺チップセットも内包したチップセット)となっています。
SoCとインターフェースの接続は以下のようになっています。

その性能はPassmarkのスコアでいうと以下のようになります(数値はシングルコア性能、マルチコア性能の順)。

Atom x7-E3950(1.6GHz):709、2034
Atom x5-E3930(1.3GHz):557、811
Celeron J3455(1.5GHz):781、2138
Atom x5-z8300(1.44GHz):389、1202

一見Celeron J3455が一番良いように見えますが、Celeron J3455はデスクトップ向け、Atom x7-E3950は組み込み向けと方向性が違います。
一番大きな違いは耐熱性で、J3455が105℃までに対し、x7-E3950は110℃までとなっています。
また、グラフィックも違っていて、J3455はHD500、x7-E3950はHD505です。HD505はユニット数がHD500の1.5倍となっているのでグラフィック面ではAtom x7-E3950のほうが上と言えます。
今回はスロットがひとつしかないので関係はありませんが、Atom x7-E3950は4枚までのメモリに対応していることも違いです(Celeron J3455は2枚まで)。

「Fitlet2」はマザーボードの裏面にM.2 M-keyスロットとM.2 E-keyスロットが並んでいます。ここに直接Wi-fi/BTカードやSSDを接続してもいいのですが、拡張ボード(公式サイトではFACET-Cardと呼んでいます)を使うことで使い方を大きく変えることができます。これが「Fitlet2」の一番大きな特徴でしょう。

拡張ボードは今のところ4種類あります。
・dual Gbit Ethernet
・4x USB 2.0
・miniPCIe + micro SIM + M.2 E-key + M.2 M-key 2280
・M.2 B-key + micro SIM + M.2 E-key + M.2 M-key 2280

dual Gbit Ethernetボードを用いるとLANポートが2つ追加されます。LANポートの追加位置は側面になります。E-keyスロットを使うので、Wi-fiカードは使えなくなります。M-keyスロットは使わないのでM.2 SSDは使えます。

4x USB 2.0はそのままです。こちらもE-keyスロットを使うので、Wi-fiカードは使えなくなります。

miniPCIe + micro SIM + M.2 E-key + M.2 M-key 2280は、画像はありませんが、E-key、M-key両方を使ったボードです。ボード上にもE-key、M-keyがあり、miniPCIeとmicro SIMが追加される形になります。
miniPCIeにモデムカードを接続することで3Gや4G(LTE)対応(ただし公式サイトで販売されているのはアメリカ・ヨーロッパ地域向けのバンド対応版)となります。
4Gのバンドについては書き始めると記事1つ分になってしまいますので省略します。

M.2 B-key + micro SIM + M.2 E-key + M.2 M-key 2280は、同じくE-key、M-key両方を使ったボードです。ボード上にE-key、M-key、B-keyの3つのスロットがあるので、Wi-fiに加えてストレージが二枚追加できるようになります。

まとめ

コンパクトかつそこそこのパワーを持ち、拡張ボードのFACET-Cardを使うことで機能の方向性を変えることができる「Fitlet2」ですが、基本価格は意外と低く、154ドルから183ドルです。
ここにメモリやSSD、FACET-Card(33ドル均一)、Wi-fiカード、モデムカードなどを買い足していくとそこそこの値段にはなります。

電源はかなり許容範囲が広く、入力電圧は9V〜36V(通常は20Vまで)となっています。
適用温度も広く-40℃〜85℃と、PCとは思えないくらいに広いです。
※構成にもよります。

過酷な環境でも使えることにはメーカーも自信を持っているようで、「Fitlet2」は5年保証とかなり長くなっています。

かなり面白いPCと言えるので、人とは違ったミニPCと言えるのでを探していて、個人輸入も問題ないという方は検討してはいかがでしょうか。

関連リンク

fitlet2 – 製品ページ
fitlet2 – Fit-PC wiki