国内未発表な富士通の2-in-1コンパチブルPC「LIFEBOOK T938」が(海外で)発売中

引き続き前置き短縮実験中です、がじぇっとりっぷ(@gadgetrip)です。

富士通グローバルが2018年2月21日に「LIFEBOOK T938」を発表・発売開始しました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー Fujitsu
名称 T938
発売日 2018/02
定価 1,914ドル〜
実売価格
価格条件
CPU core i5 8250U
core i5 8350U
core i7 8550U
メモリ 4GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ増設 16GB
2.5inch
M.2 128〜512GB(SATA)
256〜512GB(PCIe)
画面 13.3インチ 285 cd/m2
解像度 1366*768
1920*1080
ベゼル幅
表面
タッチ対応 10点マルチ
グラフィック Intel UHD620
USB2.0
USB3.0 2
USB3 type-c 1(Gen1)
USB PD
HDMI 1
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ac(2×2)
Bluetooth 4.2
office オプション
カードリーダー SDXC
Webカメラ HD
5M(リア・オプション)
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ 19mm
キーストローク 1.5mm
キーボードバックライト
バッテリー 50WHr
稼働時間 11.8Hr
ACアダプタ 19V / 65W
充電時間 2.0Hr
急速充電 60分80%
318mm
奥行き 224mm
高さ 19.8mm
重量 1.3kg
開口角度 180°
カラー マットブラック
その他特徴 コンパチブル
VGA
スタイラスペン(オプション)
ポートリプリケーター(オプション)
SIMカードスロット(4G/LTEモデル)
スマートカードスロット(オプション)
加速度・地磁気・照度・ジャイロセンサー

外観・特徴

「LIFEBOOK T938」は2-in-1コンパチブルなので、TOP画像のようにディスプレイがクルッと回転してタブレット状になります。
一時期流行った方式ですが、360°回転タイプに押されて最近ではあまり見なくなりました。

2-in-1の常として、各種センサー(3軸加速度・磁気・照度・コンパス)が搭載されています。

また、法人向け「LIFEBOOK T938」にはVGA端子があったり、スマートカード(ICカード)スロットが搭載されていたりします。
他にも以下のようなオプションがあります。
MicroSIMスロット:249ドル(USAオンリー)
手のひら静脈センサー:110ドル

外観は比較的シンプルというか、法人向けらしい無骨なデザインです。

指紋リーダーはディスプレイ左下と変わった位置に付いています。

これが一番キーボードが見やすい画像でした。方向キー部が下に膨らんでおり、方向キーの高さを確保しているのが分かります。

端子類です。LANポートは折りたたみ式です。
やはりスマートカードスロット(一番下の右側)が不思議な感じです。
コンパチブルは比較的厚さが出るものが多い印象でしたが、「LIFEBOOK T938」は高さ19.8mmと20mmを切っています。

オプションのUSB Type-Cポートリプリケーターは90WのACアダプターがセットで190ドルです。

また、バッテリーは交換可能で、予備のバッテリーは129ドルとなっています。

まとめ

なぜか国内発表されていない「LIFEBOOK T938」ですが、国内サイトを見る限りそもそも”Tシリーズ”がありません。
なのでこうして記事にしていますが、国内発売の可能性は薄そうです。

とはいえ、(価格に目をつぶれば)性能的に申し分はなく、スマートカードを多用する職場では重宝するんじゃないかと思います。
まぁ、USBのカードリーダーを買ったほうが早い気はしますが…

なお、富士通グローバルでは同日に「LIFEBOOK P928」も発表・発売開始しています。
こちらは国内でも発売されています。

関連リンク

FUJITSU Tablet LIFEBOOK T938 – Fujitsu Global※英語サイト
LIFEBOOK® T938 Premium Swivel Convertible Tablet PC – Shop Fujitsu America※英語サイト
LIFEBOOK P728/S – 富士通