モジュール式のオープンソースルーター CZ.NICの 「Turris MOX」はそこそこ遊べそう

クラウドファンディングのIndiegogoに、モジュール式のオープンソースルーター「Turris MOX」が登場しています。
モジュールは5種類あります。

スポンサーリンク

スペック

MOX A (Basic Module)

CPU Marvell Armada 3720
ARMv8 Cortex A-53 1.2GHz dual core
メモリー 512MB DDR3
ストレージ microSD(最大2TB、最大速度104MB/s)
WAN RJ-45 1GbE
外部インターフェース USB3.0 x1
内部インターフェース 34pin GPIO
64pin PCIe(モジュール接続用)
サイズ 100 x 50 x 18mm
電源入力 12V / 2.5A(最大3.3A)
内径2.1mm
Wi-fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Wave 2 Dual Band Wi-fi

MOX B (PCI モジュール)

外部インターフェース SIMカードスロット
内部インターフェース mini PCIe x1
64pin PCIe(モジュール接続用)
サイズ 100 x 50 x 10mm
Wi-fi Compex WLE900VX
(5GHz:1.3Gbps、2.4GHz:450 Mbps)
アンテナゲイン 3× 2.4 GHz 3.5 dBi, 5 GHz 4.6 dBi
対応プロトコル 64/128 bit WEP
WPA/WPA2
WPA-PSK/WPA2-PSK
備考 MOX Bは2つ以上の連結不可

MOX C (ETH モジュール)

外部インターフェース RJ-45(1GbE) x4
内部インターフェース 64pin PCIe(モジュール接続用)
サイズ 100 x 50 x 28mm
備考 MOX Dとの併用不可

MOX D (SFP モジュール)

外部インターフェース SFP(2.5Gbps) x1
内部インターフェース 64pin PCIe(モジュール接続用)
サイズ 100 x 50 x 12mm
備考 MOX Cとの併用不可

MOX E (Super ETH モジュール)

MOX Eは追加で公開されたモジュールのため、仕様表が公開されておらず、推測となります。

外部インターフェース RJ-45(1GbE) x8
内部インターフェース 64pin PCIe(モジュール接続用)
サイズ 100 x 100 x 28mm

特徴

「Turris MOX」は自分でモジュールを組み合わせて作るルーターです。
OSはOpenWRT 18.5をベースとしたTurris OS 4.0を用います。将来的にはLinuxディストリビューションのサポートも考えているようです。
モジュール式という特殊な形態をしていますが、SoCもインターフェースもありふれたものなので、期待できそうです。

モジュール単体(ケース無し)だと29ドルです(MOX Eを除く)。

上の画像を見てなんとなく分かると思いますが、モジュールの基盤同士は独自仕様となる64ピンのPCIeコネクタ(Moxtet)で接続します。
内部的には2.5Gbpsでの接続となります。

いくつか制限が有り、MOX BはmPCIeスロットがPCIe信号バスを専有するため、2つ以上を連結することができません。上の画像でも右のコネクタの下1/3くらいが繋がっていないのが分かるかと思います。
なので、Wi-fiカードとM.2 SSDの同時運用ができない残念仕様だったりします。

同様にMOX C及びMOX DはSGMII信号バスを専有(真ん中付近の線が途切れて右まで繋がっていません)するため、併用することができません(MOX Bとの併用は可)。
そのため、モジュール式とは謳いながらも、実のところはベーシック部のMOX Aを含めて最大で3つのモジュールまでしかつなげません。

プランは6種類あり、以下の組み合わせとなります。

上記6種類のプランをインターフェースで見ると以下となります。

追加で公開されたMOX E(8ポートLAN)を組み合わせる場合、純粋に追加する場合は+55ドル、MOX C(4ポートLAN)からの変更では+29ドルとなります。

まとめ

オープンソースのルーターOSはいくつか種類が有りまして、Vyatta、OpenWRT、DD-WRT辺りが有名です。

家庭用のルーターでもファームウェアの書き換えでオープンソースルーター化できるものがあり、バッファローは一時期ルーターOSの1つであるDD-WRTを採用していたこともありました。
現行製品だとNETGEARのNighthawkシリーズなども書き換えができますし、Linksysに至っては製品名にWRTと入っていたりします。

一方、モジュール式のネットワーク機器といえば、CISCOなどの業務用ではあったりするのですが、一般向けというか、非業務用では珍しいんじゃないかと思います。

価格については、ボード単体が各29ドル(MOX Eのみ55ドル)、Wi-fiカード(2×2)が29ドルで各プランは以下となります。
各プランにはガワとなるMOXケース、Turris OS入りのSDカード及び電源アダプタが付属します。

Pocket Wi-fi:89ドル
Power Wi-fi:129ドル
Classic:149ドル
Wired:99ドル
Fiber:99ドル
Simple NAS:399ドル

Power Wi-fiプランおよびClassicプランに付いてくるWi-fiカード(Compex WLE900VX)は単体での販売額が40ドル(メーカー公式ショップ価格)なので、ちょっとお得感があります。

なお、25万ドルという強気の目標に対して記事執筆時点で10万ドルをちょっと超える程度の資金が集まっています。
ファンディング終了は2018年5月16日となっているので、順調に行けば目標達成しそうですが、なぜかIndiegogo内でのプロジェクト一覧に出てこないんですよね。。。

かなり癖は強そうですが、比較的安価ににオープンソースルーターを試してみるにはいいんじゃないでしょうか。

関連リンク


NETGEAR Nighthawk R7800-100JPS (amazon)

Turris MOX: Modular & Open-Source Router – Indiegogo