OSがあればすぐ使える。Beelink「Gemini X」はGeminiLake世代の完成型ミニPC

ほぼ一ヶ月前となる2018年6月25日、ミニPCやAndroid TVboxのメーカーであるBeelinkから、GeminiLake世代のCPUを搭載したミニPC「Gemini X」シリーズが発売されました。

スポンサーリンク

スペック

メーカー Beelink
型番 Gemini X45 Basic Gemini X45 Premium Gemini X55 Ultimate
価格 220ドル 260ドル 320ドル
発売日 2018/06
115mm
奥行き 102mm
高さ 43mm
容量 0.50L
OS
CPU Intel Celeron J4105 Intel Celeron J5005
CPU世代 Gemini Lake
Passmark値 2688 2987
ベース周波数 1.5GHz 1.5GHz
バースト周波数 2.5GHz 2.8GHz
グラフィックチップ HD 600 HD 605
コア/スレッド数 4C/4T
TDP 10W
チップセット
メモリ 4GB 6GB 8GB0
メモリスロット
メモリ最大
ストレージ 64GB eMMC 128GB mSATA 128GB mSATA
SATAポート数 1
M.2 ×
mSATA 1
USB2.0(内部) ×
USB2.0(外部) ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 2
Rear x 2
USB type-C ×
SDカード Side x 1(microSD)
最大64GB
LAN 1Gb x 1
Wi-fi 802.11ac(1×1)
Bluetooth 4.0
D-Sub ×
DVI ×
HDMI 2(2.0)
4K対応(HDMI)
DisplayPort ×
4K対応(DP) ×
シリアルポート ×
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 1
サウンドチップ 不明
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット mini PCIe
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応 ×
最大消費電力 通常使用時12W以下
電源 18W / 12V
ノイズレベル
VESA
付属品 VESAブラケット
HDMIケーブル

特徴

「Gemini X」シリーズは3つのラインナップからなっています。

Model Gemini X45 Basic Gemini X45 premium Gemini X55 ultimate
CPU INTEL Gemini lake
Celeron J4105
INTEL Gemini lake
Pentium Silver J5005
Memory 4GB SO-DIMM
LPDDR4/2400M/HZ
6GB SO-DIMM
LPDDR4/2400M/HZ
8GB SO-DIMM
LPDDR4/2400M/HZ
Emmc 64GB
On Board 3D EMMC FLASH
mSATA 128GB SSD
GPU Intel® HD Graphics 600 Intel® HD Graphics 605
Graphics Frequency 750MHz 800MHz
CPU Frequency 1.5GHz, UP to 2.5Ghz 1.5G, UP to 2.8Ghz
Cache Level 2 4MB

GeminiLakeはApolloLakeの後継で、大きな変更としてはL2キャッシュが2MBから4MBに倍増しています。
また、Apollo LakeのVP9 8-bit Profile 0から、Gemini LakeではVP9 10-bit Profile 2のサポートへとデコードが強化されています。
とはいえ、全体で見ればマイナーチェンジですね。

そんなGeminiLake世代のCPUが搭載された「Gemini X」シリーズ(名前がまんまですね)は全体の仕様を見ても、CPUがCeleronとかPentiumな完成品ミニPCです。

外観です。サイズは115×102×43mmです。Pentium J5005搭載NUC(BOXNUC7CJYH)が115×111×51mmなので、ちょっと薄いくらいですね。

インターフェースは結構シンプルな構成です。
USB type-Cこそありませんが、USB3.0が4ポートあるので、そうそう不自由することはないと思います。

microSDスロットが側面にあるのは、スロットがあるだけマシと肯定的に見るか、フルサイズSDじゃないのかとか、フロントじゃないのかと否定的に見るかは人によって分かれそうです。

内部です。mSATAは交換可能なので、大容量化することもできますが、2.5インチストレージを増設するほうがコスパがいいでしょう。
ただこれ、mSATAが2ポートに見えるのですが、特に説明がないんですよね…

ちなみに2.5インチストレージが底面側になります。CPUは天板側ですね

ボードインターフェースの裏表です。
メモリは基盤直付なので変更はできません。
eMMCは交換できそうですが、取り扱いが難しいのと国内ではほとんど流通していない点がネックです。

Wi-fiモジュールはmini PCIeカードなので、高速(かつ技適付き)なものに換装が可能です。

CPUにファンを取り付けたところです。

パッケージです。
VESAブランケットがしょぼいのは中華クオリティと言ったところでしょうか。
電源アダプタも付属するので、モニタとキーボード、マウスを用意しておけば到着後すぐにOSインストールが開始でき、30分もあれば使いはじめることができるでしょう。

まとめ

「Gemini X」シリーズの価格は以下のようになっています(gearbest価格)。

X45 Basic:192.28ドル(21920円)
X45 Premium:209.99ドル(23939円)
X55 Ultimate:319.99ドル(36479円)

参考までに、IntelのNUC7PJYH(J5005モデル)の価格が、メモリ・ストレージ無しで23980円です。
8GBメモリだけで1万円くらいしますし、NUC7PJYHの場合、ストレージにmSATAはなく、2.5インチのみとなります。同じ128GBのものを導入しても、トータルでは高く付きそうです。
(その代わり非公式ながらメモリが32GBまで載せられるとの噂ですが)

性能の割に消費電力も少なく、Linuxを選べばこれ以上の出費もないので、お手軽なサブデスクトップとか、常時起動マシンとして置いておくにはいいんじゃないでしょうか。

関連リンク


Beelink Gemini X45 Basic (amazon)

Gemini X45 Basic – Beelink
Gemini X45 Premium – Beelink
Gemini X55 Ultimate – Beelink