国内モデル高すぎでは? Acer「Predator Helios 300」の6コアCPU搭載モデルが登場

2018年7月26日、日本エイサーがゲーミングブランド「Predator」を冠するゲーミングノートPC「Helios 300 PH315-51-A76H」を発表しました。
モデル番号が付随することからわかるように、固定スペックでの発表ですが、記事内では「Predator Helios 300」全体を紹介していきます。

スポンサーリンク

スペック

メーカー Acer
名称 Predator Helios 300
発売日 2018/07
定価 1099.99ドル〜
実売価格 217,296円
価格条件
CPU Core i7-8750H
Core i5-8300H
メモリ 8 / 16GB
メモリ規格 DDR4-2666
メモリ増設 最大32GB
2.5inch 1TB HDD
M.2 256GB(PCIe?)
画面 15.6インチ
解像度 1920*1080
ベゼル幅
表面
タッチ対応 ×
グラフィック GeForce GTX1060(6GB)
光学ドライブ
USB2.0 2
USB3.0 1(3.0)
USB3 type-c 1(gen1)
USB PD ×
HDMI 2.0
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ac(2×2)
intel AC9560
Bluetooth 5.0
office ×
カードリーダー SDXC
Webカメラ 720p
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面
サウンド Acer True Harmony
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 48WHr
稼働時間 7Hr
ACアダプタ 180W
充電時間
急速充電
390mm
奥行き 266mm
高さ 26.75mm
重量 2.7kg
開口角度
カラー シェールブラック
ホワイト/ゴールド
その他特徴 144Hzディスプレイ

特徴

まずいちばんの特徴は、6コアCPUであるCore i7-8750H (Core i5-8300Hは4コア)を搭載してきたことでしょう。
少し前のゲーミングノートの主流はCore i7-7700HQ(4コア)でしたが、ここ最近で発売されるモデルではCore i7-8750Hを搭載することが増えています。

GPUにはNVIDIA社のGeForce GTX1060(メモリ6GB)を搭載。
以前紹介したLenovo「Legion Y530/Y730」がGeForce GTX 1050/1050 Ti(メモリ4GB)で不評でしたが、「Predator Helios 300」では(ざっと各レビューを読んだ限りでは)GPUに関して不満の声は見当たりませんでした、

メモリはDDR4-2666と最新の規格です。メモリスロットは2つで最大32GBまで搭載することができます。
とはいえ8GBか16GBのモデルしかないため、最大容量を積むには自分で用意する必要があります。
デュアルチャンネル構成にするため、8GBモデルは4GB+4GB、16GBモデルは8GB+8GBとなっているようなので、1枚だけ追加してなんとかしようというのは厳しそうです。

正面です。
デザイン的には「Legion Y530/Y730」のような進化はなく、多角形シルエットを踏襲しています。
せめてベゼルを細くする努力くらいは欲しいところです。
Webカメラは720pで赤外線カメラはなく、Windows Helloには対応しません。

ちなみに液晶パネルはLG製(LP156WF6-SPK6)だそうです。
144Hz駆動なので、激しいアクションシーンでもなめらかに表示されるとのこと。

背面にはごつい排気口が並んでいます。
ファンには0.1mm厚の「AeroBlade 3D Fan」を使用しています。

インターフェースですが、USBポートはUSB3.0+USB3.1 Gen1(Type-C)+USB2.0 x2という組み合わせ。
この点については不評が続出していました(当たり前ですね)。

HDMIは2.0で4K対応、他にLANポートとフルサイズのSDカードスロットを備えています。この辺りは”分厚いノート”では結構標準的に感じます。

キーボードです。
ゲーミングモデルらしく、”W””A””S””D”が色分けされています。
キーボードバックライトは赤一色となっています。

ソフトウェア面では「PredatorSense」という、システム一元管理が可能なツールがインストールされています。
システム温度やファン速度の監視から、GPUのオーバークロックまで行えるとのこと。

まとめ

15.6インチでGeForce GTX1060搭載というのは、実のところ最新ではありません。現在の最新はGeForce GTX1080となっています。
とはいえ、そのクラスになると30万超えは当たり前で、モノによっては50万コースとなります。

その点、「Predator Helios 300」は1099.99ドル(Core i5-8300H、8GBメモリ、256GB SSD)からとなっています。
日本発売モデルと同じCore i7-8750H、16GBメモリ、1TB HDD + 256GB SSDの構成でも1499.99ドル(約167,800円)です。
…どこをどうやったら21万円オーバーになるのか不思議です(しかも市場想定価格は225,000円です)。

アメリカamazonではCore i7-8750H、16GBメモリ、256GB SSDの構成で1199ドル(約134,000円)で販売されており、日本への配送も行っています(その場合は送料と関税が加わり1322ドル、約148,000円となります)。
海外でも、この構成で1000ドルちょっとは素晴らしいと評価されていました。

日本価格はちょっと高いですが、輸入する分についてはエントリー向けのゲーミングノートとしてちょうどいいのではないでしょうか。

なお、時期未定ですが台数限定のホワイト/ゴールドモデルを投入するそうです。がじぇっとりっぷ的にはこっちのほうが好みです(排気口付近がちょっと安っぽいですが)。
これは国内だけでなくグローバルで展開するようなので、販売開始されたらアメリカamazonを要チェックですね。

関連リンク


Acer Predator Helios 300(Core i7-8750H、16GBメモリ、256GB SSD) (amazon)

PH315-51-A76H (Predator Helios 300) – 日本エイサー