重要なマイナーアップデート。パソコン工房「SOLUTION∞ bz N4」シリーズのCore i7モデルにはTB3搭載

2018年8月2日、パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコム(以下、パソコン工房)が「iiyama PC」ブランド「SOLUTION∞ (ソリューション インフィニティ)」より、「SOLUTION∞ bz N4」シリーズのCore i7搭載モデルを発表・発売開始しました。

スポンサーリンク

スペック

以前(2018年5月)より発売されていた、Core i5モデルを併記します。

メーカー パソコン工房
名称 SOLUTION-14FH054-i7 SOLUTION-14FH054-i5
発売日 2018/08 2018/05
定価 96,980円〜 79,980円〜
実売価格
価格条件
CPU Core i7 8550U Core i5 8250U
メモリ 8GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ増設 最大32GB
2.5inch 1〜2TB HDD
240〜960GB SSD
M.2 240GB(SATA)
250GB〜1TB(PCIe)
画面 14インチ
解像度 1920*1080
ベゼル幅 やや細
表面
タッチ対応 ×
グラフィック Intel UHD620
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(3.0)
USB3 type-c 1(TB3) 1(3.0)
USB PD ×
HDMI 1
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 4.2
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 100万画素
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ×
Windows Hello ×
オーディオジャック ○(in/out)
マイク
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面
サウンド 不明
キーピッチ 不明
キーストローク 不明
キーボードバックライト 不明
バッテリー 不明
稼働時間 6.3Hr 6.4Hr
ACアダプタ W数不明
充電時間 不明
急速充電 不明
330mm
奥行き 226mm
高さ 20mm
重量 1.5kg
開口角度 135°程度
カラー シルバー
その他特徴 mini-DPポート

特徴

「SOLUTION∞ bz N4」シリーズについて、がじぇっとりっぷはぶっちゃけ見落としていました。
しかしながらそのスペックはかなり優秀です。

まずは狭額ベゼルについてです。

技術的な難しさか、中小メーカーで狭額ベゼルを取り入れているところは多くありません。
「SOLUTION∞ bz N4」ではスペック上の横幅が330mmとなっています。14インチ液晶の横幅が309.4mmなので、ベゼルの太さは10mm強と言ったところでしょうか。
流石に5mmとか7mmな世界レベルには及ばないものの、かなり頑張っていると思います。

続いての特徴はインターフェースが充実している点です。

「SOLUTION∞ bz N4」はビジネスモデルと位置づけられているため、ビジネスモデルでは標準装備とも言えるLANポートと独立したHDMIポートを備えています。
というか、2017年11月に紹介した13.3インチモデルとまんま同じです。
フットプリント(幅と奥行き)も同じなので、キーボード側は同じ金型(もしくはデータ)を使っているものと思われます。
まさに謳い文句通りの「13型相当の筐体サイズに14型のフルHD液晶」となっていますね。

そして、2018年8月2日に発表されたモデルでは、USB Type-CがThunderbolt3となりました。
USB PD非対応な点が非常に残念ですが、今後標準となる(だろう)規格だけに、魅力が一気に増しました。

キーボードはキーに過不足はないのですが、右側のキーがやけに間延びしています。
実際に打鍵した時のイメージがつかないのですが、慣れれば平気なのでしょうか?

webカメラは、i5モデル、i7モデルともに100万画素です。13.3インチモデルではi7モデルは200万画素だったので、ちょっと退化してますね。

背面はロゴだけですが、無印天板がオプションで用意されています。

ACアダプタも特にひねったところはありません。
追加のアダプタもサイトで購入することができます(複数種あるので注意書きをしっかり読みましょう)。

地味に嬉しいのが、13.3インチサイズの筐体ながら、2.5インチ+M.2のデュアルストレージが実現できることです。
システムとデータを分けることができるので、いざという時の再インストールのハードルも低くなりますし、速度と容量の両立もできます。

まとめ

実は記事を書いている間によくよく調べてみたら、個人向けの「STYLE∞N(スタイル インフィニティ エヌ)」シリーズで全く同じスペックのノートが2018年5月に発売されていました。

値段も全く同じで何が違うのかというと、カスタマイズの幅が違っていました。
法人向けはカスタマイズ画面で、信頼性の高いパーツや大容量ストレージ、周辺機器オプションが選択肢に追加されています。
あと、個人向けはメモリのカスタマイズが16GBまでしかありません。

気になる価格ですが、Core i5、Core i7ともに標準モデルが3モデルずつ用意されています。
違いはストレージだけとなります。なお、下記の価格は税別です。

Core i5、1TB HDD :79,980円
Core i5、240GB SSD :82,980円
Core i5、1TB HDD + 240GB M.2 SSD:88,980円
Core i7、1TB HDD :96,980円
Core i7、240GB SSD :99,980円
Core i7、1TB HDD + 250GB M.2 SSD:109,980円

カスタマイズ画面で変更した場合、1TB HDDを240GB SSDに変更するとプラス5,980円だったり、1TB HDDモデルに250GB M.2 SSDを追加すると、1TB HDD + 250GB M.2 SSDモデルより1000円安くなったりしますし、モデルごとに選択肢が違っているので、購入時はカスタマイズ画面を見比べすることをおすすめします。

関連リンク


SOLUTION-14FH054-i7-UHS

SOLUTION∞ bz N4シリーズ – パソコン工房
STYLE∞ N-Classシリーズ – パソコン工房