PCIeスロット搭載! QNAP「TS-251B」はホーム/SOHO向けモデルの転換点になりそう

2018年8月17日、NASメーカーのQNAPが、ホーム/SOHO向けモデルとして初めてPCIeスロットを搭載したIntel CPU搭載モデル「TS-251B」を発表しました。

スポンサーリンク

スペック

筐体が共通となる「TS-253Be」と、型番上前世代となる「TS-251A」のスペックを併記します。

型番 TS-251B TS-253Be TS-251A
メーカー QNAP
価格 53,900円 43,100円
(販売終了)
発売日 2018/8 2018/02 2016/10
105 102
高さ 226 219
奥行き 168 169
CPU Intel Celeron J3355
2.0GHz Dual-Core
Intel Celeron J3455
1.5GHz Quad-Core
Intel Celeron N3060
1.6Gz Dual-Core
内部フラッシュメモリ 4GB 不明 4GB
メモリ 2GB/4GB SO-DIMM
DDR3L-1866
2GB/4GB SO-DIMM
DDR3L-1866
2GB SO-DIMM DDR3L-1600
最大メモリ 8GB
ホットスワップ
SSD対応
NIC
(1GbE)
1 2
NIC
(10GbE)
オプション
LA/PT
USB2.0 3
USB3.0 2 5 3
1(microB)
USB type-c
eSATA
PCIe 1(2.0 x2,ロープロ)
SDカード 1
HDMI 1.4b x1 1.4b x2 1
4K対応 4K/30Hz
DisplayPort
S/PDIF
オーディオジャック 3(in x2/out) 2(in/out)
スピーカー 1
赤外線
レシーバー
ハードウェア
暗号化
ハードウェア
アクセラレーション
不明 不明
IPカメラ
(無償)
8 4 2
IPカメラ
(最大)
128 40 32
仮想化
(VMWare)
不明
仮想化
(Windows)
不明
仮想化
(Citrix)
不明
仮想化
(OpenStack)
不明
仮想マシン
(VirtualBox)
仮想マシン
(Docker)
対応RAID 0/1
ファイルシステム EXT4
システム
ファン
70mm x 1
ノイズレベル 17.3dB 16.7dB 18.3dB
Wi-fi USBアダプタ
消費電力 15.25W 20.42W 16.2W
重さ 1.53kg 1.66kg 1.28kg
DTCP+
DTCP-IP ×
DLNA
iSCSIターゲット
iSCSI LUN
ユーザー数 不明 4096
グループ数 不明 512
並列接続数 不明 800 700
共有フォルダ 不明 512
スナップショット 1024
read性能 647 671 194.5
write性能 519 615 211.88
read性能
(暗号化)
615 225 194.94
write性能
(暗号化)
320 225 209.13
備考 65W ACアダプター
read/writeは10GbE時
65W ACアダプター

特徴

「TS-251B」は型番だけ見れば「TS-251A」の後継となるのですが、筐体は中小企業向けモデルの「TS-253B/TS-253Be」を流用しています。
そのため、ホーム/SOHO向けモデルとして初めてPCIeスロット(ロープロファイル)を搭載しています。

最近のQNAPは「QNAP QM2 カード(要はQNAP純正のPCIeボードの事です)」を推しており、決め打ちスペックが当たり前だったNASに拡張性をもたせる方向にシフトしています。
PCIeスロット付きは中小企業向けハイエンドから始まり、下位のミドルレンジにも搭載されるようになりましたが、今回はホーム/SOHO向けミドルレンジにきたということで、今後はPCIeスロット付きが当たり前になっていくと思われます。

QNAP純正PCIeボード(QM2カード)は結構な種類が発表されていますが、「TS-251B」はPCIeバージョンとレーンがPCIe2.0 x2(片方向1GB/s、双方向2GB/s)かつロープロファイルスロット(ブラケット長80mm)ということで、対応するボードが限られています。
現状では下記の3種類となります。

QM2-2S デュアルM.2 22110/2280 SATA SSD
QM2-2S-220A デュアルM.2 22110/2280 SATA SSD
QM2-2S10G1T デュアルM.2 2280 SATA SSD
シングルポート 10GbE

M.2 SSD増設ボードは、速度の早いNVMeではなく、SATAとなります。NVMe対応ボードも行けるとは思いますが、1500MB/sとか出るNVMe SSDを搭載しても性能が全く発揮できないですし。
10GbEについても、1GB/s=8Gbpsということで、性能をフルに発揮することはできません。

PCIeから離れて本体についてですが、CPUはCeleron J3355です。2コア2スレッドということで、やや非力な部類のものになります。
ベンチマークのPassmarkではシングル:853、マルチ:1229となっており、「TS-253Be」に搭載されるCeleron J3455(シングル:776、マルチ:2141)の6割程度(マルチ比)となっています。

懐かしのCore 2 Duo T7500(10年前!)がシングル:768、マルチ:1273とほぼ互角の数値ということから、性能が想像できますね。
NASとしては十分ですが、昨今の多機能化に伴う複数の機能やアプリを十全に稼働させるには厳しいと思います。

インターフェースも「TS-253Be」の劣化版とも言えるものです。上が「TS-251B」、下が「TS-253Be」となります。
USBポートは「TS-251B」「TS-253Be」ともに合計5ポートですが、「TS-253Be」は全ポートUSB3.0だったものが「TS-251B」は2ポートがUSB2.0となっています。
HDMIとLANポートもひとつづつに削減されています。

これ、PCIeスロットがなかったらミドル下位扱いされても文句が言えないですね。

ちなみにTOP画像はHDDを引き出していますが、前面のカバーパネルは左側面から外せるようになっています。

まとめ

ホーム/SOHO向け初のPCIeスロット付きとなる「TS-251B」ですが、記事執筆時点で価格は公表されていません。

現行の「TS-253Be」がメモリ4GBモデルで53,900円(税込)なので、実質劣化版とも言える「TS-251B」は4GBモデルで4万円台前半、2GBモデルなら4万円を切るくらいになるんじゃないかと予想しています。
これより高いようなら「TS-253Be」を買うことをおすすめします。

ここまで劣化版だの非力だのと言ってきましたが、メモリは最大8GBまで搭載できるので、機能を絞って使う分には快適に使えるんじゃないでしょうか。

関連リンク


QNAP TS-253Be(4GB) (amazon)

TS-251B – QNAP