使い勝手良さそう。 MSI「PS42」はGeForce MX150搭載の狭ベゼル14インチ軽量ビジネスノート

タイミングを逃して紹介していなかったのですが(このパターン多いですね…)、2018年7月6日、コンピューター総合メーカーのMSIが14インチの超薄型・軽量ビジネスノート「PS42」シリーズを発表しました(発売は2018年7月13日)。

スポンサーリンク

スペック

メーカー MSI
名称 PS42
発売日 2018/07
定価 124,000円〜
実売価格 119,799円〜
価格条件
CPU core i5 8250U
core i7 8550U
メモリ 8GB/16GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ増設 ×
2.5inch
M.2 256〜512GB(SATA)
画面 14.0インチ
解像度 1920*1080
ベゼル幅 5.7mm
表面
タッチ対応 ×
グラフィック GeForce MX150(2GB)
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C 2(Gen1)
USB PD ×
HDMI 1
LANポート
wi-fi 812.11ac(1×1)
Intel AC3168
Bluetooth 4.1
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 92万画素
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー ○(タッチパッド左上)
Windows Hello
オーディオジャック
マイク ステレオ
スピーカー 2W+2W
スピーカー位置 底面
サウンド
キーピッチ 19.2mm
キーストローク 1.15mm
キーボードバックライト
バッテリー 50WHr
稼働時間 10.3Hr
ACアダプタ 65W / 19V
充電時間 3.0Hr
急速充電
322mm
奥行き 222mm
高さ 15.95mm
重量 1.19kg
開口角度 180°
カラー
その他特徴

特徴

「PS42」シリーズは、14インチディスプレイを備えながら1.2kgを切り、さらに外部GPUとなる”GeForce MX150(2GB)”を搭載した軽量モバイルノートです。

正面画像ですが、ベゼルがかなり細い(公称最薄部5.7mm)ことがわかります。筐体幅322mmで14インチディスプレイの幅が310mmなので、計算上のベゼル幅は6mmとほぼ公称通りですね。
上部ベゼルも細いため、カメラはディスプレイ下部のヒンジ近くに来ています。
下位置カメラは、下から見上げるような形で映るので嫌がる人が多いのですが、上じゃダメだったんですかね…

あと、少しわかりづらいですが、上ベゼルの真ん中辺りに指を引っ掛ける部分があるので、ディスプレイは開きやすいと思います。

GPUには前述の通り、”GeForce MX150(2GB)”を搭載しています。
以前「GeForce MX150には10W版と25W版がある」と書きましたが、「PS42」シリーズに搭載されているのは25W版とのこと。

以前紹介した同じMSIのノート「P65」でも触れていますが、”GeForce MX150″はモバイル向け”GeForce GTX 1050″の半分くらいの性能で、CPU内臓の”Intel UHD 620″の3倍以上の性能となります。

がじぇっとりっぷの愛用する「ideapad 720S」は”Intel UHD 620″のみで、4K表示時にカクつくというか、10〜15fpsくらいしか出ない感じで4Kでゲームとか無謀なレベルなのですが、”GeForce MX150″なら最低レベルはクリアできるんじゃないかと思います。

ゲーミングノートを多数販売するMSIらしく冷却システムは強力で、「PS42」シリーズには「Cooler Boost 3」と名付けられた冷却システムが搭載されています。
P65」ではCPU側のファンにまでGPUのヒートパイプが伸びていましたが、「PS42」ではCPU側とGPU側が完全に独立しています。

背面にはCPU・GPUそれぞれの排気口があります。底面画像はないのですが、結構な面積がスリットになっていて、吸気面での不安もなさそうです。

インターフェースはオーソドックスかつあまり不足を感じない構成です。
公式に「※Thuderbolt 3、USB Power Delivery、Alt Modeには対応しておりません。」と書かれているのが残念なところ。せめてUSB PDだけでも欲しかった…

電源ボタンに付いていることの多い電源LEDが左サイドに来ていて、バッテリーと無線LANのLEDと並んでいるのが、国産ノートっぽい雰囲気を出しています(が台湾産です)。

キーボードは最近良く見かける、右側に一列追加されたスタイルです。
キー配置もLenovoの「idapad」と同じく、ひとつの金型で日本語キーボードにも対応するタイプです。
キーボード上部のメッシュ部分はスピーカーではありません。メッシュ部の真ん中にあるのが電源ボタンとなります。

バッテリーは50Whrです。3290mAhとあるので、電圧は15.2Vくらいですね。4セルなので1セルあたり3.8V。リチウムイオン電池の定格電圧は3.6Vで満充電(過充電検知電圧)が4.2V前後なので、やや低めの見積もりと言えるかもしれません
他所でのベンチマークでは実稼働8時間30分だったとのことで公称10時間20分に近く、かなり優秀な成績となっています。

まとめ

「PS42」シリーズは画面占有率80%の狭ベゼル筐体、ゲーミングノートで培った冷却技術、軽量ながら大容量のバッテリー、軽い画像編集くらいなららくらくこなせる外部GPUと、高いレベルでまとまったノートPCです。

価格も119,799円(amazon)からと、”GeForce MX150″搭載モデルの中では安値水準となります。
メモリは8GBですが、16GBに交換できます(公式では指定販売店での増設となっていますが、難しくはないでしょう)。

USBがすべて5Gbpsなのが惜しいところではありますが、普段使いにはもってこいの仕様だと思います。

関連リンク


MSIビジネスノート PS42 (amazon)

Overview for PS42 8RB – MSI製品ページ
超薄型・軽量ビジネスノートPS42 8RBシリーズ発売のご案内 – ニュースリリース